骨格ウェーブはパンツとの相性が悪い?似合うパンツスタイルの選び方

骨格ウェーブはパンツとの相性が悪い?似合うパンツスタイルの選び方

骨格ウェーブは、パンツの選び方によって、コーデ全体のバランスが悪く見えてしまいます。

パンツスタイルに挑戦するなら、骨格の特徴を知ったうえで、似合うパンツを選びましょう。

骨格ウェーブに似合うパンツスタイルの選び方を紹介します。

骨格ウェーブの特徴

骨格ウェーブは、以下の特徴があります。

  • 体の重心は下向き  
  • 上半身は薄いシルエット
  • バストからヒップまでの位置が低い 
  • 下半身は膝下がふっくらしている 
  • 肌質は柔らかい
  • 筋肉感はあまりない

骨格ウェーブは上半身が薄く、下半身は膝下のふっくらとしたスタイルが特徴です。

全体的に華奢な印象があり、女性らしい柔らかい曲線を描いたシルエットが魅力といえます。

骨格ウェーブ×パンツは相性が悪い?

骨格ウェーブは、パンツスタイルとの相性が悪いといわれています。

下半身に重心があるため、全身のバランスが悪く見えてしまうと考える方もいるでしょう。

パンツスタイルに挑戦するなら、骨格ウェーブの特徴を活かせるアイテムがおすすめです。

骨格ウェーブがパンツスタイルを着こなす方法を紹介します。

  • 重心を上に見せることが大切
  • 足のラインをしっかり見せる
  • お尻まわりをカバーする

重心を上に見せることが大切

骨格ウェーブは、体の重心を上に見せることが大切です。

上半身が薄いため、下半身に重心を落としてしまうと、全身のバランスが悪く見えます。

全身のバランスが崩れるだけではなく、服に着られている印象を与えてしまうでしょう。

重心が下向きのワイドパンツや、ローウエストは、骨格ナチュラルの苦手アイテムであるため、避けるのがおすすめです。

重心を上に作るなら、ウエストを高い位置に見せるハイウエストを選びましょう。

上半身にボリュームを作り、下半身は軽い印象に見せると、全体のバランスが綺麗に見えます。

足のラインをしっかり見せる

骨格ウェーブは、足のラインをしっかり見せることが大切です。

足首が見える丈感を選び、下半身に程よい抜け感を作りましょう。

アンクル丈からクロップド丈を選ぶと、足首をチラ見せできます。

裾にスリットの入っているパンツも同様に、足首がスッキリ見えるため、取り入れるのがおすすめです。

反対に、ロング丈は、重心が下に重く見えるため、なるべく選ばない方がいいでしょう。

お尻まわりをカバーする

骨格ウェーブは、お尻まわりに肉感のある体型です。

お尻まわりにボリュームがあるため、細身のパンツを着ることに抵抗がある方もいるでしょう。

お尻まわりをカバーするなら、テーパードパンツや、センタープレスパンツがおすすめです。

腰まわりがゆったりしているため、ふっくらとしたお尻が目立ちにくくなります。

どうしても気になる場合は、長めのトップスを合わせて、お尻まわりをカバーする方法もおすすめです。

【骨格ウェーブ】パンツ選びのポイント

骨格ウェーブは、華奢な上半身に合わせて、下半身をスッキリ見せることが大切です。

骨格ウェーブのパンツ選びのポイントを紹介します。

  • ぴったりシルエット
  • 軽くふんわりとした素材
  • 華やかなデザイン・装飾

ぴったりシルエット

パンツコーデは、ぴったりシルエットを意識することが大切です。

ワイドパンツのように足のラインを隠してしまうと、貧相な印象に見えます。

足のラインを出すスタイルの方が細見えするため、ぴったりシルエットのパンツがおすすめです。

スキニーパンツなら、ぴったりシルエットで、足のラインを綺麗に見せてくれます。

膝から下のボリュームが気になる場合は、膝下から広がるデザインのパンツを選びましょう。

ブーツカットや、フレアタイプのパンツを選ぶと、膝下のボリュームをカバーできます。 

軽くふんわりとした素材

骨格ウェーブは、軽くふんわりとした素材が得意です。

風がなびく度に動くような素材を合わせると、より下半身がスッキリとして見えます。

柔らかいシフォン素材なら、下半身に集まりやすい視線を外せるため、苦手なワイドパンツも着こなせるでしょう。

暑い夏の季節は、チュールやシアーといった透け感のある素材もおすすめです。 

ショートパンツ丈と合わせて、骨格ウェーブのほっそりとした太ももラインを活かしましょう。

華やかなデザイン・装飾

コーデ全体のバランスを綺麗に見せるなら、華やかなデザインや装飾を選ぶのがおすすめです。

フリルやレースのデザインを選ぶと、一気に垢抜けた印象に見えます。

華やかな装飾を取り入れるなら、フェミニンなテイストを意識することが大切です。

裾にフリルのあるデザインや、プリーツデザインを選び、女性らしい雰囲気にまとめましょう。

【骨格ウェーブ】おすすめパンツコーデ

骨格ウェーブは、下半身をふんわり軽く見せるコーデがおすすめです。

上半身にボリュームを作り、下半身は華奢に見せましょう。

骨格ウェーブにおすすめのパンツコーデを紹介します。

  • スキニーパンツコーデ
  • テーパードパンツコーデ
  • プリーツパンツコーデ

スキニーパンツコーデ

スキニーパンツコーデは、上半身にボリュームを作るのがおすすめです。

下半身はシンプルにまとめて、スッキリ見せましょう。

アウタービジューカーディガン
トップスフリルブラウス
小物バレエシューズ、ハンドバッグ

トップスはフリルブラウスを選ぶと、華やかな雰囲気にまとまります。

アウターの代わりに、ビジューカーディガンを合わせて、大人フェミニンなコーデを作りましょう。

上半身にボリュームがあるため、足元はシンプルなバレエシューズで調整するのがポイントです。

テーパードパンツコーデ

テーパードパンツコーデは、カジュアルからきれいめまで、どのコーデにも合わせやすいアイテムです。

とはいえ、シンプルすぎるコーデは寂しい印象に見えるため、トップスはデザイン性の高いアイテムを選びましょう。

アウターノーカラーコート
トップスシフォンブラウス
小物きれいめパンプス、トートバッグ

テーパードパンツは、腰まわりがゆったりしているため、お尻まわりが気になる人にぴったりです。

また裾に向かってキュッと細くなるデザインで、膝下のボリュームが目立ちにくくなります。

トップスは柔らかいシフォンブラウスを選び、女性らしいふんわり感を演出しましょう。

プリーツパンツコーデ

プリーツパンツコーデは、下半身に動きが出るため、スッキリして見えます。

縦ラインのデザインで、脚長効果が期待できる点も魅力です。

アウタームートンコート
トップスレースニット
小物スリッポン、ショルダーバッグ

トップスは、袖にレースの装飾がついたニットを選び、上品な印象にまとめましょう。

足元はスリッポンを合わせると、程よい抜け感を出せます。

まとめ

骨格ウェーブは、パンツの選び方によって、下半身がスッキリして見えます。

足のラインが出やすい丈感で、骨格ウェーブの華奢シルエットを活かせるアイテムを選ぶことが大切です。

今回紹介したパンツ選びを参考に、パンツスタイルで細見えを狙ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。