顔タイプ診断の種類は?8つの顔タイプを徹底解説

顔タイプ診断の種類は?8つの顔タイプを徹底解説

顔タイプ診断は、自分に似合うファッションを探している方に人気の診断方法。

顔タイプの特徴によって、似合うファッションや髪型を分析する方法が一般的です。

8種類ある顔タイプですが、それぞれどのような違いがあるのか詳しく解説します 

顔タイプ診断とは

顔タイプ診断とは、フェイスラインの形やパーツの位置を参考に、似合うテイストを見つける診断です。

似合う服の条件は以下4つですが、顔の特徴によって、似合うファッションは異なります。

  • テイスト
  • 素材

顔タイプ診断では、似合う服のテイスト、素材、形の3つを分析できる点が魅力です。

自分の顔タイプに合うファッションを分析して、より垢抜けた印象を手に入れましょう。 

顔タイプ診断のポイント

顔タイプ診断は、今まで知らなかった自分の魅力に気付ける機会を与えます。

しかし、顔タイプ診断はあくまでも「似合うファッションの軸」を探すことが大切です。

顔タイプ診断をおこなううえで、大切なポイントを紹介します。  

  • 似合う服の場合
  • 似合わない服の場合

似合う服の場合

普段着ている服や、好みのテイストが顔タイプと一致している場合、積極的にファッションに取り入れましょう。

第三者目線から見た似合う服とは、外見とファッションの印象が一致していることです。

外見は顔の印象が大きく占めているため、まずは自分の顔の特徴を客観的に理解しましょう。

自分の外見、つまり顔の印象と一致しているファッションや髪型を取り入れると、より垢抜けた印象となります。  

似合わない服の場合

普段着ている服や、好みのテイストが顔タイプと一致していない場合、ファッション全体を変える必要はありません。

顔タイプ診断では、自分に似合う・似合わない軸を客観的に知ることが大切です。

似合わない服に挑戦するなら、似合う服を組み合わせて、バランスを調節しましょう。

例えば、顔タイプに似合わないトップスは、似合うボトムスや小物を合わせて、バランスよく見せるのがポイントです。

似合うファッションと、理想の姿が別であれば、イメージの差を明確にしましょう。

理想を叶えるうえで、足りない部分を明確にすると、自分が目指す理想の姿に近づけます。

【大人顔】顔タイプの種類

顔タイプの種類は、大人顔と子供顔に分けて、全部で8種類あります。

大人顔に分類される4つの顔タイプを紹介します。

  • クール
  • エレガント
  • ソフトエレガント
  • フェミニン

クール

クールの顔タイプは、大人っぽく、エレガントな印象です。

しかし、顔のパーツがしっかりしているため、きつく見えてしまう可能性があります。  

顔の特徴面長、顔の縦ラインが長め、ベース型の輪郭、骨感のある輪郭
顔の印象クール、大人っぽい、きつく見える場合もある 
似合うテイストIラインシルエット、シンプル、エレガント
似合わないテイストフェミニン、ガーリー、花柄  

クールに似合うテイストを取り入れるなら、直線的なIラインを意識することが大切です。

ふんわり女性らしいテイストよりも、シンプルなシャツをさらっと羽織るスタイルが似合います。

華やかに見せるなら、Iラインのシンプルな黒ワンピースを合わせて、クールな印象にまとめましょう。 

柄物は、ガーリーな花柄ではなく、大人っぽいストライプがおすすめです。 

エレガント

エレガントは、大人っぽく、華やかに見えます。

直線と曲線、どちらも合わせ持った輪郭やパーツが特徴で、存在感のある顔立ちが魅力です。

顔の特徴顔の縦ラインが長い、直線と曲線の合わさった輪郭、目が大きい
顔の印象大人っぽい、華やか、存在感がある
似合うテイストエレガント、きれいめ、華やかな柄物
似合わないテイストカジュアル

エレガントの顔タイプは、華やかな顔立ちであるため、シンプルすぎるファッションはあまり似合いません。

ファッションも同様に、華やかさをプラスすると、より垢抜けた印象となります。   

大きい柄物のファッションアイテムや、耳元にアクセサリーを取り入れて、華やかな雰囲気にまとめましょう。        

ソフトエレガント

ソフトエレガントの顔タイプは、エレガントよりシンプルな顔立ちが特徴です。

顔の輪郭やパーツはエレガントと同じですが、目の特徴が大きく異なります。

顔の特徴顔の縦ラインが長い、直線と曲線の合わさった輪郭、目は小さめから普通まで
顔の印象真面目に見える、落ち着いている
似合うテイスト大人シンプル、上品、無地のデザイン
似合わないテイストカジュアル、派手な柄物

ソフトエレガントの顔タイプは、大人シンプルなデザインが似合います。

派手な柄物は避けて、無地のデザインを取り入れるのがおすすめです。

女性らしいシルエットのワンピースやスカートを選ぶと、シンプルでも華やかに見えます。

柄物を取り入れる場合は、目立たない小さめのデザインを選びましょう。  

フェミニン

フェミニンの顔タイプは、女性らしい顔立ちが特徴です。

大人っぽく、華やかに見える一方で、顔立ちが派手に見えてしまう場合もあります。

顔の特徴卵型、面長、顔の輪郭やパーツに丸みがある
顔の印象華やか、大人っぽい、派手に見える場合もある
似合うテイスト大人フェミニン、エレガント、女性らしい曲線シルエット
似合わないテイストカジュアルすぎるデザイン、小さめの柄物

フェミニンの顔タイプは、女性らしい曲線を意識することが大切です。

フリルやレースのデザインを取り入れると、より華やかな印象に見えます。     

【子供顔】顔タイプの種類

子供顔は、大人顔と比較して、年齢より若く見える印象が特徴です。

子供顔に分類される4つの顔タイプを紹介します。

  • フレッシュ
  • クールカジュアル
  • キュート
  • アクティブキュート    

フレッシュ

フレッシュの顔タイプは、平面的な輪郭やパーツが特徴です。

目は小さめから普通の大きさで、ナチュラルな印象があります。

顔の特徴丸顔、ベース型、顔の横ラインが長い
顔の印象爽やか、若々しい、地味に見えてしまう場合もある
似合うテイストカジュアル、シンプルな柄物
似合わないテイスト派手な柄物、きれいめ

フレッシュの顔タイプは、派手な柄物を合わせると、顔が負けてしまう可能性があります。

シンプルな無地のトップスを選び、大人カジュアルにまとめましょう。

柄物を取り入れる場合は、ボーダーやストライプ、小さめの花柄が似合います。 

クールカジュアル

顔の特徴平面的、骨感のある輪郭、直線的なパーツ
顔の印象若々しい、クール、ボーイッシュ
似合うテイストカジュアル、 Iラインシルエット、メンズライク
似合わないテイストフェミニン、上品

クールカジュアルは、Iラインシルエットを意識しましょう。

オーバーサイズのトップスを合わせると、メリハリのあるコーデが作れます。

小物はスニーカーやギャップを選んで、大人カジュアルスタイルにまとめましょう。 

キュート

キュートは、丸みのあるフェイスラインが特徴です。

可愛らしい印象ですが、年齢より幼く見えてしまう場合があるでしょう。

顔の特徴平面的、丸顔、丸みがある 
顔の印象若々しい、キュート、親しみがある
似合うテイストAラインシルエット、カジュアル、小さめの柄物
似合わないテイストエレガント、Iラインシルエット

キュートは、Aラインシルエットを活かしたファッションがおすすめです。

ボトムスはふんわりシルエットを選び、大人キュートな印象にまとめましょう。

パンツスタイルの足元は、バレエシューズやパンプスを取り入れると、程よいカジュアル感が作れます。  

アクティブキュート

アクティブキュートは、キュートと比較して、存在感のある顔立ちが特徴です。

はっきりとした顔立ちであるため、華やかなテイストが似合います。

顔の特徴平面的、丸顔、丸みがある、目が大きい
顔の印象若々しい、明るい、キュート
似合うテイストカジュアル、曲線シルエット、華やかな色・デザイン
似合わないテイストふんわりシルエット、小さめの柄物

アクティブキュートは、顔立ちに合わせて、はっきりした明るい色を取り入れましょう。

デザインも同様に、華やかな柄物を取り入れると、顔周りがより明るく見えます。  

まとめ

顔タイプ診断では、フェイスラインやパーツを元に、8種類の顔タイプに分類します。

顔タイプの種類によって、似合うファッションは大きく異なる点が特徴です。

自分の顔タイプを知ったうえで、似合うファッションを探してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。