骨格 ストレートに似合わない服は?シルエットやコーデを紹介

骨格 ストレートに似合わない服は?シルエットやコーデを紹介

骨格タイプには、それぞれ似合う服・似合わない服があります。

骨格ストレートに似合わない服や、似合うスタイルを紹介します。

骨格ストレートとは?

骨格ストレートは、メリハリのある体型が特徴で、グラマラスな印象を与えます。

それぞれの骨格タイプの比較は、以下の通りです。

骨格ストレート骨格ナチュラル骨格ウェーブ
全身の印象メリハリがあり、立体的骨・関節がしっかりとしている華奢で曲線的
体の厚み厚みがある骨格に厚みがあり、筋肉に厚みは少ない厚みは少ない
骨格目立ちにくい骨が大きく目立つ細く目立ちやすい
位置が高め、筋肉質個人差があるが、おしりはやや平面的位置が低め、曲線的
膝下が細め、膝は目立たない肉感が少なく、膝の皿が大きく目立つ太ももが細め、膝が丸い
骨格タイプの比較

骨格ストレートが似合わない服

骨格ストレートが似合わない服

骨格ストレートが避けるべき、似合わないアイテム・コーディネートを紹介します。

  • ストレートに似合わないスタイルのイメージ
  • ストレートと相性のよくないシルエット
  • ストレートが避けるべきコーディネート

ストレートに似合わないスタイルのイメージ

骨格ストレートに似合わないスタイルのイメージは、次の通りです。

骨格ストレートに似合わないスタイルのイメージ

  • オーバーサイズのカジュアルな装い
  • リボン・フリルの付いたガーリーなファッション
  • シフォン・ポリエステルなどの薄くてやわらかな服装

骨格ストレートは、カジュアル・ガーリーな服装・チープさを感じさせる素材感が苦手です。

本来の立体的でグラマラスな体型やハリのある肌と、相性がよくありません。

ストレートと相性のよくないシルエット

骨格ストレートに似合いにくいのは、以下のようなシルエットです。

骨格ストレートと相性のよくないシルエット

  • ハイウエストなど、上半身よりも下半身にボリュームのあるシルエット
  • オーバーサイズなど、上半身・下半身ともにボリュームのあるシルエット

骨格ストレートは、元々ウエストの位置が高めで、上半身よりも下半身がほっそりとしている体型です。

よって、ハイウエストで下半身にボリュームがあったり、上半身・下半身ともにオーバーサイズの服装は、着太りして見えてしまいがちです。

ストレートが避けるべきコーディネート

骨格ストレートが避けるべきコーディネートは、次の通りです。

全体のラインXライン・Aライン
サイズ感オーバーサイズ
素材感ハリのないカジュアルな素材(ベロア・シフォン・キルティングなど)
小花柄・小さなドット柄・細いボーダー
アウターオーバーサイズ、ドロップショルダーのルーズなコート・フード付き、ショート丈のアウター
トップスワッフル素材・モヘアニット・リブニット・チュニック・フレンチスリーブ・パフスリーブ
ボトムスシフォン素材のフレアスカート・プリーツスカート・ダメージデニム・スキニー・ショート丈
ワンピースやわらかな素材、Aライン
バレエシューズ・ムートンブーツ・ニーハイブーツ
小物類カジュアル、華奢なアクセサリー・バッグ
骨格ストレートが避けるべきコーディネートの例

グラマラスで肉感のある骨格ストレートの方は、カジュアルすぎる・華奢すぎるコーディネートをすると垢抜けない印象になってしまいます。

ハリのある肌に対しても、やわらかな素材やラフな小物は存在感が負けてしまうため、避けた方がよいでしょう。

骨格ストレートに似合うスタイルは?

骨格ストレートに似合うスタイルは?

骨格タイプに似合うスタイルがわかると、ファッションセンスの有無に関わらず、自分の魅力をより引き出せるスタイルがわかります。

骨格ストレートに似合うスタイルを把握しておき、自分を美しく見せるスタイリングを実現させましょう。

  • ストレートに似合うスタイルの雰囲気
  • ストレートに似合うアイテム例

ストレートに似合うスタイルの雰囲気

骨格ストレートに似合うスタイルの雰囲気は、次の通りです。

ストレートに似合うスタイルの雰囲気

  • シンプル
  • きれいめ
  • クラス感
  • トラッド
  • ベーシック
  • 上質な素材感
  • 縦長のIライン
  • ジャストサイズ

骨格ストレートならではの立体感・メリハリのある体型には、シンプル・ベーシックなスタイルが似合います。

似合う雰囲気を心がけることで、健康的なボディラインをより美しく引き立たせられるでしょう。

ストレートに似合うアイテム例

骨格ストレートに似合うアイテムは、以下の通りです。

全体のラインすっきりとしたIライン・上半身にボリュームのあるYライン
サイズ感ジャストサイズを意識
素材感高級感・ハリのある上質な素材
(コットン100%・カシミヤ・シルク・レザー・きれいめのデニムなど)
無地、太めのボーダー
アウターチェスターコート・トレンチコート・テーラードジャケット
トップス胸元が縦に開いたデザイン(Vネック・カシュクール・スキッパーシャツなど)
ボトムスストレート・センタープレスのパンツ、タイト・マーメイドラインのスカート
ワンピースIラインのワンピース・シャツワンピース
ローファー・ヒールが太めのパンプス・エナメル・ショートブーツ
小物類レザー素材のバッグ、高級感・存在感のあるアクセサリー
骨格ストレートに似合うアイテムの例

骨格ストレートは、シンプル・きれいめ・上質なアイテムが似合います。

無駄な装飾・ボリューム感がなく、安っぽさを感じさせないアイテムで、垢抜けた雰囲気のコーディネートを作り上げましょう。

まとめ

立体的で厚みのある体型が特徴的な骨格ストレートの方には、ボリューム感やカジュアルさのある服と相性がよくありません。

苦手なアイテムを避けて、シンプル・ベーシックな似合いやすいアイテムを選び、体型をより美しく魅せるファッションを見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。