骨格診断とは?種類とその特徴、見分け方を紹介

骨格診断とは?種類とその特徴、見分け方を紹介

ファッションに関心の高い女性を中心に、注目が高まっている「骨格診断」。

骨格診断のメリットや、診断でわかるタイプの特徴をご紹介します。

骨格診断とは

骨格診断とは

骨格診断は、自分の骨格タイプを把握するための診断です。

骨格タイプの種類や、骨格診断をするメリットを紹介します。

  • 自分の骨格タイプがわかる
  • 骨格タイプは3種類
  • 骨格タイプを知るメリット

自分の骨格タイプがわかる

骨格診断によって、自分の骨格タイプがわかります。

骨格タイプとは、その人の骨・筋肉・脂肪・皮膚のつき方から判断できる、体型の特徴・傾向です。

体型の特徴・傾向ごとに、似合うファッションやスタイリングが異なります。

自分の骨格タイプが把握できれば、似合う服を選びやすくなるでしょう。

骨格タイプは3種類

骨格タイプには、次の3種類があります。

  • 骨格ストレート
  • 骨格ナチュラル
  • 骨格ウェーブ

それぞれの骨格タイプの大まかな特徴は、以下の通りです。

骨格ストレート骨格ナチュラル骨格ウェーブ
全身の印象メリハリがあり、立体的骨・関節がしっかりとしている華奢で曲線的
体の厚み厚みがある骨格に厚みがあり、筋肉に厚みは少ない厚みは少ない
骨格目立ちにくい骨が大きく目立つ細く目立ちやすい
位置が高め、筋肉質個人差があるが、おしりはやや平面的位置が低め、曲線的
膝下が細め、膝は目立たない肉感が少なく、膝の皿が大きく目立つ太ももが細め、膝が丸い
骨格タイプごとの大まかな特徴

人それぞれに体型・各部位に違いがあるため、特徴を分析することで、自分の骨格タイプが判断できます。

骨格タイプを知るメリット

骨格タイプを知ることで、自分に似合うコーディネートを実現しやすくなります。

骨格に似合わないコーディネートの場合、アイテムによっては着太りして見えたり、野暮ったい印象になってしまいます。

自分の骨格タイプに似合うデザイン・素材のアイテムを選ぶことでスタイルがよく見えたり、垢抜けた印象になるでしょう。

骨格タイプを把握することで、自分らしい魅力を引き立たせられます。

骨格タイプの特徴

骨格タイプの特徴

骨格タイプごとに、異なる特徴をご紹介します。

  • 骨格ストレートの特徴
  • 骨格ナチュラルの特徴
  • 骨格ウェーブの特徴

骨格ストレートの特徴

骨格ストレートは体型にメリハリがあり、グラマラスな印象を与えます。

骨格ストレートの特徴は、以下の通りです。

ハリ・弾力がある印象
バスト厚みがあり、立体的
二の腕筋肉のハリがある
背骨骨よりも筋肉が目立つ
ウエストくびれは目立ちにくく、バストからウエストまでの距離が短い
ヒップ立体的で、ラインがはっきりしている
太ももが太く、ひざ下が細い傾向がある
骨格ストレートの体の各部位の特徴

骨格ストレートには筋肉質な人も多く、ボディに厚みがあります。

他の骨格タイプよりも、胸・腰の位置が高めです。

骨格ナチュラルの特徴

骨格ナチュラルは骨・関節がしっかりとしており、スタイリッシュな印象の体型です。

骨格ナチュラルは、以下の特徴があります。

硬め
バスト個人差があるが、直線的な人が多い
二の腕肉感が少ない
背骨触れると背骨にしっかりと触れられる
ウエスト個人差がある
ヒップ骨盤には厚みがあるが、肉感は少ない
骨・アキレス腱・膝の皿が大きく、目立つ
骨格ナチュラルの体の各部位の特徴

骨格ナチュラルの人は、他のタイプと比べて肉感が少なく、骨格のフレーム感が目立ちます。

全身が、四角に近い形に見えるでしょう。

骨格ウェーブの特徴

骨格ウェーブは上半身が華奢で、曲線的な体型をしています。

骨格ウェーブの特徴は、次の通りです。

脂肪があり、ソフトな印象
バスト横から見ると、鎖骨からトップにかけて少しえぐれている
二の腕二の腕の下がへこんでいる
背骨首の下を触ると、やや背骨に触れられる
ウエストウエスト位置は低めで、くびれが目立つ
ヒップ平面的で、背中からなだらかに繋がっている
ひざが出ており、太ももが細く、ひざ下が太くなりやすい傾向がある
骨格ウェーブの体の各部位の特徴

骨格ウェーブの体型は、やわらかく華奢な印象を与えます。

重心が低く、体の厚みは少ない傾向です。

骨格タイプの見分け方

自分で骨格タイプを見分ける際に、知っておきたいポイントをご紹介します。

  • 見分ける際のポイントは?
  • 得意・苦手なファッションからもわかる

見分ける際のポイントは?

自分の骨格タイプを見分ける際のポイントは、以下の通りです。

骨格ストレート骨格ナチュラル骨格ウェーブ
重心バランスがよい上に寄っている下に寄っている
体の厚み・肉感どちらもありどちらもなし厚みはないが、肉感がある
肌の質感ハリと弾力がある硬めソフトでふんわりとしている
やや短め筋張っていて長め長細い
鎖骨目立ちにくい骨が太く、目立つ骨が細く、目立つ
肩周り丸みがある肩幅が広め薄め
厚く、小さめ筋が目立つ薄くて大きめ
太さは均一関節が目立つ指先にかけて細くなる
バスト立体的で厚みがある肉感より骨格が目立つ平面的で薄い
バストトップ高めどちらでもない低め
くびれあまりないどちらでもないはっきりしている
ウエスト丸みがあり、高め平面的で、高め低め
太ももハリがある肉感が少ないやわらかい
ひざ皿が小さく、目立たない皿が大きく目立つ丸く出ている
ひざ下スラっとしており、まっすぐ肉感が少なく、すねが目立つ肉がつきやすく、O脚気味
足の大きさ身長の割に小さめ身長の割に大きめどちらでもない
太ったときウエスト・二の腕に肉がつく全身が大きく見える下半身に肉がつく
骨格タイプを見分ける際のポイント

最も当てはまる項目が多いタイプが、ご自身の骨格タイプです。

自分でわからない場合には、周囲の人に見てもらい、客観的に判断してもらいましょう。

得意・苦手なファッションからもわかる

骨格タイプは、自分の得意・苦手なファッションからも判断できます。

骨格タイプごとの得意・苦手なファッションは、以下の通りです。

骨格ストレート骨格ナチュラル骨格ウェーブ
得意なファッションシンプルなアイテム・ジャケットざっくりとしたニット・ロングスカート・デニムシフォン素材のブラウス・フレアスカート
苦手なファッションレイヤーコーデ・チュニック・ダメージ加工スーツ・ボディラインの見える服シンプルなアイテム・デニム
骨格タイプごとの得意・苦手なファッション

骨格タイプごとに、似合いやすいアイテムやコーディネートが異なります。

今までに挑戦してきたファッションの中で、しっくりきたアイテムはもちろん、似合わず苦手だと感じたスタイルを思い出して、骨格タイプを判断しましょう。

まとめ

骨格診断によって、自分の骨格タイプや似合うファッションの傾向がわかります。

体の特徴や似合う・似合わないファッションから、自分の骨格タイプを診断してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。