顔タイプ診断はセルフでできる?セルフ診断の方法や注意点を解説

顔タイプ診断はセルフでできる?セルフ診断の方法や注意点を解説

顔タイプ診断とは、自分に似合うファッションを探すための診断ツールです。

お試しで診断を受けるなら、セルフ診断をおすすめします。

専門のアドバイザーに依頼するより手軽にできるため、誰でも挑戦しやすいでしょう。

今回は、顔タイプ診断をセルフでおこなう方法や、注意点を紹介します。

顔タイプ診断とは

顔タイプ診断とは

顔タイプ診断とは、顔のパーツを細かく分析して、最も近い顔タイプを診断する方法です。

顔タイプから似合うテイストや髪型を分析できるため、自分にぴったりのファッションを探せます。

顔タイプ診断では、ファッションに関わる以下3つの要素を診断できるのがポイントです。

  • テイスト
  • 素材

カジュアルやキュートのテイストだけではなく、素材や形まで細かく分析できます。

自分に似合う洋服や髪型、メイクまで幅広く知りたい人におすすめです。

顔タイプの種類

顔タイプは、全部で8種類あるなかから、1つの顔タイプに診断します。

【子供顔】

(曲線タイプ)

  • キュート
  • アクティブキュート

(曲線と直線のミックス)

  • フレッシュ

(直線タイプ)

  • クールカジュアル

【大人顔】

(曲線タイプ)

  • フェミニン

(曲線と直線のミックス)

  • ソフトエレガント
  • エレガント

(直線タイプ)

  • クール

子供顔は可愛らしい雰囲気があり、大人顔は上品な印象です。

しかし、同じ子供顔タイプでも、曲線タイプか直線タイプかによって、顔全体の印象は大きく変わります。

【顔タイプ】セルフ診断のメリット

【顔タイプ】セルフ診断のメリット

顔タイプ診断は、専門の顔タイプアドバイザーに依頼すると、細かく分析してもらえます。

しかし、まずはお試しとして、セルフ診断から挑戦したい方もいるでしょう。

顔タイプ診断をセルフで実践するうえで、メリットを2つ紹介します。

  • 気軽に診断できる
  • 費用がかからない

気軽に診断できる

セルフ診断は、自分で気軽に診断できます。

専門のアドバイザーに依頼する場合は、日時を予約して、店舗まで行くことが必要です。

セルフ診断なら、自分の好きなタイミングでいつでも実施できる点が魅力といえます。

まずはお試しとして顔タイプを診断してみたい方や、ファッションの参考にしたい方におすすめです。

反対に、顔タイプを詳しく分析したい方や、自分に似合うファッションを徹底的に知りたい方は、専門のアドバイザーに依頼した方がいいでしょう。 

費用がかからない

セルフ診断は、専門のアドバイザーに依頼する必要がないため、費用はかかりません。

診断にお金をかけたくない方や、費用を抑えたい方におすすめです。

専門のアドバイザーでは、顔タイプ診断にプラスして、似合うファッションを実際に見て体験できます。

洋服の試着からメイクアップまで、幅広いサービスを体験できるため、1万円近く費用がかかると考えた方がいいでしょう。

【顔タイプ】セルフ診断のやり方

【顔タイプ】セルフ診断のやり方

顔タイプ診断を手軽に受けるなら、セルフ診断がおすすめです。

セルフ診断のやり方や、おすすめの手順を紹介します。

  • 診断に必要なアイテム
  • セルフ診断の方法
  • セルフ診断の流れ

診断に必要なアイテム

セルフ診断を実施する前に、まずは以下のアイテムを用意しましょう。

  • メモ帳
  • 筆記用具

顔のパーツを細かく見る必要があるため、顔がはっきりと見える環境が重要です。

また鏡で自分の顔を客観的に確認しながら、質問の回答をメモ帳に書き残すと、より分析しやすくなるでしょう。

セルフ診断の方法

セルフ診断は、以下2つの方法があります。

  • セルフ診断の本を購入する
  • ネットの診断ページを参考にする

セルフ診断の本を参考にする場合、本を購入するための費用が必要です。

しかし、ネットの診断と比較して、正確で分かりやすい情報が載っています。

正しい診断方法で、セルフ診断を実施したい方におすすめです。

ネットで診断ページを探す場合は、信憑性のあるサイトを選ぶようにしましょう。

顔タイプアドバイザー監修や、顔タイプ診断協会関連のサイトを参考にすると、正確に診断できます。

セルフ診断の流れ

顔タイプ診断は、全16個の質問に沿って、顔のパーツや特徴を分析します。

最初の8問で「子供顔か大人顔」を診断、後半の8問で「曲線か直線」を診断する流れが一般的です。

セルフ診断では、正確に診断するため、自然体でおこなう必要があります。

なるべくいつもと同じメイクで、診断を実施することが大切です。

また鏡で顔を確認する際は、表情を作りすぎず、素の状態(真顔)を意識しましょう。

【顔タイプ】セルフ診断の注意点

【顔タイプ】セルフ診断の注意点

顔タイプのセルフ診断は、誰でも手軽にできる方法です。

しかし、自分の顔を客観的に分析する必要があるため、いくつか注意点があります。

  • 複数人で診断するのがおすすめ
  • 自分の好みと一致しない場合も
  • 細かい分析は専門家に相談しよう

複数人で診断するのがおすすめ

セルフ診断は、自分自身でおこなうより、複数人で診断するのがおすすめです。

1人の方が手軽に実践できるものの、顔の特徴やパーツを客観的に分析することは、想像より難しいでしょう。

友人や家族に協力してもらい、お互いの顔を比較しながら実践する方が、正確に分析できます。

1人で実施する際は、鏡で確認しにくい箇所は写真で撮るなど、客観的に見やすい状況を工夫して作るといいでしょう。

自分の好みと一致しない場合も

顔タイプ診断では、自分の好みと一致しない結果が出る場合もあります。

しかし、希望どおりの結果が出なかった場合でも、落ち込む必要はありません。

顔タイプ診断の目的は、あくまでも自分に似合うテイストを知ることです。

似合うテイストと、似合わないテイストを理解さえすれば、理想のイメージに足りないものを導き出せます。

自分のテイストを理解したうえで、コーデに応用として取り入れて、理想のイメージに近づきましょう。

細かい分析は専門家に相談しよう

セルフ診断では、専門のアドバイザーと比較して、基本的な分析しかできません。

例えば、顔タイプによって、曲線と直線の両方をミックスした特徴の方もいるでしょう。

このような方は、セルフ診断が難しく、本来とは違う結果が出てしまう可能性があります。

また素人目線で見た顔タイプと、専門が見た顔タイプが異なる場合もあるでしょう。

より細かい分析をおこなうなら、専門のアドバイザーに依頼するのがおすすめです。

専門のアドバイザーに依頼する場合、顔タイプ以外にも、以下のように細かいアドバイスをもらえます。

  • 洋服の選び方やコーディネートのアドバイス
  • 洋服の試着、写真撮影
  • メイクアップレッスン
  • ヘアスタイルのアドバイス

まとめ

今回は、顔タイプ診断をセルフでおこなう方法や、注意点を紹介しました。

セルフ診断に挑戦するなら、自分の顔を客観的に観察することが大切といえます。

友人や家族に協力してもらいながら、複数人でおこなうと、より正確に分析できるためおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。