ソフトエレガントに似合う髪型は?垢抜けヘアスタイルを紹介

ソフトエレガントに似合う髪型は?垢抜けヘアスタイルを紹介

ソフトエレガントは、女性らしい印象が魅力の顔タイプです。

今回はソフトエレガントに焦点を当て、垢抜けヘアスタイルを詳しく紹介します。

ソフトエレガントとは

ソフトエレガントとは

ソフトエレガントは、診断結果の1つとして、顔タイプの種類に分類されます。

顔タイプは8種類あり、ソフトエレガントは、柔らかい雰囲気が特徴です。

似合うヘアスタイルを知る前に、まずはソフトエレガントの基本ポイントを紹介します。

ソフトエレガントの特徴

ソフトエレガントは、他の顔タイプと比較して、上品な顔立ちが特徴です。

【ソフトエレガントの特徴】

  • 大人顔
  • 直線と曲線のミックス
  • 卵型、面長、縦長のベース型
  • 顔のパーツは小さめから普通まで
  • 顔全体はやや立体感がある

大人顔に分類されるソフトエレガントですが、直線と曲線がミックスされています。

大人っぽさがありつつ、女性らしい曲線も感じられる顔タイプです。

また顔のパーツが小さいため、控えめで上品な雰囲気があります。

ソフトエレガントの印象

ソフトエレガントは、直線や曲線の割合によって、顔立ちが少し異なります。

しかし、女性らしい雰囲気は変わらず、他にも以下の印象を与える場合が多いでしょう。

【ソフトエレガントの印象】

  • 上品
  • 優しい
  • 大人っぽい
  • 落ち着いている

上品や優しい印象から分かるように、ソフトエレガントは、大人ナチュラルな印象があります。

落ち着いた印象があるため、実年齢より年上に見える場合もあるでしょう。

【ソフトエレガント】髪型のポイント

【ソフトエレガント】髪型のポイント

ソフトエレガントは、ふんわり女性らしい印象があります。

控えめの顔立ちであるため、ヘアスタイルは、ナチュラルに仕上げることが大切です。

ソフトエレガントに似合うヘアスタイルの作り方を紹介します。

  • ボブ以上の長さがおすすめ
  • 前髪は上品な印象にまとめる
  • ふんわりカールで抜け感を

ボブ以上の長さがおすすめ

ソフトエレガントは、ボブ以上の長さがおすすめです。

大人っぽい印象があるため、ショートより、ロングヘアに近い長さが似合います。

ボブやミディアムヘアに挑戦する場合は、レイヤーでふんわり感を作るのがポイントです。

ロングも同様に、重い印象になりすぎないよう、顔まわりや毛先にレイヤーを入れるといいでしょう。

ふんわり感のあるヘアスタイルを作ると、顔まわりに動きが生まれるため、垢抜けた印象に仕上がります。

前髪は上品な印象にまとめる

ソフトエレガントの前髪は、上品な印象にまとめましょう。

大人っぽいヘアスタイルが似合うため、前髪なしのスタイルがぴったりです。

前髪なしスタイルは、前髪の根元をふんわり立ち上げると、立体的なシルエットに見えます。

前髪ありに挑戦するなら、シースルーバングや流し前髪がおすすめです。

程よくおでこを見せるスタイルで、子供っぽい印象になりすぎないよう意識しましょう。

ふんわりカールで抜け感を

ヘアアレンジは、ふんわりカールで抜け感を出しましょう。

直線と曲線のミックスタイプであるため、ワンカールの程よいふんわり感も似合います。

反対に、カールが強すぎるアレンジは、ソフトエレガントの魅力が活かせないため避けた方がいいでしょう。

コテやストレートアイロンを使い、外ハネにワンカールさせるだけでも、おしゃれな雰囲気を演出できます。

また髪の毛の中間から外巻きにすると、より華やかさをプラスできるでしょう。

【ソフトエレガント】似合う髪型

【ソフトエレガント】似合う髪型

ソフトエレガントは、作り込みすぎない自然なヘアスタイルがおすすめです。

ソフトエレガントに似合うヘアスタイルを紹介します。

  • ワンレンボブ
  • くびれミディアム
  • 無造作ロング

ワンレンボブ

ボブヘアといえば、キュートなイメージがあるのではないでしょうか。

キュートな印象を抑えて、大人っぽくまとめるなら、ワンレンボブがおすすめです。

ワンレンボブとは、髪全体を同じ長さにカットするスタイルのこと。

重めのボブですが、統一感のあるスタイルで、上品な印象に仕上がります。

前髪はセンターパートにすると、より大人っぽい雰囲気にまとまるでしょう。 

くびれミディアム

ミディアムヘアは、顔まわりにレイヤーを入れて、くびれスタイルを作るのがおすすめです。

顔まわりはボリュームたっぷりに、顎から首にかけてキュッとくびれを作りましょう。

くびれミディアムは、おしゃれな雰囲気だけではなく、小顔効果を期待できる点が魅力です。

髪のトップは内側に巻き、毛先は外ハネにすると、簡単にくびれスタイルを作れます。

前髪はシースルーバングを合わせて、今っぽい透け感スタイルに仕上げましょう。

無造作ロング

ソフトエレガントは、自然な無造作ロングがぴったりです。

作り込みすぎないヘアスタイルで、大人ナチュラルな雰囲気に仕上げましょう。

無造作ロングは、髪全体をコテでふんわり巻くだけで完成します。

最後はヘアオイルでスタイリングして、大人っぽいツヤ感をプラスしましょう。

より大人っぽい雰囲気に仕上げるなら、前髪なしスタイルを合わせるのがおすすめです。

前髪は根元をふんわり立ち上げて、色っぽいかきあげスタイルを作りましょう。

まとめ

今回は、今回はソフトエレガントに焦点を当て、垢抜けヘアスタイルを詳しく紹介しました。

ソフトエレガントは上品な雰囲気に合わせて、大人っぽいヘアスタイルを取り入れるのがおすすめです。

今回紹介したヘアスタイルを参考に、大人ナチュラルな雰囲気を手に入れてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。