【骨格ウェーブ】似合う服は?選び方とおすすめアイテム

【骨格ウェーブ】似合う服は?選び方とおすすめアイテム

骨格ウェーブは、上半身が華奢で下半身にボリュームのあるシルエットが特徴。

今回は、骨格ウェーブの方に似合うファッションをご紹介します。

ご自身の骨格タイプの特徴を理解することでファッションの選択肢に広がりが生まれたり、体型の魅力を引き出しやすくなりますよ。

骨格ウェーブとは?

骨格ウェーブとは?

骨格ウェーブとは、その人が生まれ持った骨・筋肉・脂肪・皮膚のつき方から体型の特徴・傾向を、3つの骨格タイプで診断する”骨格診断”で判断される骨格タイプのひとつです。

骨格ウェーブは、やわらかな曲線を描くような華奢ボディの持ち主です。

【骨格ウェーブの特徴】

  • 首が短めで鎖骨が目立ちにくい
  • 胸元が厚めでハリ感がある
  • ウエスト位置が高い(バストトップとおへそが近い)
  • 肌質もスフレはフワッとした質感でフェミニンな印象

体型の特徴的に下半身に重心があるため、お洋服を着用した際に胴長に見えやすい方は骨格ウェーブタイプの可能性が高いですよ。

詳しくは、骨格ウェーブの特徴や見分け方について解説している記事をご覧ください。

骨格ウェーブに似合う服とは

骨格ウェーブに似合う服とは

ここでは骨格ウェーブタイプの方に似合う服の特徴を下記項目別にご紹介します。

  •  トップス
  •  ボトムス

トップス

まずはコーディネートの要となるトップスを選ぶ際のポイントをご紹介します。ぜひ今後のアイテム選びの参考にしてください。

サイズ

胸板が薄く、二の腕も細い骨格ウェーブタイプの方は自分の身体に対して、タイトめでコンパクトなサイズ感がよく似合います。

身体にフィットするリブニットやノースリーブトップスは骨格ウェーブタイプの方の得意アイテムです。

逆に、オーバーサイズやゆるっとしたサイズ感のアイテムを着ると、幼く見えたり、服に着られているように見えたりするため注意してくださいね。

素材

また、素材感も上半身のシルエットの見え方が変わる重要なポイントとなります。

骨格ウェーブタイプのソフトな肌質に馴染む、薄くて柔らかいふんわりした素材を選ぶと可憐な印象を引き立て、上半身の薄さもカバーしてくれます。

具体的にはモヘアやアンゴラ、シフォン、とろみ素材などがおすすめ。
身体の華奢さを引き立てたい方には前文でも記載したリブニットのような身体にフィットする素材も似合います。

その他エナメルやベロアなど光沢感のある素材やツイードなど、他の骨格の方には着こなせない華やかな素材の服も上手に着こなせますよ。

反対に、硬くて厚みのある素材は苦手です。
例えばレザーやリネン素材のような服自体の形が決まっているような服を選んでしまうと、服に着られているように見えてしまうため避けましょう。

首元・袖元

【首元】
さまざまな形状のあるトップス選びの際には首元や袖元の形をチェックすることもおすすめです。

上半身の華奢な骨格ウェーブタイプは華奢な首や鎖骨をきれいに見せるネックラインが得意です。

具体的には、ラウンドネック、スクエアネック、ボートネック、オフタートルネック、オフショルダーなどがおすすめです。また、首元にフリルやレース、リボン、ボウタイといった飾りのついたアイテムも骨格ウェーブタイプだからこそ着こなせるアイテム。

反対に、上半身の華奢さが強調されるようなネックデザインは避けましょう。

例えば、開きが深いVネックはデコルテや胸元が目立ち、貧相に見えます。
ハイネックは長い首が強調されてしまい、バストトップの低さが目立つなど、骨格ウェーブタイプとあまり相性がよくないため避けた方が良いでしょう。

【袖元】

骨格ウェーブタイプの袖選びは、華奢な二の腕をふわっとカバーしてくれるシルエットが重要です。特にフレンチスリーブやパフスリーブ、バルーンスリーブなどがおすすめ。

逆にTシャツなどは、短めの袖丈にすると細い腕がよりきれいに見えますよ。

ボトムス

トップスが決まったら次はボトムスです。

下半身にボリュームのある骨格ウェーブタイプの方には、女の子の永遠の課題でもある、スタイルアップを重視したボトムス選びのポイントをご紹介します。

シルエット

骨格ウェーブタイプの得意なシルエットはウエストのくびれが活かされるもの。

例えばスカートでは、タイト、台形、フレア、プリーツ、ティアードなど裾に向かって広がっているシルエットがおすすめ。

特に腰から広がるフレアスカートは、腰位置が高く見える効果があり、骨格ウェーブタイプと相性が抜群です。
特に以下のような工夫をすると、スタイルアップします。

  • 足首が隠れてしまうマキシ丈は避ける
  • ヒールで足元に空間を作る
  • 首元にストールを巻いて目線を上げる

パンツは、ショート、クロップド、スリム、ガウチョ(特にスカーチョに見えるもの)など、足首が隠れるデザインかつ、下半身が重たく見えないデザインがおすすめです。

一方で、ダボっとしたゆったりシルエットなカーゴパンツやワイドパンツは下半身に重みを足し、着太りして見えてしまうためNG。

ストレートのパンツやスカートに関しては重くなりすぎない薄手の素材なら骨格ウェーブタイプでも着こなすことができるため、チャレンジしてみてください。

デザイン

デザインに関しては、デザイン性の高い、リボンやフリル、ギャザーなどを施したアイテムが似合います。華奢な上半身が寂しくならないように、装飾があるものを身につけると華やかな雰囲気が出せますよ。

柄を取り入れたい場合は、花柄やドット、チェックやペイズリーなど小さめの柄が似合います。
大きめの柄は下半身のボリュームを際立たせてしまうため注意してください。

また反対に、シンプルすぎるものも地味に見えたり、子どもっぽく見えてしまうため、シンプルなボトムスを着用する際はアクセサリーやストールを身につけて華やかさをプラスしてください。

素材

トップス同様にふんわりとした柔らかさのある素材がおすすめ。春夏はコットン、シフォン、ファンシーツイード、秋冬はアンゴラ、モヘア、スウェード、ハラコなどの素材のボトムスを選びましょう。
ニットなどストレッチの効いた素材も、骨格ウェーブの体型と相性が良いです。

反対に革やデニムなどのかための素材はNGです。

デニムを履きたいときはストレッチの効いた薄めの生地を選んでください。革や、特に今期トレンドのデニムに関しては小物で取り入れてみてはいかがでしょうか。

ウエスト位置

骨格ウェーブタイプにおすすめのウエスト位置は断然ハイウエスト!

自慢のくびれが強調され、脚長効果に繋がりますよ。一方で腰ではくローライズタイプは脚が短く見えてしまうため注意してください。

シルエット部分で少し触れていますが、下半身の肉付きが良いタイプのため、膝が隠れる膝下丈や細い足首を見せるミモレ丈がおすすめです。
ミモレ丈は下重心にならない程度の長さのものを選んでくださいね。

避けたい丈としてはひざ上丈とマキシ丈。
脚が短く見えてしまったり、下半身が重く見えてしまうためNGです。

骨格ストレートの着こなし例

骨格ストレートの着こなし例

ここではシーン別に着こなし例をご紹介します。

  • オフィスカジュアルコーデ
  • リゾートデートコーデ
  • 都会デートコーデ

オフィスカジュアルコーデ

オフィスで動きやすさはありつつも、急な商談などに対応するきちんと感は欲しいですよね。

骨格ウェーブタイプの方は首元にリボンなどの装飾があるトップスと得意のハイウエストで”できる女”を演出してみてください。

ヒールのある靴で足首を見せるとスタイルアップも目指せますよ。

リゾートデートコーデ

これからの季節、リゾート感のある場所に行って夏を感じたいですよね。

青い空や海に映える柄ものや、白いブラウスで写真映えも狙って見て下さい。

骨格ウェーブタイプの方は帽子やツヤ感のある鞄などで小物で華やかさをプラスするとオシャレ度がアップしますよ。

都会デートコーデ

ファッションモールなど都会のショッピングにぴったりのコーデ。

女性らしい可愛さも出しながら小物で上品さをプラスすると彼も惚れ直すかも?

都会に溶け込む華やかなカラーのトップスなどを持ってきても洗練された感じがでますよ。

骨格ウェーブに似合うおすすめの服

骨格ウェーブに似合うおすすめの服6選

ここでは骨格ウェーブタイプの方に似合うおすすめの服を下記項目別にご紹介します。

  • トップス
  • ボトムス
  • ワンピース
  • 靴・小物

トップス

ボトムス

ワンピース

靴・小物

まとめ

骨格ウェーブタイプは上半身が華奢で下半身にボリュームのある骨格です。

華奢な上半身や自慢のくびれを活かすことで簡単にスタイルアップのできる骨格のため、ポイントさえ抑えれば自分の身体が好きになり、ファッションが楽しくなるでしょう♪

毛足の長い素材やツイードなどの可愛い素材、細かい柄が得意なため女性らしい可愛らしいファッションを楽しんで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。