骨格ストレートに似合うスカートは?特徴とおすすめコーデ

骨格ストレートは、メリハリのある体型とグラマラスな印象が特徴的な骨格タイプです。

骨格ストレートに似合うスカートの特徴を把握しておき、おしゃれに着こなしましょう。

骨格ストレートに似合うスカートの特徴

骨格ストレートに似合うスカートの特徴

骨格ストレートに似合う、スカートの特徴を見ていきましょう。

  • 直線的なIライン
  • ひざ上丈で着痩せ効果
  • きれいめ素材のシンプルデザイン

直線的なIライン

骨格ストレートの方には、直線的なIラインシルエットのスカートが似合います。

骨格ストレートは上半身に厚みがあり、下半身はすらっとしたメリハリのある体型が特徴的です。

直線的なIラインのタイトスカート・ストレートスカートを身につけることで、下半身の細さが際立ち、全身がバランスよく見えるでしょう。

ぴたっと細身すぎず、ほどよいジャストサイズのIラインスカートなら、腰回りの肉感を拾いすぎないので、上手にスタイルアップできるでしょう。

ひざ上丈で着痩せ効果

骨格ストレートの方には、ひざ上くらいの丈のスカートがおすすめです。

骨格ストレートは、他の骨格タイプと比較してひざより下に筋肉・脂肪が付きにくく、細い傾向があります。

ひざより少し上の丈のスカートなら、ひざ下のすらっとした脚を見せられます。

細いパーツを魅せるひざ上丈のスカートなら、一段とスタイルアップして見えるでしょう。

きれいめ素材のシンプルデザイン

きれいめな素材のシンプルなデザインのスカートなら、骨格ストレートの方にぴったりです。

骨格ストレートの体型は、上半身を中心にほどよい肉感のある、グラマラスな印象があります。

体がグラマラスな分、身につけるアイテムはきれいめでシンプル・ベーシックなもので十分おしゃれに見えるでしょう。

骨格ストレートが身につけるスカートに選びたい、きれいめな素材の例は以下の通りです。

【骨格ストレートに似合う、きれいめな素材の例】

  • ウール
  • デニム
  • シルク
  • カシミヤ
  • ハイゲージニット

厚みやハリが感じられるきれいめな生地のスカートで、ボディの魅力を引き立てましょう。

詳しくは、骨格ストレートに似合うファッションアイテムの素材・デザインについて解説している記事をご確認ください。

骨格ストレートにおすすめなスカートコーデ

骨格ストレートにおすすめなスカートコーデ

骨格ストレートの方におすすめのスカートを取り入れた、コーディネートの例をご紹介します。

  • タイトスカートコーデ
  • マーメイドスカートコーデ
  • レザースカートコーデ

タイトスカートコーデ

骨格ストレートの方に似合うタイトスカートコーデは、以下の通りです。

【骨格ストレートの方におすすめのタイトスカートコーディネート】

アウターテーラードジャケット、デニムジャケット
トップス薄手のシンプルニット、Vネックのシャツ
ボトムスひざ上丈のストレートスカート、ペンシルスカート
ショートブーツ、スニーカー、パンプス
小物ハンドバッグ、クラッチバッグ
骨格ストレートの方におすすめのタイトスカートコーディネート

骨格ストレートが得意なタイトスカートは、きれいめなオフィスコーデも、カジュアルなアイテムを取り入れたリラックスコーデにも活躍します。

ほどよい上品さときちんとした印象が出るため、大人なスタイリングに仕上がります。

マーメイドスカートコーデ

骨格ストレートさんなら、人気上昇中のマーメイドスカートを取り入れた以下のコーディネートがおすすめです。

【骨格ストレートの方におすすめのタイトスカートコーディネート】

トップスVネックのベーシックなニット・カットソー
ボトムスマキシ丈のマーメイドスカート
ソックスブーツ、細身のショートブーツ、ローファー
小物きれいめなアクセサリー、ハンドバッグ
骨格ストレートの方におすすめのマーメイドスカートコーディネート

マーメイドスカートは、ウエストからヒップにかけてタイトに、すそにかけてふんわりとフレアなデザインが特徴的なアイテムです。

特に、きれいめな素材のマキシ丈マーメイドスカートなら、骨格ストレートの体型の魅力を際立たせてくれるでしょう。

足元は足首の細さが見えるよう、ソックスブーツやローファーなどですっきりと仕上げましょう。

レザースカートコーデ

トレンドのレザースカートは、骨格ストレートの方なら以下のようにコーディネートしてみましょう。

【骨格ストレートの方におすすめのレザースカートコーディネート】

アウターカーディガン
トップスシンプルなきれいめのブラウス
ボトムスレザースカート
ショートブーツ、スニーカー、パンプス
小物ショルダーミニバッグ、柄物のきれいめスカーフ
骨格ストレートの方におすすめのレザースカートコーディネート

合成皮革や本革素材でできたトレンドのレザースカートは、見た目にも上質さ・高級感があり、骨格ストレートに似合いやすいアイテムです。

レザー素材なら重みで広がりにくいので、骨格ストレートが苦手なフレアタイプのスカートもおしゃれに着こなせます。

ボリューミーなアイテムはレザースカートの重厚感とかぶって重たい印象になってしまうため、アウター・トップス・靴・小物は軽やかでシンプルなアイテムを合わせましょう。

骨格ストレートのスカート選びの注意点

骨格ストレートのスカート選びの注意点

骨格ストレートの方がスカートを選ぶ際に知っておきたい、注意点を把握しておきましょう。

  • ボリューミーなフレアスカートは避けよう
  • やわらかな素材は肉感を拾う
  • ミニ丈・ミモレ丈は試着してからが安心

ボリューミーなフレアスカートは避けよう

ボリューム感のあるフレアスカートは、骨格ストレートが苦手なアイテムです。

腰回りから裾にかけて広がりのあるフレアスカートは、骨格ストレートのグラマラスなヒップを目立たせてしまう傾向があります。

できるだけIラインを意識したタイトスカート・ストレートスカートなどで、腰回りをすっきりと見せましょう。

やわらかな素材は肉感を拾う

やわらかな素材のスカートは、骨格ストレートの肉感を拾いやすい傾向があります。

骨格ストレートの方はグラマラスの肉感に負けない、ハリや厚みのある上質な素材がよく似合います。

一方で、やわらかな素材のスカートは肉感を余計に目立たせてしまうため、避けるのが無難です。

【骨格ストレートが避けるべき、やわらかな素材の例】

  • サテン
  • チュール
  • シフォン
  • 薄手のレース

レースのタイトスカートを身につける際には、できるだけ厚手の素材で裏地がしっかりとしたものを選ぶなど、アイテム選びを工夫しましょう。

体型が気になる場合は、骨格ストレートがぽっちゃり体型をカバーする方法を解説している記事をご確認ください。

ミニ丈・ミモレ丈は試着してからが安心

骨格ストレートの方がミニ丈・ミモレ丈のスカートを購入する際には、必ず試着してからにしましょう。

骨格ストレートは、腰回りから太ももにかけて肉感が強く、太ももの前側が目立つ傾向があります。

ミニ丈のスカートは太ももの張りが目立ちやすく、アイテムによっては太って見えてしまう可能性があるでしょう。

ミモレ丈のスカートは、個々人のひざ下の形・太さとスカートの丈の違いによって、似合うアイテム・似合わないアイテムがあります。

ミニ丈・ミモレ丈のスカートを選ぶ際には必ず試着し、自分の体型に合うアイテムを選びましょう。

まとめ

グラマラスな体型が特徴的な骨格ストレートの方は、直線的できれいめな素材・デザインのスカートがよく似合います。

購入の際には試着し、自分の体型が美しく見えるアイテムかどうかを見極めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。