骨格ストレートの低身長に似合うコーディネートは?注意点も解説

骨格ストレートの低身長に似合うコーディネートは?注意点も解説

骨格ストレートで低身長の方は、似合うコーディネートが選びにくい傾向があります。

低身長の骨格ストレートさんでも似合いやすい、スタイリングのコツをご紹介します。

低身長な骨格ストレートならではの悩みと工夫

低身長な骨格ストレートならではの悩みと工夫

低身長な骨格ストレートの方が抱きやすい、コーディネートのお悩みを見ていきましょう。

  • ちぐはぐに見えやすい
  • 魅せ方で工夫をしよう

ちぐはぐに見えやすい

低身長の骨格ストレートさんは、似合うコーディネートを選んでも、体型とちぐはぐに見えやすい傾向があります。

骨格診断で骨格ストレートと診断された場合、似合うアイテムの例にはトレンチコート・ジャケット・シャツ・タイトスカート・テーパードパンツなど、きれいめでかっこいいものが多く出てくるでしょう。

似合うアイテムを身につければ都会的で洗練された印象のコーディネートになるはずですが、低めの身長では着こなしが難しく感じてしまうこともあります。

体型とアイテムの印象がマッチせず、違和感のあるコーディネートになってしまうでしょう。

魅せ方で工夫をしよう

低身長の方でもきれいめでかっこいいアイテムを着こなすためには、魅せ方の工夫が必要です。

シルエットやバランスの取り方、アイテム選びの工夫次第で、低身長でも洗練されたおしゃれな印象になります。

魅せ方の工夫を把握して似合うコーディネートを実現し、骨格ストレートならではのスタイリングを楽しみましょう。

シーズン別・低身長向けコーディネート

シーズン別・低身長向けコーディネート

シーズンごとに、低身長の骨格ストレートの方に似合いやすいコーディネートをご紹介します。

  • 春コーディネート
  • 夏コーディネート
  • 秋コーディネート
  • 冬コーディネート

春コーディネート

春におすすめの低身長・骨格ストレートさん向けコーディネートは、以下の通りです。

【低身長・骨格ストレートさん向けの春コーディネート】

アウタートレンチコート、ショート丈のマウンテンパーカー、ベージュのテーラードジャケット
トップスシンプル・さわやかな色味のカットソー、スウェット
ボトムスフレアデニム、ペンシルスカート、ヴィンテージ風の花柄ロング丈ワンピース
パンプス、キャンバス地のスニーカー
小物ハンドバッグ、キャップ
低身長・骨格ストレートの方に似合う春コーディネート

骨格ストレートに似合いやすいトレンチコートやジャケットに合わせて、さわやかな色味のカットソーや花柄のワンピースなどを組み合わせるのがおすすめです。

低身長さんならではのかわいらしい雰囲気を活かして、華やかさのあるコーディネートになるでしょう。

夏コーディネート

薄着の夏でも洗練された印象になる、低身長・骨格ストレートさん向けコーディネートをご紹介します。

【低身長・骨格ストレートさん向けの夏コーディネート】

トップスサマーニットトップス、ジレ、小さめのフリルがついたカットソー
ボトムスウエストに絞りのあるロング丈ワンピース、マーメイドスカート、ストレートパンツ
ヌーディーなカラーのヒールサンダル
小物ハンドバッグ、ミニバッグ、かごバッグ
低身長・骨格ストレートの方に似合う夏コーディネート

Iラインを引き立てるジレやウエスト部分に切り替えのあるワンピースなら、低身長さんでも気軽にスタイルアップできます。

足元はヌーディーな色味を取り入れれば、すらっと脚長効果も期待できるでしょう。

秋コーディネート

秋はアイテムの組み合わせ次第で、低身長でもおしゃれに着こなせます。

【低身長・骨格ストレートさん向けの秋コーディネート】

トップスVネックのブラウス、薄手のニット
ボトムスチェックのペンシルスカート、テーパードパンツ、ストレートスカート
キャンバス地のスニーカー、ヒールパンプス、レザーのブーツ
小物細めのベルト、キャップ、レザーのハンドバッグ
低身長・骨格ストレートの方に似合う秋コーディネート

骨格ストレートの方が得意なペンシルスカート・テーパードパンツで、秋らしいカラーや素材を取り入れましょう。

トップスは、Vネックなどで首元を長く見せることで、低身長でもスタイルアップが実現できます。

冬コーディネート

低身長さんが悩みがちな冬用アウターを含むコーディネートのおすすめは、次の通りです。

【低身長・骨格ストレートさん向けの冬コーディネート】

アウターショート丈のダウンジャケット、チェスターコート、ロング丈のジレ
トップス薄手・Vネックのベーシックなニット
ボトムスロングのタイトスカート、センタープレスパンツ、Aラインのフレアスカート
ショートブーツ、キャンバス地のスニーカー
小物トートバッグ、大人見えするアクセサリー
低身長・骨格ストレートの方に似合う冬コーディネート

冬に欠かせないアウターは、低身長・骨格ストレートさんの場合、ショート丈かロング丈に振り切りましょう。

ダウンジャケットなどボリュームのあるものはショート丈、ジレやチェスターコートならロング丈がおすすめです。

インナーに着るトップス・ボトムスはあまりボリュームを持たせないようにすることで、低身長さんでもバランスが取りやすくなるでしょう。

低身長の骨格ストレートの注意点

低身長の骨格ストレートの注意点

低身長・骨格ストレートさんがコーディネートをするときの、注意点をご紹介します。

  • ジャストサイズ以外は避ける
  • 素材・柄選びは慎重に
  • シンプルでベーシックなアイテムを選ぶ

ジャストサイズ以外は避ける

低身長・骨格ストレートの方は、ジャストサイズ以外のアイテムを着るのは避けましょう。
オーバーサイズのアウターやニットなどのトップスは、上半身の厚みをより強調してしまったり、「服に着られている」印象になりがちです。

ぴったりサイズのアイテムは肉感を拾ってしまい、着太りしてしまう傾向があります。

ファッションアイテムは必ず試着して購入し、自分の体型にジャストサイズのものを選びましょう。

素材・柄選びは慎重に

特に低身長の方は、アイテムの素材・柄は慎重に選びましょう。

低身長・骨格ストレートの方のNGアイテムは、以下の通りです。

【低身長・骨格ストレートの方のNGアイテム】

  • 凹凸のある素材(ケーブル編みニット、ダウンコート)
  • 重たい素材(厚手のコートなど)
  • ホワイト・アイボリーのワンピース
  • ボーダー柄
  • 小花柄

骨格ストレートの中でも特に身長が低めの方は、洋服に着られている印象になってしまいがちです。

ホワイト・アイボリーなどの膨張色や、凹凸・重みのある素材、ボーダー柄・小花柄など幼稚に見えやすいアイテムは避けましょう。

シンプルでベーシックなアイテムを選ぶ

低身長の骨格ストレートの方は、シンプルでベーシックなアイテムを意識的に選びましょう。

身長が低めだと、クセのあるアイテムや着こなしの難易度が高いファッションがどうしても似合いにくい傾向があります。

自分に似合うスタイリングを目指すのであれば、シンプル・ベーシックなアイテムにこだわりましょう。

似合うスタイリングをすることで洗練された大人な雰囲気が出しやすく、ぐっとおしゃれに見えます。

まとめ

低身長の骨格ストレートさんは、似合うコーディネートが見つけにくく、ファッションで悩んでしまいがちです。

骨格ストレートに似合うアイテムの中でも、低身長の方でもかっこよく着こなせるものを組み合わせて、おしゃれなコーディネートを実現させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。