顔タイプのフレッシュに似合う髪型は?人気アレンジ&スタイルを紹介

顔タイプのフレッシュに似合う髪型は?人気アレンジ&スタイルを紹介

顔タイプ診断は、ファッションテイストだけではなく、似合うヘアスタイルも探せます。

そのなかでも、フレッシュの顔タイプは、爽やかな印象が魅力です。

今回はフレッシュに焦点を当て、フレッシュに人気のヘアスタイルやスタイルを紹介します。

フレッシュとは

フレッシュとは

フレッシュとは、8種類ある顔タイプ診断のうち、爽やかな印象があります。

フレッシュに似合うヘアスタイルを探すなら、まずはフレッシュの特徴を知ることが大切です。

フレッシュの特徴や印象を詳しく解説します。

フレッシュの特徴

フレッシュは、顔タイプのなかでも、子供顔に分類される顔立ちです。

フレッシュの大きな特徴について、以下のとおりまとめました。

【フレッシュの特徴】

  • 子供顔
  • 直線と曲線のミックスタイプ
  • 丸顔やベース型の顔型が多い
  • 顔の立体感はあまりない
  • 顔のパーツは小さめから普通まで

直線と曲線のミックスであるため、顔の輪郭はやや骨っぽさがあります。

顔全体は控えめなパーツで、ナチュラルな顔立ちが特徴です。

フレッシュの印象

フレッシュは、名前のとおり、爽やかな印象が最も強いタイプです。

他にも、以下の印象があります。

【フレッシュの印象】

  • 年齢より若く見える
  • 親しみやすい
  • 清潔感がある
  • かわいらしさがある

フレッシュは子供顔であるため、かわいらしい印象を与える場合が多いでしょう。

また直線と曲線の割合によって、顔全体の印象は変わって見える点が特徴です。

直線は大人っぽく爽やかな印象に、曲線はかわいらしい雰囲気があります。

【フレッシュ】髪型のポイント

【フレッシュ】髪型のポイント

フレッシュは、顔の特徴に合わせて、大人ナチュラルなスタイルがおすすめです。

フレッシュに似合うヘアスタイルを作るうえで、ポイントを紹介します。

  • ボブ以上の長さがおすすめ
  • 前髪は上品な印象にまとめる
  • ふんわりカールで抜け感を

髪の長さはセミロングまで

フレッシュは、ナチュラルな爽やかさが特徴の顔タイプです。

ヘアスタイルも同様に、軽い質感に仕上がるレングスが似合います。

ヘアカットするなら、ショートからセミロングまでのレングスがおすすめです。

髪の毛がまとまりやすいボブや、ミディアムを取り入れると、フレッシュの魅力をより活かせるでしょう。

前髪はナチュラル感を意識

前髪も同様に、ナチュラル感を意識することが大切です。

以下の前髪を合わせると、ナチュラルにプラスして、トレンドの抜け感を作れます。

【フレッシュの前髪】

  • シースルーバング
  • 流し前髪
  • 眉上のぱっつん前髪
  • センターパート

フレッシュは、前髪ありとなしアレンジ、どちらも似合う点が魅力です。

直線と曲線のミックスであるため、幅広い前髪アレンジを楽しめます。

ナチュラルに仕上げるなら、前髪ありのシースルーバングや、ぱっつん前髪がおすすめです。

前髪ありは、程よい隙間を作ると、顔まわりが垢抜けた印象に見えます。

大人っぽく仕上げるなら、流し前髪やセンターパートを取り入れるといいでしょう。

ワンカールアレンジが似合う

フレッシュは、シンプルなアレンジが似合います。

ストレートでも十分おしゃれですが、今っぽい雰囲気にまとめるなら、ワンカールがおすすめです。

ワンカールアレンジは、コテやストレートアイロンを使い、毛先を外ハネに巻きましょう。

抜け感たっぷりのアレンジで、今っぽいこなれ感を作れます。

また顔まわりに動きがつくため、小顔効果が期待できる点も魅力です。

かわいらしい印象をプラスするなら、内巻きワンカールを取り入れましょう。

ワンカールアレンジは、好きな雰囲気に合わせて、巻き方を変えるのがポイントです。

【フレッシュ】似合う髪型

【フレッシュ】似合う髪型

フレッシュは、爽やかな印象を活かして、大人ナチュラルな雰囲気にまとめることが大切です。

ショートからセミロングまで、フレッシュに似合うヘアスタイルを紹介します。

  • ワンレンボブ
  • くびれミディアム
  • 無造作ロング

【ショート】ひし形シルエット

フレッシュは、ショートヘアの爽やかな雰囲気が似合います。

ショートヘアに挑戦するなら、ひし形シルエットを取り入れるといいでしょう。

ひし形シルエットとは、ひし形のように立体感のあるヘアスタイルのことです。

顔まわりがスッキリするため、小顔シルエットとしても人気があります。

またひし形シルエットは、女性らしいふんわり感を作れる点も魅力です。

顔まわりにボリュームがあるため、フェイスラインが気になる方でも気軽に挑戦できます。

前髪はシースルーバングを取り入れて、程よい抜け感を作るのがおすすめです。

【ミディアム】外ハネスタイル

ミディアムヘアは、程よいレングスを活かして、外ハネスタイルに仕上げるのがおすすめです。

毛先をくるんと外ハネに巻くだけで、一気におしゃれな雰囲気にまとまります。

外ハネは、顔まわりに集まりやすい視線を分散させる効果があるため、小顔スタイルを作れる点が魅力です。

シースルーバングやセンターパートの前髪を合わせると、より小顔効果が期待できるでしょう。

キュートな印象に仕上げるなら、眉上のぱっつん前髪がおすすめです。

仕上げは、オイルやワックスのスタイリング剤を使い、毛先に束感を作りましょう。

束感は程よい抜け感があるため、より今っぽい雰囲気に仕上がります。

【セミロング】ふんわりカール

セミロングは、髪全体が重たく見えないスタイルを作ることが大切です。

自然なふんわりカールなら、程よいボリュームで、大人ナチュラルな雰囲気を演出できます。

ふんわりカールは、コテを使い、髪全体を外巻きにしましょう。

顔まわりも同様に外巻きにして、外側に流すようにスタイリングすると、大人っぽい印象を作れます。

コテが苦手な方は、美容院で軽いパーマをかけるといいでしょう。

前髪はふんわり根元を立ち上げて、センターパートを作るのがおすすめです。

サイドヘアまで自然な流れを作ると、まとまりのあるヘアスタイルに仕上がります。

まとめ

今回はフレッシュに焦点を当て、フレッシュに人気のヘアスタイルやスタイルを紹介しました。

フレッシュは爽やかな顔立ちであるため、大人ナチュラルなヘアスタイルが似合います。

今回紹介したアレンジを参考に、フレッシュの魅力を活かしたヘアスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。