骨格ウェーブはブラウスが苦手?骨格に似合うアイテム&コーデを紹介

骨格ウェーブはブラウスが苦手?骨格に似合うアイテム&コーデを紹介

骨格ウェーブは、ブラウスの選び方によって、貧相なイメージを与えてしまいます。

ブラウスを着こなすなら、骨格ウェーブに似合うデザインを選ぶことが大切です。

骨格ウェーブにぴったりのブラウスアイテムや、コーデを紹介します。

骨格ウェーブとは

骨格ウェーブとは

骨格ウェーブとは、骨格診断によって分類される骨格タイプのこと。

他の骨格タイプと比較して、下半身にボリュームがあります。

  • 女性らしい曲線ライン
  • 上半身はほっそりして見える
  • 関節や鎖骨はあまり目立たない
  • バストやウエストの位置は低い
  • 下半身は膝下のボリュームが目立つ

骨格ウェーブの上半身は細く、下半身は膝下からボリュームのある体型です。

全身の重心は下向きであるため、ブラウス選びでは、重心を上に見せる必要があります。

骨格ウェーブのブラウス選び

骨格ウェーブのブラウス選び

骨格ウェーブは、華奢な体型ですが、下半身にボリュームがあります。

コーデでは上半身にボリュームを作り、全身のバランスを調整することが大切です。

骨格ウェーブに似合うブラウス選びのポイントを紹介します。

  • ハイウエストに見せる
  • 程よいボリューム感が大切
  • 素材でふんわり感を作る
  • 柄物は小さめが似合う

ハイウエストに見せる

骨格ウェーブは、重心が下にあるため、ハイウエストに見せるのがポイントです。

ウエストを絞るリボンや、切り替えデザインを選ぶと、全身の重心が上に見えます。

ウエストマークを作りやすいデザインを取り入れて、スタイルアップを狙いましょう。

また骨格ウェーブは、上半身が華奢であるため、タイトに着れるブラウスがおすすめです。

オーバーサイズや、ゆったり感のあるサイズは、上半身の綺麗なシルエットが崩れてしまいます。

骨格ウェーブの曲線ラインを活かして、タイトシルエットで女性らしい雰囲気にまとめましょう。

程よいボリューム感が大切

骨格ウェーブは、下半身のバランスに合わせて、程よいボリューム感を作ることが大切です。

襟元は鎖骨が程よく見えるデザインを選び、ヘルシーな印象にまとめましょう。

  • スクエアネック
  • ボートネック
  • オフショルダー

Vネックは、デコルテが綺麗に見えるデザインですが、上半身の薄さが目立ってしまいます。

貧相なイメージを与えてしまうため、避けた方がいいでしょう。

また袖は、パフスリーブやフレンチスリーブが似合います。

ふんわり女性らしい雰囲気にまとめると、骨格に似合うコーデが作れるでしょう。 

素材でふんわり感を作る

骨格ウェーブは、ふんわり感のある素材が似合います。

華奢なスタイルに合わせて、以下のような軽い質感の素材を選びましょう。

  • シフォン
  • コットン
  • ベロア
  • スエード
  • ツイード

春夏は、シフォンやコットンを取り入れて、爽やかな印象にまとめるのがおすすめです。

秋冬なら、肌寒い季節にぴったりのベロアやスエードを選ぶと、華やかな雰囲気を演出できます。

硬い素材のレザーやデニムは、服に着られている印象を与えてしまうため、避けた方がいいでしょう。  

柄物は小さめが似合う

骨格ウェーブは、小さめの柄物が似合います。

主張しすぎない以下の柄を選び、キュートな印象に仕上げましょう。

  • 小さいドット
  • 小さい花柄
  • ギンガムチェック
  • レオパード
  • ゼブラ

大人っぽい雰囲気にまとめるなら、レオパードやゼブラのアニマル柄がぴったりです。

モノクロカラーの小さい柄であれば、アニマル柄も派手に見える心配はありません。

シンプルなブラウスに取り入れて、より華やかな雰囲気にまとめましょう。

柄物が苦手な人は、バッグやシューズの小物に取り入れるのがおすすめです。

骨格ウェーブに似合うブラウス

骨格ウェーブに似合うブラウス

骨格ウェーブは、装飾や柄物のブラウスを選び、上半身の華奢さをカバーすることが大切です。

骨格ウェーブに似合う華やかなブラウスアイテムを紹介します。

  • とろみブラウス
  • パフスリーブブラウス
  • フリルブラウス

とろみブラウス

シンプルなおしゃれを楽しむなら、とろみブラウスは外せないアイテム。

骨格ウェーブは、とろみブラウスとの相性がバツグンです。

1枚さらりと着るだけで、一気に女性らしいコーデに仕上がります。

とろみブラウスは、上品な印象があるため、幅広いシーンで使える点が魅力です。

休日のお出かけはもちろんのこと、オフィスカジュアルコーデにも大活躍します。

休日のお出かけなら、ドット柄やアニマル柄のブラウスがおすすめです。

アニマル柄の辛口デザインを合わせても、柔らかさのある素材で、女性らしい雰囲気にまとまります。

パフスリーブラウス

大人フェミニンな印象に仕上げるなら、パフスリーブブラウスがおすすめです。

パフスリーブブラウスは、肩から袖にかけて、ふんわり風船のように膨らんだデザイン。

上半身にふんわりボリュームを作れるため、骨格ウェーブにぴったり似合います。

襟元はスクエアネックのデザインを選ぶと、顔まわりが垢抜けた印象にまとまるでしょう。

暑い夏の季節は、袖のみ透け感たっぷりのシアー素材を取り入れると、涼しげな雰囲気を演出できます。

フリルブラウス

骨格ウェーブは、フリルの装飾を積極的に取り入れることが大切です。

フリルブラウスなら、上半身の華奢さをカバーできるだけではなく、華やかな印象を演出できます。

また目線がフリルに集中するため、重心を上に見せる効果が期待できるでしょう。

フリルブラウスは、ツイードの異素材ミックスを選ぶと、よりおしゃ見えできます。

レイヤード風スタイルで、今っぽい雰囲気にまとめましょう。

骨格ウェーブのブラウスコーデ

骨格ウェーブのブラウスコーデ

骨格ウェーブは、ウエストの位置を高く見せて、重心を上にあげるコーデを作りましょう。

ボトムス別に分けて、骨格ウェーブのおすすめブラウスコーデを紹介します。

  • ブラウス×パンツコーデ
  • ブラウス×スカートコーデ

ブラウス×パンツコーデ

パンツコーデは、フリルブラウスを選び、甘辛ミックスコーデにまとめましょう。

コットン素材のフリルブラウスを選ぶと、程よいカジュアル感を演出できます。

アウターノーカラーコート
トップスコットンフリルブラウス
ボトムスハイウエストデニムパンツ
小物ペタンコパンプス、ハンドバッグ

ボトムスは、ハイウエストを合わせて、重心を上に見せるのがポイントです。

女性らしさをプラスできる小物を選ぶと、大人っぽい雰囲気にまとまります。

ブラウス×スカートコーデ

スカートコーデは、シンプルなブラウスで、上品な雰囲気に仕上げましょう。

とろみブラウスなら、シンプルなデザインでも華やかさをプラスできます。

アウターツイードジャケット
トップスとろみブラウス
ボトムスストレートスカート
小物パンプス、ショルダーバッグ

ボトムスは、ロング丈のストレートスカートを選びましょう。

下半身にボリュームがあるため、膝下まで長さのあるボトムスがおすすめです。

シンプルなコーデですが、アウターや小物に柄物のアイテムをプラスすると、華やかな雰囲気にまとまります。

まとめ

今回は、骨格ウェーブにぴったりのブラウスアイテムや、コーデを紹介しました。

ブラウスを着こなすなら、上半身にふんわりボリュームを作ることが大切です。

今回紹介したブラウスアイテムを参考に、骨格ウェーブの特徴を活かしたコーデに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。