骨格ストレートはカジュアルが似合わない?スタイリングのコツを紹介

骨格ストレートはカジュアルが似合わない?スタイリングのコツを紹介

骨格ストレートの方は、綺麗目なコーディネートが似合い、カジュアルなコーディネートは苦手だといわれれています。

今回は、骨格ストレートの方がカジュアルなコーディネートに挑戦するときのコツを紹介します。

骨格ストレートでもカジュアルコーデをしたい!

骨格ストレートでもカジュアルコーデをしたい!

骨格ストレートは、上半身に厚みのある、グラマラスな骨格タイプです。

そのため、カジュアルなコーディネートは苦手といわれています。

骨格ストレートに似合うスタイル

骨格ストレートの方に似合うスタイルは、以下の通りです。

【骨格ストレートの方に似合うスタイルの例】

  • Iライン
  • シンプル
  • きれいめ
  • ベーシック
  • 上質な素材のアイテム
  • ジャストサイズ

骨格ストレートの厚みとメリハリのある体型には、シンプルなIラインシルエットのスタイリングがぴったりです。

特にきれいめで上質な素材のアイテムを身につけることで、全身をすっきりとした印象に魅せられます。

骨格ストレートはカジュアルが比較的苦手

骨格ストレートが苦手なスタイルの一つが、カジュアルなコーディネートです。

オーバーサイズのゆるっとしたシルエットは、グラマラスで立体感のある体型を強調してしまい、着太りの原因になります。

チープさを感じさせるリラックスした素材感は、ハリのある肌と馴染みがよくありません。

結果として、オーバーサイズでリラックスした雰囲気のカジュアルコーディネートは、骨格ストレートの方には苦手だと認識されがちです。

詳しく知りたい方は、骨格ストレートに似合わない服について解説している記事をご確認ください。

骨格ストレートのカジュアルスタイルのコツ

骨格ストレートのカジュアルスタイルのコツ

骨格ストレートにはきれいめで上質なスタイルが似合うとはいえ、休みの日はカジュアルなコーディネートでリラックスしたい方も多いでしょう。

骨格ストレートの方が、カジュアルなコーディネートをする際のコツを紹介します。

  • Iラインを意識
  • ウエストインでくびれを作る
  • 素材はハリ感のあるものを選ぶ

Iラインを意識

骨格ストレートの方がカジュアルなスタイリングをする際には、Iラインを意識しましょう。

骨格ストレートは、厚みのある上半身・すらっとした下半身が特徴的な骨格タイプです。

Iラインのシルエットを意識することで、全身のバランスがよく見えます。

スタイルアップのためにも、カジュアルなアイテムでもIラインシルエットを取り入れるようにしましょう。

ウエストインでくびれを作ろる

骨格ストレートの方は、トップスをウエストインするのがおすすめです。

骨格ストレートの方がゆるっとしたカジュアルなアイテムを着ると、着太りして見えてしまうことも。

トップスをウエストインすることで、くびれのあるXラインのシルエットを作れます。

ワンピースや長めのトップスの場合には、ベルトなどでウエストマークしてもよいでしょう。

素材はハリ感のあるものを選ぼう

骨格ストレートのカジュアルコーディネートには、ハリのある素材のアイテムを選びましょう。

骨格ストレートの方は、ハリ感のある肌が特徴的です。

やわらかで透け感のある素材は肌馴染みが悪く、チープな印象になってしまいます。

カジュアルなコーデにも、肌に負けないハリのある、上質で高級感のある素材のアイテムを取り入れましょう。

骨格ストレートのカジュアルコーディネート例

骨格ストレートのカジュアルコーディネート例

骨格ストレートのカジュアルコーディネート事例を紹介します。

  • きれいめ×カジュアルコーデ
  • フェミニンさのあるカジュアルコーデ
  • ベーシックで大人なカジュアルコーデ

きれいめ×カジュアルコーデ

骨格ストレートの得意な、きれいめなアイテムを取り入れたカジュアルコーデは、以下の通りです。

アウターテーラードジャケット
トップスキャミソールをウエストイン
ボトムスストレート・センタープレスのパンツ
ローファー
小物類高級感のあるアクセサリー
きれいめなアイテムを取り入れたカジュアルコーディネートの例

上半身に厚みのある骨格ストレートの方は、ジャケットがよく似合います。

ジャケットに、カジュアルなキャミソール・ストレートなパンツ・ローファーを合わせることで、かっちりしすぎないカジュアルなコーディネートになります。

抜け感のあるアイテムに、高級感のあるアクセサリーを合わせて、骨格ストレートらしいクラス感のある印象にしましょう。

フェミニンさのあるカジュアルコーデ

骨格ストレートに似合う、フェミニンさのあるカジュアルコーデは、以下の通りです。

トップススクエアネックのトップス
ボトムスマーメイドラインのスカート
ショートブーツ
小物類レザーのバッグ
フェミニンさのあるカジュアルコーディネートの例

スクエアネックのトップスなら、胸元がすっきりとした印象になります。

首元まで詰まったトップスよりも、グラマラスな上半身をスリムに見せてくれるでしょう。

タイトさとカジュアルさのあるマーメイドラインのスカートで、フェミニンなカジュアルコーデが実現できます。

ベーシックで大人なカジュアルコーデ

ベーシックで大人な雰囲気のカジュアルコーディネートの例は、以下の通りです。

アウターIラインシルエットのカーディガン
トップスハリのあるシャツをウエストイン
ボトムスきれいめなストレートデニム
ヒールが太めのパンプス
小物類存在感のあるアクセサリー
ベーシックで大人なカジュアルコーディネートの例

骨格ストレートが得意な、ベーシックなカジュアルコーディネートです。

カジュアルでも、シンプルで大人っぽい印象のアイテムでまとめることで、垢抜けたコーディネートになります。

ボトムスのデニムは、濃い色味でダメージなどのないきれいめなものを選びましょう。

まとめ

骨格ストレートの方がカジュアルなコーディネートをする場合には、アイテムの選び方・シルエットの作り方にコツがあります。

シンプルできれいめなIラインシルエットを意識し、垢抜け感のあるカジュアルコーデを実現しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

【記事監修者】Remy副編集長 2020年に関西学院大学卒業後、コンテンツマーケテイング会社に入社。 パーソナルカラープランナー資格(日本技能開発協会)を取得し、「Remy的トレンドニュース」ではZ世代の視点を活かしたファッションに関するお役立ち情報を発信しています。