骨格診断タイプごとの太り方は?体型カバー方法も紹介!

骨格診断でわかる骨格タイプによって、太り方が異なります。

今回は、骨格タイプごとの太り方の特徴や、ベストな体型カバーの方法をご紹介します。

骨格診断と太り方の関係

骨格診断と太り方の関係

骨格診断でわかる骨格タイプと太り方には、関係があります。

太っても痩せても、その人の生まれ持った骨格タイプが変化することはありません。

骨格タイプによって、体の中で脂肪のつきやすい箇所が異なる上、適切な体型カバーの方法も違います。

自分の骨格タイプの太り方の特徴を把握しておくことで、よりスタイルアップが実現できるでしょう。

骨格タイプごとの太り方の特徴

骨格タイプごとの太り方の特徴

3種類の骨格タイプごとの、太り方の特徴を紹介します。

  • 骨格ストレートの太り方
  • 骨格ウェーブの太り方
  • 骨格ナチュラルの太り方

骨格ストレートの太り方

骨格ストレートの太り方の特徴は、以下の通りです。

太り方のイメージりんご型、皮膚にハリが出やすい
重心の偏り上半身に偏りやすい
脂肪が目立ちやすい箇所ウエスト、太ももの前側、二の腕
骨格ストレートの太り方の特徴

骨格ストレートの方は、太ると上半身を中心に脂肪が付く傾向があります。

重心も上半身に寄りやすく、皮膚にもさらにハリが出て、りんごのような体型に近づくでしょう。

骨格ウェーブの太り方

骨格ウェーブの太り方は、次の特徴があります。

太り方のイメージ洋なし型、ふんわりとした体つき
重心の偏り下半身に偏りやすい
脂肪が目立ちやすい箇所ウエスト・ヒップの下側、太ももの外側、二の腕
骨格ウェーブの太り方の特徴

骨格ウェーブの方は、元々くびれが目立ち、上半身が華奢な体型です。

太ってもくびれや上半身の細さなどが残りやすい一方で、ウエスト・ヒップなど下半身を中心に脂肪がつき、洋なしのように下半身に重心が偏ります。

骨格ナチュラルの太り方

骨格ナチュラルの方は、太ると次の特徴が現れます。

太り方のイメージバナナ型、がっしりとした印象
重心の偏り全身に均等に脂肪がつく
脂肪が目立ちやすい箇所ウエストが寸胴になる
骨格ナチュラルの太り方の特徴

骨格ナチュラルの方は、他の骨格タイプと比較して太りにくい傾向があります。

太っても全身に均等に脂肪がつき、寸胴でがっしりとした印象になるでしょう。

骨格タイプごとの体型カバーの方法

骨格タイプごとの体型カバーの方法

骨格タイプごとに、適切な体型カバーの方法をご紹介します。

  • 骨格ストレートの体型カバーの方法
  • 骨格ウェーブの体型カバーの方法
  • 骨格ナチュラルの体型カバーの方法

骨格ストレートの体型カバーの方法

骨格ストレートの体型カバーの方法は、以下の通りです。

  • 首元の空いたVネックなどのトップス
  • 腰の位置を高く見せるウエストイン
  • 足首の見えるボトムス
  • ジャストサイズ
  • ベーシックなアイテム
  • トラッドスタイル

骨格ストレートは、ジャストサイズでシンプルなアイテムを身につけることで、体型をコンパクトに見せられます。

あえてオーバーサイズやデコラティブなスタイリングはせず、首元・足首・ウエストをすっきりと見せたベーシックなコーディネートを心がけましょう。

骨格ウェーブの体型カバーの方法

骨格ウェーブの体型カバーは、以下の方法がおすすめです。

  • 上半身にボリュームのあるスタイリング
  • フリル・パフスリープのトップス
  • タートルネック
  • ミディ丈のスカート
  • クロップド丈のパンツ
  • シフォン・レースのやわらかな素材

骨格ウェーブは、下半身にボリュームのある体型です。

上半身に重心を持ってくるコーディネートを意識することで、全身のバランスが取れ、スタイルアップが実現できるでしょう。

骨格ナチュラルの体型カバーの方法

骨格ナチュラルの体型カバーの方法は、以下の通りです。

骨格ナチュラルの体型カバーの方法

  • ナチュラルな素材
  • ラフなコーディネート
  • オーバーサイズ
  • メンズライク
  • ジャンパースカート
  • カジュアルなパーカー
  • ロングスカート
  • レイヤードコーデ

骨格ナチュラルは、全身の骨格がしっかりとした、フレーム感のある体型です。

カジュアルな素材・アイテムで、オーバーサイズ気味なラフなコーディネートにすることで、スタイリッシュに体型カバーできます。

まとめ

骨格診断でわかる骨格タイプによって、太り方や体型カバーの方法が異なります。

自分の骨格タイプごとの体型カバー方法を把握しておき、体型の魅力を最大限に引き出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。