骨格ストレートはぽっちゃりに見えがち!体型カバーするスタイリング

骨格ストレートは、ぽっちゃりに見えやすい傾向があります。

今回は、骨格ストレートがぽっちゃりに見えないような、スタイリングのポイントをご紹介します。

ぽっちゃりに見えがちな骨格ストレートの体型

ぽっちゃりに見えがちな骨格ストレートの体型

ぽっちゃりに見えやすい、骨格ストレートの特徴を見ていきましょう。

  • 骨格ストレートはぽっちゃりに見えやすい
  • ぽっちゃりな骨格ストレートの特徴

骨格ストレートはぽっちゃりに見えやすい

骨格ストレートは、ぽっちゃりした体型に見えやすい傾向があります。

自分の骨格タイプはわからなくても、何を着てもぽっちゃりとした体型に見えてしまう方は、骨格ストレートである可能性が高いでしょう。

骨格ストレートは、メリハリ・肉感のあるグラマラスな骨格タイプです。

上半身に厚みがある分、身に付けるアイテムによっては、ぽっちゃりとした印象を与えやすい骨格タイプでもあります。

ぽっちゃりに見えがちな骨格ストレートの特徴

ぽっちゃりに見えやすい骨格ストレートには、以下の特徴があります。

ぽっちゃりに見えやすい骨格ストレートの特徴

  • ハリ・弾力のある肌
  • 短めの首
  • 目立ちにくい鎖骨
  • 立体的で厚みがあるバスト・ヒップ
  • くびれが目立ちくい
  • 骨よりも筋肉・脂肪が目立つ

骨格ストレートの体には、全体的に肉感や弾力があり、立体的な印象です。

バスト・ヒップに厚みがある上、くびれも目立ちにくいので、ぽっちゃりと見えがちでしょう。

ぽっちゃりな骨格ストレートに似合うスタイリング

ぽっちゃりな骨格ストレートに似合うスタイリング

ぽっちゃりな骨格ストレートに似合いやすい、スタイリングのコツをご紹介します。

  • ぽっちゃりな骨格ストレートに似合うコーディネート
  • コーディネートは引き算が重要
  • 縦長な Iラインを意識しよう

ぽっちゃりな骨格ストレートに似合うコーディネート

ぽっちゃりが気になる骨格ストレートの方にも、似合うコーディネートの例は以下の通りです。

アウターダブルのテーラードジャケット
トップスTシャツ、ベーシックなシャツ
シンプルなVネックニットをウエストイン
ボトムスストレートのワイドパンツ・チノパン
テーパードパンツ
スリットの入ったIラインスカート
ローファー、パンプス
小物類高級感のあるアクセサリー、小さめのハンドバッグ
ぽっちゃりな骨格ストレートに似合うコーディネートの例

骨格ストレートの方は、立体感・厚みのある体型をうまく活かしたコーディネートが似合います。

テーラードジャケットやストレートラインのボトムスなどを取り入れたシンプル・ベーシックなスタイリングで、体型をすっきりと見せられるでしょう。

コーディネートは引き算が重要

骨格ストレートの方は、コーディネートの「引き算」が重要です。

コーディネートはとにかく引き算をして、シンプルすぎるくらいを意識しましょう。

大きめサイズ・ざっくりとしたニット・フリルやレースのついたアイテムは、避けるのが無難です。

縦長な Iラインを意識しよう

骨格ストレートの方がぽっちゃりと見えないようにするには、縦長なIラインを意識しましょう。

全身や上半身・下半身どちらかにでも、ボリュームのあるコーディネートをしてしまうと、どうしても体型が大きく見えてしまいます。

Iラインを意識してスタイリングすることで、全身を縦長に見せられるでしょう。

ジャストウエストでトップスをインする、下半身の細さを活かしたボトムスを選ぶなどの工夫がおすすめです。

ぽっちゃりな骨格ストレートの注意点

ぽっちゃりな骨格ストレートの注意点

ぽっちゃり体型が気になる骨格ストレートの方は、次のポイントに注意しましょう。

  • デコラティブなアイテムは避ける
  • ボリュームで体型カバーしない

デコラティブなアイテムは避ける

骨格ストレートの方は、デコラティブなアイテムを避けましょう。

上半身に厚みがある骨格ストレートの方が、デコラティブなアイテムを選んでしまうと、余計に体型を大きく見せてしまいます。

骨格ストレートの方が避けるべきアイテムの特徴は、以下の通りです。

骨格ストレートの方が避けるべきアイテムの特徴

  • オーバーサイズ
  • ドロップショルダー
  • フリル・レース
  • フレンチスリーブ
  • パフスリーブ

デコラティブなアイテムを避け、シンプルなアイテムに切り替えるだけでも、体型をすっきりとコンパクトに魅せてくれるでしょう。

ボリュームで体型カバーしない

骨格ストレートの方は、ボリューム感のあるアイテムで体型カバーするのを避けましょう。

体型をカバーしたい方は、どうしてもオーバーサイズやざっくりとした素材のニットなど、ボリューミーなアイテムを着てしまいがちです。

しかし、骨格ストレートの方がボリュームのあるコーディネートをしてしまうと、本来の厚みのある体型がより強調されてしまいます。

骨格ストレートの方はボリュームで体型カバーせず、あえてシンプルなアイテムでIラインを意識したコーディネートにすることで、全身がすっきりとした印象になるでしょう。

まとめ

ぽっちゃりと見えやすい骨格ストレートの方が体型をすっきり見せるためには、シンプルなアイテム選び・縦長なIラインのコーディネートが肝心です。

骨格ストレートが避けるべきアイテム・コーディネートを把握しておき、自分の魅力をより際立たせるスタイリングを実現させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。