パーソナル カラーとは?定義と分類、イエベ・ブルベの見分け方

パーソナル カラーとは?定義と分類、イエベ・ブルベの見分け方

ファッションやメイクに敏感な女性の中で、「パーソナルカラー診断」が話題です。

自分に似合うアイテムを選びやすくなる、パーソナルカラーについて紹介します。

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとは、自分の持つ色味に似合うカラーのことです。

パーソナルカラーの定義や分類を解説します。

  • パーソナルカラーの定義
  • 基本的には一生変わらない
  • 主な分類

パーソナルカラーの定義

パーソナルカラーとは生まれ持った肌・髪の毛・瞳の色味から診断できる、その人に似合うカラーのことです。

一見同じような色でも、さまざまなバリエーションがあります。

例えば、同じ「ピンク」の中にも、サーモンピンクやローズピンクなどがあるでしょう。

同じように見える色合いでも、その人に似合うカラーとなると、微妙な色の違いで変化します。

ピンクの例であれば、「サーモンピンクが似合うけど、ローズピンクはあまり似合わない」「ローズピンクだと血色がよく見えるのに、サーモンピンクは逆効果になってしまう」など個人差が出てくるものです。

自分に似合うパーソナルカラーを知っておくことで、同じカラーの中でも似合う色味がわかり、自分をより生き生きときれいに魅せられるでしょう。

基本的には一生変わらない

一度診断されたパーソナルカラーは、基本的にはその後の一生を通して大きく変わることはありません。

人によっては、加齢・日焼け・ホルモンバランス・ヘアカラーなどの影響で、パーソナルカラーが多少変化する場合があります。

20〜30代のときに似合っていた色味でも、肌のくすみ・髪の毛のカラーリングなどが原因で、40代を過ぎてしっくり来なくなってしまった、という人もいるでしょう。

ただし、若干似合う色調が変化することはあっても、似合う色味が真逆になってしまうことはほとんどありません。

一度パーソナルカラーを認識しておけば、その後の人生で自分に似合うファッションアイテム・メイク・ヘアカラーを選びやすくなります。

もし似合う色が変化してきたなと感じたら、あえて今までチャレンジしてこなかった色味を選んでみるなどして、ファッションを調整していきましょう。

主な分類

パーソナルカラーの主な分類は、次の通りです。

パーソナルカラーの主な分類

色相(アンダートーン)明度(明るさ)彩度(鮮やかさ)清濁(濁り度合い)フォーシーズン結果
イエベ(黄味のある色)高め高め清色イエベ春
低め低め濁色イエベ秋
ブルベ(青味のある色)高め低め清色ブルベ夏
低め高め濁色ブルベ冬

パーソナルカラーでは、色相(色味)・明度(明るさ)・彩度(鮮やかさ)・清濁(濁り度合い)の4要素から、似合うカラーを判断します。

分類結果は「イエベ・ブルベ」×季節名で表現され、それぞれの分類で異なる「似合いやすい色味」の目安があります。

アンダートーン(イエベ・ブルベ)を見極めよう

アンダートーン(イエベ・ブルベ)を見極めよう

アンダートーンは、イエベ・ブルベの2種類に大きく分けられます。

自分がイエベ・ブルベのどちらに当てはまるのか、判断しましょう。

  • イエベ・ブルベの意味
  • イエベの人の特徴
  • ブルベの人の特徴

イエベ・ブルベの意味

イエベ・ブルベは、アンダートーン(ベースカラー)と呼ばれる、生まれ持った色相の傾向を表します。

イエベとは「イエローベース」、ブルベは「ブルーベース」の略語です。

イエベは黄味がかった色相、ブルベは青み寄りの色相を意味します。

一般的に、暖色よりの色はイエベの人に似合いやすく、寒色系の色味はブルベの人に似合う傾向があります。

アンダートーンは、あくまで似合う色の「傾向」を示すものです。

「この色が絶対に似合う」・「その色以外は似合わない」などといった絶対的な診断ではないため、日常での活かし方にはコツがあります。

イエベの人の特徴

イエベの特徴には、以下のような要素が挙げられます。

イエベの特徴

  • 黄味のある肌
  • 明るく暖かみがある
  • 血色がよく健康的な肌
  • 親しみやすい雰囲気

イエベの方には、持ち前の健康的な肌色を活かした、黄味ががった色味が似合います。

かっちりとした生地のクールなファッションアイテムよりも、暖かくふんわりとした色合い・質感の服装が馴染みやすいでしょう。

イエベならではの、明るく暖かみのある雰囲気を活かしたスタイルが得意です。

ブルベの人の特徴

ブルベの特徴には、以下のような要素が挙げられます。

ブルベの特徴

  • クール・都会的・知的な印象
  • エレガント、シックなスタイルが似合う
  • 透き通るような肌の白さが目立つ
  • 寒色系、モノトーンが似合いやすい

ブルベの方は、青みのある透き通るような肌の持ち主です。

肌の色合いを生かした、クールでエレガントなスタイルが似合います。

ふんわりとして暖かみのある服装よりも、涼しげな色でしっかりとした質感のアイテムがぴったりです。

春夏秋冬で似合うカラーがわかる

春夏秋冬で似合うカラーがわかる

春夏秋冬の分類で、自分に似合うカラーがわかります。

分類ごとの特徴から、似合う色味を見ていきましょう。

  • イエベ春の特徴
  • ブルベ夏の特徴
  • イエベ秋の特徴
  • ブルベ冬の特徴

イエベ春の特徴

イエベ春の方の特徴は、以下の通りです。

イエベ春の特徴

肌の色明るく、黄味がかっている
皮膚の質感ツヤがある
頬の色味血色感がある
瞳の色薄いブラウン
髪の色細くてツヤのある、明るいブラウン

イエベ春は、日本人の約10%ほどの人が当てはまると言われています。

華やかでかわいらしい印象を与えるので、若く見られる方も多いでしょう。

春に咲く草花のような、明るく鮮やかな色味を身につけることで、表情がパッと華やぎます。

ブルベ夏の特徴

ブルベ夏の方は、次のような共通した特徴があります。

ブルベ夏の特徴

肌の色青白く、透明感がある
皮膚の質感きめ細やかで薄い
頬の色味あまり色がない
肌の傾向クマが目立ちやすい
瞳の色薄いブラック、赤みのあるブラウン
髪の色やわらかさのあるグレー〜黒髪

日本人の約50%ほどの人が、ブルベ夏に当てはまります。

青白く透明感のある肌が特徴的な分類で、知的さやクールな雰囲気の人が多いでしょう。

きめ細やかな青白い肌をきれいに見せるカラーを合わせて、品のあるイメージをより際立たせられます。

イエベ秋の特徴

イエベ×秋の方は、次のような共通した特徴があります。

イエベ秋の特徴

肌の色ベージュ・アイボリーに近い
皮膚の質感厚め、マット
頬の色味あまり色がない
肌の傾向メイクをしないと顔色が悪くなりがち
瞳の色ダークブラウン
髪の色ダークブラウン〜黒髪、ハリがある

日本人の約30%ほどの人が、イエベ秋に当てはまります。

ベージュやアイボリーで黄味のある肌である一方で、血色感が強くないため、実年齢よりも落ち着いた印象に見られることが多いでしょう。

イエベ秋の特徴は、色のスタイリング次第でナチュラルにもゴージャスにも変化させられる点です。

似合う色味・素材を組み合わせることで、なりたい印象を自由に作れます。

ブルベ冬の特徴

ブルベ冬に共通する特徴には、次のようなものがあります。

ブルベ冬の特徴

肌の色雪のように白いか、青黒い
皮膚の質感ハリがある、厚め
頬の色味血色感がない
肌の傾向くすみが目立ちやすい
瞳の色ダークブラウン〜黒
髪の色ダークブラウン〜黒髪

ブルベ冬は日本人の10%ほどと、日本では希少なパーソナルカラーです。

都会的なイメージがあり、シャープでかっこいい印象を持たれる方が多いでしょう。

瞳の色がはっきりしているので、個性的なファッション・色合いなども着こなせるのが特徴的です。

まとめ

パーソナルカラーを把握しておくことで、自分をより美しく生き生きと魅せるカラーがわかります。

パーソナルカラーを取り入れて、日々のファッションやメイクを充実させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。