フレッシュ×骨格ナチュラルとは?似合うファッションテイストを紹介

フレッシュ×骨格ナチュラルとは?似合うファッションテイストを紹介

今より垢抜けた印象を手に入れるなら、顔タイプや骨格診断がおすすめです。

今回は顔タイプフレッシュ×骨格ナチュラルに似合うファッションを紹介します。

顔タイプフレッシュ×骨格ナチュラルとは

フレッシュ×骨格ナチュラルとは

自分に似合うファッションを探す前に、顔タイプや骨格の基本を知ることが大切です。

まずは、顔タイプフレッシュ×骨格ナチュラルの基本ポイントを紹介します。

  • 【顔タイプ】フレッシュとは
  • 【骨格】ナチュラルとは

【顔タイプ】フレッシュとは

フレッシュとは、顔タイプ診断で使用される結果の1つです。

顔タイプは全部で8種類あり、顔の輪郭やパーツから、最も近い顔タイプを導き出します。

そのなかでもフレッシュは、子供顔に分類される顔タイプです。

顔タイプフレッシュの特徴について、以下のとおりまとめました。

【顔タイプフレッシュの特徴】

  • 子供顔
  • 直線と曲線が混じっている
  • 輪郭は曲線やベース型が多い
  • 立体感はあまりない
  • 顔のパーツは小さめから普通

フレッシュは、直線と曲線が混じり合っている点が特徴です。

控えめな顔立ちですが、爽やかな雰囲気があります。

服選びの際は、シンプルなデザインを選ぶと、顔まわりがスッキリして見えるでしょう。 

【骨格】ナチュラルとは

ナチュラルとは、骨格診断の結果の1つです。

ナチュラルの特徴について、以下のとおりまとめました。

【骨格ナチュラルの特徴】

  • 全身の関節や骨感が目立つ
  • 肩あたりにフレーム感がある
  • 肉感はつきにくい
  • 手のひらは大きめ

骨格ナチュラルは、鎖骨や肩まわり、膝の皿の骨感が目立ちやすい体型です。

肉感はつきにくいため、モデルのようにスタイリッシュな印象を与えます。

服選びの際は、骨っぽさを隠すため、ゆったり感のあるサイズを選ぶといいでしょう。

顔タイプフレッシュ×骨格ナチュラルの服選び

フレッシュ×骨格ナチュラルの服選び

顔タイプフレッシュ×骨格ナチュラルは、どちらの特徴も活かせる服選びが重要です。

顔タイプフレッシュ×骨格ナチュラルのスタイリングのコツを紹介します。

  • トップスはシンプルにまとめる
  • ボトムスは膝下の丈を選ぶ
  • ナチュラル素材を取り入れる

トップスはシンプルにまとめる

トップスは、シンプルにまとめることが大切です。

フリルやレースの装飾は避けて、無地のTシャツやブラウス、ニットを取り入れましょう。

【おすすめのトップス】

  • ロゴTシャツ
  • オーバーサイズシャツ
  • Uネックニット

また骨感が目立ちやすいため、ゆったり着れるサイズを選ぶのがおすすめです。

もし体のラインが出やすいトップスを着るなら、肩まわりにボリュームが出ないよう意識しましょう。

カーディガンを肩にかけるだけでも、肩まわりの骨っぽさが目立たなくなります。 

ボトムスは膝下の丈を選ぶ

ボトムスは、膝下の丈がおすすめです。

膝の皿が大きいため、短い丈を選ぶと、骨っぽさが目立ってしまいます。

膝の関節が隠れるミモレ丈や、マキシ丈を選び、下半身をスッキリ見せましょう。

【おすすめのボトムス】

  • タイトスカート
  • マーメイドスカート
  • ストレートパンツ

フレッシュ×骨格ナチュラルは、カジュアルデザインが似合います。

裾が広がりすぎないデザインを取り入れて、下半身はシンプルにまとめましょう。

ナチュラル素材を取り入れる

フレッシュ×骨格ナチュラルは、カジュアルテイストが似合います。

ナチュラル素材が似合うため、コーデに積極的に取り入れましょう。

【おすすめの素材】

  • コットン
  • デニム
  • コーデュロイ
  • ウール

季節ごとに合う素材を選ぶと、よりおしゃれなコーデを作れます。

春夏はコットンや麻を選び、秋冬はコーデュロイやウールを選びましょう。

シフォンの柔らかい素材は、骨っぽさをカバーできないため、避けるのがおすすめです。

顔タイプフレッシュ×骨格ナチュラルのコーデ

フレッシュ×骨格ナチュラルのコーデ

顔タイプフレッシュ×骨格ナチュラルは、カジュアル感を意識することが大切です。

シーン別に分けて、顔タイプフレッシュ×骨格ナチュラルのおすすめコーデを紹介します。

  • オフィスコーデ
  • お出かけコーデ
  • デートコーデ

オフィスコーデ

オフィスコーデは、シンプルなアイテムを積極的に取り入れましょう。

襟元は曲線シルエットを選ぶと、首まわりがスッキリして見えます。

アウターノーカラーコート
トップスとろみブラウス
ボトムスタイトスカート
小物ハンドバッグ、パンプス

トップスは、とろみのある素材を取り入れて、大人っぽい雰囲気を演出しましょう。

コットンブラウスや、リネンシャツのナチュラル素材も似合います。

ボトムスは、タイトスカートを選び、女性らしいシルエットを作りましょう。

お出かけコーデ

お出かけコーデは、カジュアルテイストを盛り込むのがおすすめです。

しかし、カジュアルすぎると子供っぽく見えてしまうため、女性らしいアイテムを程よく取り入れましょう。

アウタートレンチコート
トップスオーバーサイズシャツ、タンクトップ
ボトムスストレートデニム
小物キャンバス地トート、バレエシューズ

トップスはオーバーサイズを選ぶと、骨格ナチュラルにぴったりのコーデが作れます。

程よく抜け感を出すため、タンクトップを下に着て、ヘルシーな印象に仕上げましょう。

ボトムスは、デニム素材を選ぶと、カジュアル感をプラスできます。

足元はバレエシューズを合わせて、女性らしい雰囲気を演出しましょう。

デートコーデ

デートコーデは、シンプルなテイストがおすすめです。

シンプルでは物足りないなら、スカーフやアクセサリーで、華やかさをプラスしましょう。

アウターダッフルコート
トップスUネックニット
ボトムスジャンパースカート
小物ハンドバッグ、ショートブーツ

アウターは、カジュアルコーデにも活用できるダッフルコートがぴったりです。

トップスはジャンパースカートを選ぶと、気になる肩まわりの骨感をカバーできます。

足元は、黒色のショートブーツを合わせて、コーデ全体を引き締めましょう。

まとめ

今回は、顔タイプフレッシュ×骨格ナチュラルに似合うファッションを紹介しました。

今より垢抜けた印象を作るなら、シンプルやカジュアルテイストがおすすめです。

今回紹介したスタイリングを参考に、フレッシュ×骨格ナチュラルのコーデに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。