骨格ナチュラルはパンツが似合わない?理由とパンツの選び方

骨格ナチュラルはパンツが似合わない?理由とパンツの選び方

骨格ナチュラルの方は、パンツが似合いづらい傾向にあります。

今回は、骨格ナチュラルの方が知っておくべき、パンツの選び方やコーディネートのポイントを紹介します。

骨格ナチュラルのパンツコーデ

骨格ナチュラルのパンツコーデ

骨格ナチュラルにパンツが似合いにくい理由を把握して、パンツをうまくコーディネートに取り入れるようにしましょう。

  • 骨格ナチュラルにパンツが似合いにくい理由
  • がっしり見えないための工夫が必要

骨格ナチュラルにパンツが似合いづらい理由

骨格ナチュラルにパンツが似合いづらい理由は、フレーム感が強い体型だからです。

骨格ナチュラルは、全身の骨・関節が目立ちやすく、ユニセックスな体型が特徴的です。

パンツの素材・デザインによっては、腰・ひざの骨が目立ってしまい、貧相に見えてしまうでしょう。

詳しくは、骨格ナチュラルに似合わない服について解説している記事をご覧ください。

がっしり見えないための工夫が必要

骨格ナチュラルのパンツコーデは、がっしり見えないための工夫が必要です。

似合わない形のパンツを選んでしまうと、骨が目立ち、本来の体型よりもがっしりとした印象になってしまいます。

フレーム感があるスタイリッシュな体型を活かすために、似合うパンツを選びましょう。

骨格ナチュラルにぴったりのパンツの選び方

骨格ナチュラルにぴったりのパンツの選び方

骨格ナチュラルに似合うパンツは主に以下の3つです。

  • ワイドパンツ・ガウチョパンツ
  • ベイカーパンツ
  • ラフなデニム

ワイドパンツ・ガウチョパンツ

骨格ナチュラルには、幅のあるワイドパンツ・ガウチョパンツが似合います。

幅のあるパンツなら、フレーム感のある骨格をカバーしてくれるでしょう。

ワイドパンツ・ガウチョパンツのコーディネート例は、以下の通りです。

トップスオーバーサイズのドルマンTシャツ
ボトムスワイドパンツ・ガウチョパンツ
サンダル
小物カゴバッグ、大きめのバングル・イヤリング
骨格ナチュラルに似合うワイドパンツ・ガウチョパンツのコーディネート例

下半身にボリュームが出ることで、全身のバランスが取りやすくなります。

ベイカーパンツ

素材感のしっかりしたベイカーパンツは、骨格ナチュラルに似合うアイテムです。

元々ワークパンツとしてデザインされているため、生地が厚くしっかりとした印象のアイテムです。

ベイカーパンツに合うコーディネート例は、以下の通りです。

アウターオーバーサイズのシャツ
トップスタンクトップ
ボトムスベイカーパンツ
スニーカー
小物リュックサック、大きめのイヤリング
骨格ナチュラルに似合うベイカーパンツのコーディネート例

タックが入っているため腰回りにゆとりができ、貧相に見えがちなヒップをスタイルよく見せてくれるでしょう。

ラフなデニム

ラフなシルエットのデニムも、骨格ナチュラルによく似合います。

ラフなデニムに合うコーディネートは、次の通りです。

アウターオーバーサイズのトレンチコート
トップスボーダーTシャツ
ボトムスラフなボーイフレンドデニム
ローヒールパンプス
小物トートバッグ
骨格ナチュラルに似合うラフなデニムのコーディネート例

骨格ナチュラルは、中性的な印象の体型が特徴的です。

スタイリッシュな骨格タイプなので、しっかりとボリュームのあるボーイフレンドデニムなど、ユニセックスな着こなしをしましょう。

骨格ナチュラルのパンツコーデのポイント

骨格ナチュラルのパンツコーデのポイント

骨格ナチュラルの方がパンツコーデをする際には、次のポイントを守りましょう。

  • オーバーサイズのトップスと組み合わせる
  • シフォンプリーツ・スキニーは避けて
  • メンズライクに、かっこよく

オーバーサイズのトップスと組み合わせる

骨格ナチュラルの方がパンツを履くときには、トップスにオーバーサイズのアイテムを取り入れましょう。

ゆるっとしたTシャツ・シャツなどのメンズライクなトップスを合わせることで、スタイリッシュで中性的なコーディネートが実現できます。

フレーム感も隠せるため、コンプレックスをおしゃれにカバーできるでしょう。

シフォンプリーツ・スキニーは避けて

骨格ナチュラルの方は、シフォンプリーツの入ったパンツ・スキニーパンツを避けましょう。

やわらかなシフォンプリーツは、骨格ナチュラルの大きな骨・関節が浮き出てしまいます。

スキニーパンツは、腰回りや脚のラインが見えやすく、骨張ったがっしりとした印象を与えてしまうでしょう。

体型を美しく魅せるために、苦手な素材・フォルムのパンツは選ばないのが無難です。

春夏は麻・コットンなどの自然素材、秋冬は暖かみのあるコーデュロイなど、硬さ・厚みのある素材を選びましょう。

メンズライクに、かっこよく

骨格ナチュラルのパンツコーデは、メンズライクにかっこよく着こなすのがポイントです。

ユニセックスなスタイリングを意識することで、フレーム感のある体型をスタイリッシュにカバーできます。

オーバーサイズのデザインで、ローライズ・ロング丈のアイテムを選ぶことで、よりこなれた印象に。

似合いやすいパンツや体型に合ったトップスを選び、マニッシュに仕上げましょう。

まとめ

今回は、骨格ナチュラルにパンツが似合いづらい理由と、パンツ選びのコツを紹介しました。

骨格ナチュラルは、フレーム感の目立ちにくいパンツ選びが重要です。

パンツに合わせて、ユニセックスなかっこよいコーディネートを実現させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。