【顔タイプ】クールカジュアルに似合う髪型は?スタイリングのコツを紹介

クールカジュアルに似合う髪型は?スタイリングのコツを紹介

クールカジュアルは、直線ラインが特徴の顔タイプです。

顔タイプクールカジュアルに似合う髪型や、スタイリングのコツを紹介します。

顔タイプクールカジュアルとは

クールカジュアルとは

似合う髪型を探す前に、まずは顔タイプクールカジュアルについて知ることが大切です。

顔タイプクールカジュアルの特徴や印象を解説します。

  • 顔タイプクールカジュアルの特徴
  • 顔タイプクールカジュアルの印象

顔タイプクールカジュアルの特徴

顔タイプクールカジュアルは、子供顔に分類される顔タイプです。

クールカジュアルの特徴は以下のとおり。

【顔タイプクールカジュアルの特徴】

  • 子供顔
  • 直線タイプ
  • ベース型や面長が多い
  • 顔の輪郭やパーツは骨感がある

クールカジュアルは、直線を感じさせる顔タイプであるため、骨っぽい印象があります。

しかし、顔全体の立体感はあまりなく、シンプルな顔立ちが特徴です。

顔タイプクールカジュアルの印象

顔タイプクールカジュアルは、子供顔であるため、年齢より若く見えます。

他にも、顔タイプクールカジュアルの印象についてまとめました。

【顔タイプクールカジュアルの印象】

  • クール
  • ボーイッシュ
  • 年齢より年下に見える

クールカジュアルは名前の通り、ボーイッシュな印象の顔タイプです。

キュート感はあまりなく、クールな印象が強いといえます。

髪型によっては、スタイリッシュやモードな印象もプラスできるでしょう。

顔タイプクールカジュアルの髪型ポイント

クールカジュアルの髪型ポイント

クールカジュアルは、顔タイプに合わせて、直線シルエットを意識しましょう。

顔タイプクールカジュアルに似合う髪型や、スタイリングのコツを紹介します。

  • ショート〜ミディアムが似合う
  • 前髪はシンプルを意識する
  • 個性アレンジで垢抜けを 

ショート〜ミディアムが似合う

顔タイプクールカジュアルには、ショートからミディアムヘアのレングスがおすすめです。

カジュアル感を意識して、軽い質感のスタイルに仕上げましょう。

クールな印象があるため、ウルフカットや切りっぱなしが似合います。

ウルフカットに挑戦するなら、顔まわりや襟足にレイヤーを入れるのがポイントです。

顔まわりにしっかり動きをつけて、ふんわり感あふれるスタイルに仕上げましょう。

切りっぱなしは、ボブヘアと組み合わせると、程よい抜け感を作れます。

もし長いレングスを取り入れるなら、髪全体にラフな動きをつけましょう。

顔まわりや毛先を中心に動きをつけると、垢抜けた印象に仕上がります。

前髪はシンプルを意識する

顔タイプクールカジュアルの前髪は、シンプルさを意識するといいでしょう。

前髪ありとなし、どちらも似合う顔タイプですが、大人っぽいアレンジがおすすめです。

前髪ありスタイルの場合は、以下のアレンジが似合います。

【前髪ありスタイル】

  • シースルーバング
  • 流し前髪

大人っぽい印象に仕上げるなら、前髪を長めにスタイリングしましょう。

ヘアオイルで束感を作ると、直線シルエットが簡単にできあがります。

【前髪なしスタイル】

  • かき上げバング
  • 長めストレート

前髪なしスタイルは、ストレートや少し動きをつけるアレンジがおしゃれです。

前髪の毛先を外側に巻くだけで、大人ナチュラルなスタイルに仕上がります。

個性アレンジで垢抜けを

より垢抜けた印象を手に入れるなら、個性アレンジに挑戦しましょう。

顔タイプクールカジュアルは、スタイリッシュな顔立ちであるため、幅広いアレンジが似合います。

巻き髪アレンジに挑戦するなら、コテを使い、髪全体をラフ巻きにしましょう。

ゆるいウェーブや、無造作スタイルを意識すると、クールカジュアルにぴったりのスタイルを作れます。

またインナーカラーを取り入れて、自分だけの個性をプラスしてもいいでしょう。

顔タイプクールカジュアルに似合う髪型

クールカジュアルに似合う髪型

顔タイプクールカジュアルは、カジュアルやモードな雰囲気を作ることが大切です。

顔タイプクールカジュアルに似合うおすすめの髪型や、ヘアアレンジを紹介します。

  • 【ショート・ボブ】インナーカラー
  • 【ミディアム】ウルフヘア
  • 【ロング】ストレートヘア

【ショート・ボブ】インナーカラー

短いレングスは、インナーカラーで遊び心をプラスしましょう。

ヘアアレンジが少ない分、カラーでおしゃれを楽しむのがポイントです。

インナーカラーは、色味だけではなく、入れる位置や範囲によって雰囲気が変わります。

こめかみや耳の横にカラーを入れると、おしゃれなチラ見せができるためおすすめです。

インナーカラーの色味は、ベースの髪色に合わせましょう。

ピンクやオレンジの明るい色を組み合わせると、存在感のあるヘアスタイルを作れます。 

【ミディアム】ウルフヘア

ミディアムの場合は、クールな印象のウルフヘアが似合います。

髪全体にたっぷりレイヤーを入れて、スタイリッシュな印象に仕上げましょう。

ウルフヘアは、顔まわりに動きがつくため、小顔効果を期待できます。

小顔ヘアを作るなら、顔まわりはふんわりボリュームを作るのがおすすめです。

毛先はストレートアイロンやコテを使い、外ハネに巻きましょう。

外ハネは、顔まわりに集まる視線を分散できるため、顔全体がスッキリして見えます。

最後にヘアオイルやワックスをつけて、セミウェット感たっぷりに仕上げましょう。

【ロング】ストレートヘア

顔タイプクールカジュアルは、直線シルエットの髪型が似合います。

あえてシンプルなストレートで、ロングヘアの魅力を活かすのがおすすめです。

透明感のある暗色を取り入れると、大人っぽい雰囲気を演出できます。

ストレートヘアに物足りなさを感じる場合は、毛先をワンカールさせましょう。

内巻きにくるんと巻くだけでも、一気におしゃれな印象にまとまります。

まとめ

今回は、顔タイプクールカジュアルに似合う髪型や、スタイリングのコツを紹介しました。

顔タイプの特徴に合わせて、カジュアルやモードな雰囲気を作ることが大切です。

今回紹介したヘアアレンジを参考に、シンプルなおしゃれスタイルを手に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。