骨格ストレートはカーディガンが苦手!?垢抜けるアイテム選びとコーデ

骨格ストレートの低身長に似合うコーディネートは?注意点も解説

骨格 ストレートの方は、カーディガンが似合いにくいと感じる傾向があります。

骨格ストレートに似合うカーディガン選び・コーディネートのコツを把握し、おしゃれに着こなしましょう。

骨格ストレートとカーディガンは相性が悪い

骨格ストレートとカーディガンは相性が悪い

骨格ストレートは、一部のカーディガンと相性がよくない骨格タイプです。

骨格ストレートとカーディガンの相性が悪い理由を見ていきましょう。

  • カーディガンが野暮ったく見えがち
  • カーディガン選びのコツを掴もう

カーディガンが野暮ったく見えがち

骨格ストレートの方がカーディガンを着ると、野暮ったく見えてしまいがちです。

骨格ストレートの上半身は、首が短めでバスト周りに厚みがある傾向があります。

カーディガンの着方によっては首回りが詰まって見えてしまったり、上半身が着太りした印象になってしまうでしょう。

結果として、骨格ストレートの方は、似合わないカーディガンを着ると野暮ったく感じてしまいます。

カーディガン選びのコツを掴もう

骨格ストレートの方がカーディガンを選ぶ際には、コツを掴む必要があります。

骨格ストレートの方でも、カーディガンのサイズ感やデザインの選び方によっては、洗練された着こなしが実現できるでしょう。

カーディガン選びのコツを知り、自分に似合うカーディガンを見つけましょう。

骨格ストレート向け・カーディガンの選び方

骨格ストレート向け・カーディガンの選び方

骨格ストレートの方がカーディガンを選ぶ際に、押さえておきたいポイントをご紹介します。

  • 素材はハイゲージのきれいめ
  • すっきりした首元
  • 着丈はぴったり・ロング丈のジャストサイズを

素材はハイゲージのきれいめ

骨格ストレートの方は、ハイゲージのきれいめなカーディガンを選びましょう。

骨格ストレートは、肉感のあるグラマラスな体型が特徴的です。

ざっくりと編み込まれているカジュアルなローゲージ・ボディラインが出やすいリブニットのカーディガンは、肉感を拾いやすく、着太りして見える可能性があります。

凹凸がなくシンプル・ベーシックなデザインの、きれいめなハイゲージカーディガンを選びましょう。

すっきりした首元

首元がすっきりとしたデザインのカーディガンなら、骨格ストレートの方でも似合います。

骨格ストレートの方は、他の骨格タイプと比較して首が短めな傾向があります。

Vネック・Uネック・ボートネックなど、首回りにもたつきがなく、すっきりとしたデザインのカーディガンを選びましょう。

着丈はぴったり・ロング丈のジャストサイズを選ぼう

骨格ストレートでもカーディガンを着こなすために、着丈はぴったりかロング丈、サイズはジャストのものを選びましょう。

着丈は腰骨あたりまでのぴったりな丈が、膝丈くらいまでのロング丈のどちらかにし、自分の身長に合うものを選びます。

サイズは、他のアイテムと同じくジャストサイズを意識します。

ドルマンスリーブやオーバーサイズのカーディガンは野暮ったい印象になってしまうため、注意が必要です。

カーディガンを使ったコーディネートのコツ

カーディガンを使ったコーディネートのコツ

骨格ストレートの方がカーディガンを使ったコーディネートをする際の、コツをご紹介します。

  • ボタンは閉めずに、羽織るだけ
  • 肩掛けで垢抜けた印象に
  • Iラインを意識

ボタンは閉めずに、羽織るだけ

カーディガンにボタンが付いていても、ボタンは閉めずにさっと羽織りましょう。

骨格ストレートの方は他の骨格タイプと比べて、上半身に厚みや肉感があります。

ボタンをすべて閉めて着てしまうと、グラマラスさが目立ちやすくなってしまうでしょう。

基本的にはボタンは閉めないか、ボタンを閉めて着たい場合には、最低でも上から2つ目までは開けて着るなどの工夫が必要です。

肩掛けで垢抜けた印象に

カーディガンを肩掛けすることで、垢抜けた印象のスタイリングになります。

カーディガンのデザインによっては、肩のラインやバスト・二の腕の肉感が気になる人もいるでしょう。

あえて袖を通さずに肩に掛けるだけでも、洗練された印象とトレンド感が両立でき、垢抜けたコーディネートが実現できます。

Iラインを意識

骨格ストレートの方は、Iラインを意識してカーディガンを選びましょう。

Iラインのシルエットは、骨格ストレートのグラマラスボディをすっきりとした印象に見せ、肉感をカバーしてくれます。

Iラインのロングカーディガンなどを取り入れたスタイリングによって、全身に縦のラインが際立ち、スタイルアップが実現できるでしょう。

まとめ

骨格ストレートは、カーディガンが体型に似合わないと感じる方が多く、取り入れること自体諦めてしまいがちです。

カーディガンが野暮ったく見えないように、以下3点に気をつけてカーディガンを選びましょう。

  • 素材はハイゲージのきれいめ
  • すっきりした首元
  • 着丈はぴったり・ロング丈のジャストサイズを

また、ボタンを開けて羽織ったり、肩掛けするなど垢抜けるための工夫をすると、野暮ったくならずすっきりと着こなせます。

似合うカーディガンのポイントやスタイリングのコツを把握して、お気に入りのカーディガンを活用したコーディネートを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。