骨格ストレートにおすすめのトップスは?選び方のコツやコーデを紹介

骨格ストレートにおすすめのトップスは?選び方のコツやコーデを紹介

骨格ストレートは、トップスの種類によって、ふっくらした印象に見えてしまいます。

細見えするなら、骨格ストレートに似合うトップスを選ぶのがおすすめです。  

骨格ストレートにおすすめのトップスや、コーデを紹介します。 

骨格ストレートとは

骨格ストレートとは、骨格診断によって分析される体型の1つです。

他にも「骨格ナチュラル」や、「骨格ウェーブ」の骨格タイプがあります。

骨格ストレートは、以下のスタイルが特徴です。

  • 曲線のあるシルエット 
  • 体の重心は上にある
  • ハリ感や筋肉感がつきやすい
  • 首は短め  
  • 鎖骨や関節は目立たない
  • 膝上は太く、膝下は細い  

上半身は曲線を描いたように、メリハリのあるシルエットが特徴といえます。

胸から腰までの位置が高く、体の重心は上向きです。

全身に厚みがあるため、選ぶ服によって、ふっくらした印象に見えてしまう可能性があります。

骨格ストレートのコーデでは、メリハリのあるシルエットを活かして、女性らしい雰囲気にまとめましょう。

【骨格ストレート】トップス選びのコツ

骨格ストレートは、上半身の厚みを拾わないトップスがおすすめです。

トップスを選ぶうえで、骨格ストレートにおすすめのコツを紹介します。  

  • ちょうどいいサイズ感
  • ハリや厚みのある素材
  • シンプルなデザイン

ちょうどいいサイズ感

骨格ストレートは、ちょうどいいサイズ感を意識することが大切です。

身体のラインが分かりやすい細見シルエットを選ぶと、上半身の厚みが目立ってしまいます。

人気のオーバーサイズも同様に、貧相に見えてしまうため、避けるのがおすすめです。

トップス選びの際は、肩幅や着丈がちょうどいいサイズ感のアイテムを探しましょう。  

ハリや厚みのある素材

骨格ストレートは、ハリや厚みのある素材が似合います。

以下の素材を選ぶと、上半身のシルエットが綺麗に見えるでしょう。  

  • コットン
  • デニム 
  • サテン
  • シルク 
  • ウール
  • カシミヤ
  • レザー 

反対に、シフォン素材やベロア素材は苦手であるため、避けるのがおすすめです。   

透け感のある素材や、柔らかい素材は、骨格ストレートの肉感を拾ってしまう可能性があります。  

苦手な素材をコーデに取り入れるなら、小物アイテムに組み合わせるといいでしょう。

小物アイテムは目立ちにくいため、コーデ全体のバランスが悪く見える心配はありません。   

シンプルなデザイン

骨格ストレートは、シンプルなデザインが似合います。

上半身にメリハリがあるため、ボリュームのあるデザインを選ぶ必要はありません。 

首まわりがゆったり見えるデザインを選び、デコルテを綺麗に見せましょう。 

フリルがついているトップスは華やかですが、上半身のボリュームが目立ってしまいます。

他にも、パフスリーブやオフショルダーは、太って見える可能性があるため、避けるのがポイントです。 

とはいえ、毎日シンプルなデザインばかりでは、飽きてしまうでしょう。

コーデに物足りなさを感じた場合は、以下の柄物を合わせると、華やかなコーデを作れます。

  • 大きめの花柄
  • 大きめのドット 
  • ボタニカル柄
  • ストライプ
  • ボーダー   

【骨格ストレート】似合うトップス

骨格ストレートは、首まわりをスッキリ見せることが大切です。

骨格ストレートに似合うトップスを紹介します。

  • Uネック
  • Vネック
  • カシュクール

Uネック

Uネックは、シンプルなアイテムに多く、骨格ストレートにぴったりのデザインです。 

首元がゆるい曲線を描いたデザインで、幅広いコーデに似合います。

Uネックのトップスを選ぶなら、以下のアイテムを取り入れるといいでしょう。    

  • UネックTシャツ
  • Uネックブラウス
  • Uネックカーディガン 

春夏はTシャツやコットンブラウスで涼し気に、肌寒い秋夏はカーディガンがおすすめです。

しかし、シンプルなデザインであるため、物足りなさを感じる場合があるでしょう。

Tシャツやブラウスは、二ットベストを合わせると、流行りのレイヤードコーデを楽しめます。       

Vネック

Vネックは、程よく首まわりが空いたデザインで、デコルテが綺麗に見えます。

大人っぽい雰囲気があるため、きれいめコーデや、オフィスコーデにぴったりです。

Vネックのトップスに挑戦するなら、以下のアイテムを選びましょう。      

  • VネックTシャツ 
  • Vネックニット
  • Vネックブラウス 

Vネックニットは、明るめの色を選ぶと、顔周りが垢抜けた印象に見えます。

パンツコーデと合わせても、女性らしい上品な印象にまとまるため、オフィスコーデでも大活躍するでしょう。  

胸元が気になる場合は、Vネックブラウスの下に、ハイネックの薄めトップスを合わせるのがおすすめです。

気になる胸元を隠せるだけではなく、おしゃれなレイヤードコーデを作れます。   

カシュクール

カシュクールとは、胸元の位置でラップのように巻くデザインのことです。

個性的なデザインですが、骨格ストレートの厚みをしっかりカバーできます。

デコルテが綺麗に見えるため、華やかに見せたい休日のお出かけやデートにぴったりです。 

カシュクールに挑戦するなら、以下のアイテムを選びましょう。 

  • カシュクールブラウス  
  • カシュクールニット

カシュクールは、ウエストマークを作れるデザインを選ぶと、細見えできます。

肌寒い日は、薄手のハイネックニットやTシャツと合わせて、レイヤードコーデを楽しむのがおすすめです。

【骨格ストレート】トップスコーデ

骨格ストレートは、上半身の肉感が目立たないコーデを意識することが大切です。

骨格ストレートにおすすめのトップスコーデを紹介します。

  • Tシャツコーデ
  • ブラウス・シャツコーデ
  • ニットコーデ  

Tシャツコーデ

Tシャツコーデは、大人ナチュラルな雰囲気にまとめるのがおすすめです。

丸襟のシンプルなロゴTなら、どのコーデでも程よい抜け感を出せます。

アウターデニムジャケット
トップスロゴTシャツ
ボトムスラップスカート、センタープレスパンツ
小物ペタンコパンプス、ショルダーバッグ

アウターはデニムジャケットを合わせて、カジュアルな印象にまとめましょう。

パンツスタイルはボーイッシュになりがちですが、足元にパンプスを取り入れると、女性らしい印象を作れます。

ブラウス・シャツコーデ

ブラウス・シャツコーデは、カジュアルアイテムで揃えるのがおすすめです。

腰まで長さのあるトップスを選ぶと、気になるウエストをカバーできます。

アウタートレンチコート
トップスストライプシャツ、カシュクールブラウス
ボトムスタイトスカート、ストレートデニムパンツ
小物スニーカー、トートバッグ

アウターはトレンチコートを合わせて、Iラインシルエットを作りましょう。

女性らしさをプラスするなら、タイトスカートがぴったりです。

タイトスカートは、直線ラインが作れるため、骨格ストレートにぴったり似合います。

ニットコーデ

ニットコーデは、きれいめアイテムを取り入れるのがポイントです。

トップスはVネックニットを選び、大人っぽい雰囲気にまとめましょう。

アウターチェスターコート
トップスVネックニット
ボトムスプリーツスカート、テーパードパンツ
小物きれいめパンプス、ハンドバッグ 

かっちりした印象のチェスターコートですが、骨格ストレートなら綺麗に着こなせます。

休日のお出かけは、花柄のプリーツスカートを合わせて、華やかコーデを作るのがおすすめです。

まとめ

骨格ストレートは、シンプルなデザインのトップスが似合います。

首まわりがスッキリ見えるデザインを選び、垢抜けた印象を作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。