骨格ナチュラルに似合うノースリーブの選び方とおすすめスタイル

骨格ナチュラルに似合うノースリーブの選び方&おすすめスタイル

夏に大活躍するノースリーブですが、骨格ナチュラルの方は、肩幅が広く見えてしまう場合があります。

ノースリーブを着こなすなら、骨格タイプに似合うスタイリングを知ることが大切です。

骨格ナチュラルの方に似合うノースリーブの選び方や、おすすめスタイリングを紹介します。

骨格ナチュラルとは

骨格ナチュラルに似合うノースリーブの選び方&おすすめスタイル

骨格ナチュラルの特徴は、首や鎖骨、肩幅といった全身の関節が大きいことです。

肩が出るノースリーブタイプの服を着るうえで、以下の特徴があります。

  • 首まわりの関節や骨感が目立つ
  • 肩幅が広く見えやすい
  • 手足が大きい

関節が大きく、フレーム感が目立つ分、脂肪や筋肉はつきにくい体質が特徴です。

他の骨格タイプと比較して、直線的な体型が特徴であるため、スラリとした印象に見えます。

【骨格ナチュラル】ノースリーブが似合わない理由

骨格ナチュラルに似合うノースリーブの選び方&おすすめスタイル

骨格ナチュラルの方は、ノースリーブが似合わないといわれています。

首まわりや肩の関節が大きいため、上半身がたくましく見えてしまうことが理由です。

まずは、骨格ナチュラルの方に似合わないノースリーブの特徴について紹介します。

  • 肩幅が強調されるデザイン
  • サイズがぴったりしている

肩幅が強調されるデザイン

骨格ナチュラルの方は、フレーム感があり、肩幅が広く見えやすい体型が特徴です。

ノースリーブは肩を大きく露出するため、デザインによっては、肩幅が強調されてしまいます。

例えば、肩部分が細いノースリーブは、肩幅ががっしり見えてしまうため、避けた方がいいでしょう。

華奢に見せるなら、肩幅をできるだけカバーできるデザインがおすすめです。

サイズがぴったりしている

骨格ナチュラルの方は、ぴったりサイズの服が似合わないといわれています。

骨感が出やすいため、上半身ががっしりした体型に見えてしまうことが理由です。

ノースリーブも同様に、体のラインが出るシルエットを選ぶと、フレーム感が目立ってしまいます。

また肌にぴったりつきやすいサテンや、シルクの素材も避けた方がいいでしょう。

【骨格ナチュラル】ノースリーブの選び方

【骨格ナチュラル】ノースリーブの選び方

ノースリーブのデザインによっては、骨格ナチュラルの方でもコーデに活用できます。

ノースリーブをおしゃれに着こなすなら、骨格ナチュラルに似合うデザインを選ぶことが重要です。

骨格ナチュラルの方に似合うノースリーブの選び方を紹介します。

  • 肩部分が太いデザインを選ぶ
  • サイズはゆったり感が大切
  • 重ね着でチラ見せする

肩部分が太いデザインを選ぶ

肩部分は、ストラップが太いデザインを選びましょう。

ノースリーブといえば、肩部分にフリルやレースのあるデザインが人気です。

しかし、骨格ナチュラルの方は、肩幅が強調されてしまい、がっしりとした体型に見えてしまう可能性があります。

大きな装飾はなるべく避けて、ギャザーやタックの控えめな装飾を選びましょう。

左右でストラップのデザインが異なるアシンメトリーは、肩に集まりやすい視線を分散できます。

また肩部分と同様に、首元や鎖骨も目立ちすぎないデザインがおすすめです。

ハイネックや、スタンドカラーを選び、デコルテ部分の骨感をしっかりカバーしましょう。

サイズはゆったり感が大切

ノースリーブのサイズは、少しゆとりのある大きさがおすすめです。

ロング丈のデザインを選ぶと、骨格ナチュラルの方に似合うカジュアルスタイルを作れます。

ノースリーブをゆったり着るなら、カジュアル感を出しやすいナチュラル素材がぴったりです。

骨格ナチュラルに似合う素材を取り入れて、ノースリーブをさらりと着こなしましょう。

【おすすめの素材】

  • 綿
  • デニム
  • ウール

重ね着でチラ見せする

春秋コーデの場合は、重ね着でチラ見せするスタイルが似合います。

ハイネックノースリーブのうえから、ビッグシルエットシャツをゆったり羽織りましょう。

肩の肌が少し見えるようにシャツを着崩すと、大人っぽい印象に見えます。

骨格ナチュラルの方にぴったりのラフ感を出して、メンズライクな印象にまとめましょう。

【骨格ナチュラル】ノースリーブの華奢見えコーデ

【骨格ナチュラル】ノースリーブの華奢見えコーデ

ノースリーブは、そのまま着る以外にも、さまざまなアイテムに組み合わせできます。

骨格ナチュラルの方に似合うノースリーブの華奢見えコーデをまとめました。

  • ノースリーブ×レイヤード
  • ノースリーブ×ワイドパンツ
  • ノースリーブ×ワンピース

ノースリーブ×レイヤード

ノースリーブは、そのまま着るだけではなく、レイヤードスタイルとしても活用できます。

レイヤードスタイルを取り入れるなら、以下アイテムを使用したコーデがおすすめです。

アウタートレンチコート
トップスニットベスト、スタンドカラーノースリーブ、ビッグシャツ
ボトムスタックパンツ、ジャンパースカート
小物キャンバストート、スニーカー

レイヤードスタイルの定番は、ビッグシルエットシャツのうえから、ニットベストを合わせるスタイルです。

シャツはホワイトカラー、ニットベストはグレーやネイビーを合わせると、メリハリのあるシルエットが作れるでしょう。

またスタンドカラーノースリーブのうえから、ジャンパースカートを重ね着するコーデも人気です。

骨格フレームががっしり見えないよう、肩部分は特にレイヤードスタイルでカバーしましょう。

ノースリーブ×ワイドパンツ

骨格ナチュラルの方は、トップスだけではなく、ボトムスもゆったり裾の広がるデザインがおすすめです。

ノースリーブ×パンツコーデに挑戦するなら、以下のアイテムを取り入れましょう。

アウターノーカラーコート
トップスノースリーブニット
ボトムスニットワイドパンツ
小物ショルダーバッグ、ショートブーツ、チェック柄マフラー

ウール素材のノースリーブに、ニットワイドパンツを合わせたセットアップコーデです。

ニットのセットアップは統一感を出しやすく、シンプルのなかにも女性らしい印象があります。

透け感が出にくいウール素材を選び、肩部分がゆったり見えるシルエットを作りましょう。

ノースリーブ×ワンピース

骨格ナチュラルの方は、ノースリーブのワンピースも似合います。

以下のアイテムを合わせて、ラフな雰囲気にまとめましょう。

アウタードルマンスリーブカーディガン
トップスギャザーワンピース、フレアワンピース
小物ハンドバッグ、バレエシューズ、スニーカー

ワンピースは、全身の骨格をカバーできるギャザータイプや、フレアタイプがおすすめです。

ドルマンスリーブのカーディガンをうえに合わせると、柔らかいシルエットが作りやすくなります。

暑い夏の日は、カーディガンを肩にかけて、首まわりの骨感もカバーするのがおすすめです。

カーディガンの合わせ方によって、異なる雰囲気を楽しめるため、その日の気分で変えてもいいでしょう。

まとめ

骨格ナチュラルの方がノースリーブを取り入れる際は、首まわりや肩幅を出さないことが大切です。

ストラップが太いデザインを選び、首まわりはハイネックで骨っぽさをカバーしましょう。

ノースリーブは、そのまま着る以外にも、さまざまなアイテムと組み合わせるレイヤードもあります。

今回紹介したコーデを参考に、ノースリーブを程よくチラ見せして、大人カジュアルな印象にまとめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。