【顔タイプ診断】ソフトエレガントの特徴は?似合うテイストを解説

【顔タイプ診断】ソフトエレガントの特徴は?似合うテイストを解説

ソフトエレガントは、顔タイプ診断で登場する種類の1つです。

ソフトエレガントの基本情報から似合うテイストまで、幅広く紹介します。

顔タイプ診断とは

顔タイプ診断とは

自分に似合うファッションを探しているなら、顔タイプ診断がおすすめです。

顔タイプ診断とは、顔の輪郭やパーツを元に、顔タイプを分析する診断方法のこと。

自分に似合うファッションや髪型、メイクまで幅広く分析できます。

まずは自分の顔タイプを知り、似合うファッションテイストを探しましょう。

【顔タイプ】ソフトエレガントとは

【顔タイプ】ソフトエレガントとは

ソフトエレガントは、顔タイプ診断のなかでも、ふんわり優しい印象が特徴です。

ソフトエレガントの特徴や印象、お悩みポイントまで詳しく解説します。

  • 【顔タイプ】ソフトエレガントの特徴
  • 【顔タイプ】ソフトエレガントの印象
  • 【顔タイプ】ソフトエレガントの悩み

【顔タイプ】ソフトエレガントの特徴

ソフトエレガントは、控えめな輪郭やパーツが特徴といえます。

他にも、ソフトエレガントについて、以下のとおり特徴をまとめました。

【ソフトエレガントの特徴】

  • 大人顔
  • 顔の輪郭は曲線がベース
  • 直線タイプとミックスの場合もある
  • 顔型は卵型、面長、縦長ベース型が多い
  • 顔の輪郭やパーツはやや骨っぽい

ソフトエレガントは、曲線と直線が混じり合っている点が特徴です。

曲線と直線の割合によって、顔の印象は少し変わります。

顔の輪郭やパーツはやや骨感があり、顔タイプ診断では、大人顔に分類される顔立ちです。 

【顔タイプ】ソフトエレガントの印象

ソフトエレガントは、以下の印象があります。

【ソフトエレガントの印象】

  • 大人っぽい
  • 女性らしい
  • 優しそう
  • 落ち着いている

大人顔であるため、大人っぽい印象や、落ち着いた印象に見える場合が多いでしょう。

顔のパーツは控えめで、強い印象やきつい印象を与えない顔タイプです。

ナチュラルな顔立ちですが、女性らしい柔らかさがあるため、落ち着いた印象に見えます。

【顔タイプ】ソフトエレガントの悩み

女性らしいソフトエレガントですが、以下のお悩みポイントがあります。

【ソフトエレガントの悩み】

  • 実際の年齢より上に見える
  • 大人しそうな印象を与える
  • 個性的なデザインは似合わない

ソフトエレガントは、落ち着いた印象があり、年上に見える悩みをかかえがちです。

また落ち着いた印象であるため、個性的なデザインは、浮いているように見えてしまいます。

個性的なデザインを選ぶなら、バッグやアクセサリーの小物にさりげなく取り入れるのがおすすめです。

【顔タイプ】ソフトエレガントの服選び

【顔タイプ】ソフトエレガントの服選び

ソフトエレガントは、上品なデザインを選び、大人っぽい雰囲気にまとめることが大切です。

ソフトエレガントに似合う服選びのポイントを紹介します。

  • きれいめシルエットが得意
  • シンプルデザインを選ぶ
  • 柄物は控えめがおすすめ

きれいめシルエットが得意

ソフトエレガントは、きれいめシルエットが得意です。

トップスとボトムス、どちらもきれいめアイテムでまとめると、大人っぽいコーデを作れます。

しかし、シンプルすぎてしまうと、カジュアル感が出てしまうため注意しましょう。

とろみブラウスや、レーススカートを選び、程よい女性らしさを演出するのがポイントです。

また足元も同様に、きれいめパンプスを取り入れると、全身がスッキリして見えます。

シンプルデザインを選ぶ

ソフトエレガントは、シンプルなデザインが似合います。

オフィスカジュアルを意識すると、ぴったりのコーデが作りやすくなるでしょう。

トップスは、シンプルなシャツやブラウス、ニットを選ぶのがおすすめです。

ソフトエレガントは、曲線と直線が混じっているため、VネックとUネックどちらも着こなせます。

ボトムスも同様に、ボリュームの少ないデザインを選び、コンパクトな印象にまとめましょう。

柄物は控えめがおすすめ

ソフトエレガントは、優しい顔立ちであるため、顔が浮いてしまう可能性があります。

なるべく柄物は避けて、無地のアイテムにまとめるのがおすすめです。

柄物アイテムを取り入れるなら、以下のように控えめのデザインを選びましょう。

【柄物】

  • ドット柄
  • 花柄
  • グレンチェック
  • ペイズリー柄

ソフトエレガントは、小さめのドット柄や花柄を選び、上品な印象にまとめるのがポイントです。

素材も同様に、シフォンやシルクの軽い素材を取り入れて、女性らしいふんわり感を作りましょう。

【顔タイプ】ソフトエレガントに似合う服

【顔タイプ】ソフトエレガントに似合う服

ソフトエレガントは、大人っぽく見えるアイテムがぴったりです。

アイテム別に分けて、ソフトエレガントに似合うファッションを紹介します。

  • アウター
  • トップス
  • ボトムス

アウター

アウターは、カジュアル感があまり出ないアイテムを選びましょう。

カジュアル感のあるデニムは避けて、ロング丈のアウターを選ぶのがおすすめです。

ノーカラージャケット、トレンチコート
チェスターコート、ガウンコート
ウールコート、ダウンコート

ウールコートやガウンコートは、大人っぽさをプラスできるため、垢抜けた印象に仕上がります。

かっちりとした印象を作るなら、襟つきのトレンチコートや、チェスターコートを選ぶといいでしょう。

トップス

トップスは、とろみブラウスやVネックニットを選び、女性らしい雰囲気にまとめるのがポイントです。

他にも、レースやフレンチスリーブといった、ふんわりデザインも似合います。

とろみブラウス、アンサンブルニット
レーストップス、フレンチスリーブTシャツ
ボウタイブラウス、きれいめパーカー
Vネックニット、バルーンスリーブニット

女性らしいデザインが似合うソフトエレガントですが、キュートすぎるデザインは苦手です。

フリルの装飾はキュートな印象をプラスしてしまうため、避けた方がいいでしょう。

ボトムス

ボトムスは、シンプルをベースに、きれいめデザインのアイテムを選びましょう。

スカートは上品なアイテムを選び、パンツは柔らかい素材を選ぶのがおすすめです。

タイトスカート、ストレートパンツ
プリーツスカート、タックパンツ
マーメイドスカート、センタープレスパンツ
ウールスカート、フレアスカート

スカートは、フレアスカートやプリーツスカートを選びましょう。

ロング丈のデザインを選ぶと、より大人っぽいコーデを作れます。

ボトムスはタックパンツを選び、シンプルな印象にまとめましょう。

まとめ

ソフトエレガントの基本情報やおすすめのアイテムまで、幅広く紹介しました。

ソフトエレガントは柔らかい顔立ちに合わせて、きれいめデザインのアイテムを選ぶのがおすすめです。

今回紹介したコーデのポイントを参考に、自分に似合うファッションスタイルを探してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。