【顔タイプ診断】クールの特徴や印象は?似合う服のテイストを解説

【顔タイプ診断】クールの特徴や印象は?似合う服のテイストを解説

クールは、大人っぽい印象が魅力の顔タイプです。

クールの特徴や印象、似合う服のテイストを詳しく解説します。

顔タイプ診断の魅力

顔タイプ診断の魅力

顔タイプ診断とは、8種類のなかから、最も近い特徴の顔タイプを診断することです。

顔タイプはそれぞれ異なる特徴があり、自分に似合うテイストや素材、形を分析できます。

顔タイプ診断は、セルフチェックもしくは、専門の顔タイプアドバイザーに依頼する2つの方法が一般的です。

専門のアドバイザーに依頼すると、細かく分析してもらえるため、顔タイプの理解度がより深まります。

【顔タイプ】クールとは

【顔タイプ】クールとは

クールは、名前のとおり、大人っぽい印象の顔タイプです。

他の顔タイプと比較して、クールの特徴や印象、お悩みポイントまで幅広く解説します。

  • 【顔タイプ】クールの特徴
  • 【顔タイプ】クールの印象
  • 【顔タイプ】クールの悩み

【顔タイプ】クールの特徴

クールは、顔タイプのなかでも、大人顔に分類されます。

クールの特徴について、以下のとおりまとめました。

【クールの特徴】

  • 大人顔
  • 直線タイプ
  • 顔型は面長やベース型が多い
  • 顔のパーツはハッキリしている
  • 顔の輪郭は骨っぽさがある

他の顔タイプと比較して、クールは、直線や骨感があります。

顔の輪郭は、面長や縦長のベース型が多く、骨っぽさを感じさせる点が特徴です。

また1つ1つのパーツがハッキリしているため、目立ちやすい顔立ちであるといえます。

【顔タイプ】クールの印象

クールは、顔全体に直線ラインが多い点が特徴です。

大人っぽい顔立ちであるため、以下の印象を与えるケースが多いといえます。

【クールの印象】

  • 大人っぽい
  • 美人
  • クール
  • 落ち着いている

クールは名前のとおり、大人っぽさや、落ち着いた印象を与える顔タイプです。

キュートな女性らしさより、凛としたかっこいい印象が魅力といえます。

【顔タイプ】クールの悩み

クールは、大人っぽい顔立ちが魅力ですが、以下のお悩みを抱えがちです。

【クールの悩み】

  • 実際の年齢より上に見える
  • キュートなテイストが苦手
  • きつそうな印象に見える

クールは落ち着いた印象で、実際の年齢より上に見えてしまう場合があります。

またハッキリとした顔立ちであるため、キュートなテイストが苦手です。

ボーイッシュばかりに偏ってしまい、女性らしい雰囲気に変えたいと悩む方もいるでしょう。

【顔タイプ】クールの服選びポイント

【顔タイプ】クールの服選びポイント

クールの顔タイプは、かっこよさを活かしつつ、程よい女性らしさを取り入れることが大切です。

クールにぴったりの服選びポイントを紹介します。

  • 直線シルエットを意識
  • 程よい女性らしさが重要
  • 柄物はクールにまとめる

直線シルエットを意識

クールは、顔の特徴を活かし、洋服も直線シルエットを意識するのがポイントです。

シンプルなデザインを選び、Iラインシルエットのコーデを作りましょう。

Iラインシルエットとは、ストンと下に落ちるストレートスタイルのことです。

全身がスッキリして見えるため、スタイルアップの効果が期待できます。

トップスは無地のTシャツやVネックを選び、コンパクトな印象にまとめましょう。

ボトムスは、タイトスカートやセンタープレスパンツで、ストレートシルエットを作るのがおすすめです。

程よい女性らしさが重要

ボーイッシュが似合うクールですが、シンプルすぎるデザインは、子供っぽく見えてしまう場合があります。

コーデでは、程よい女性らしさを取り入れて、大人っぽい雰囲気にまとめることが大切です。

例えば、シンプルな無地のTシャツは、スリット入りのタイトスカートを合わせると、大人女性らしい雰囲気を演出できます。

シンプルが似合うクールですが、程よい甘さをプラスすると、より垢抜けた印象に見えるでしょう。

洋服以外にも、イヤリングやパンプスをさりげなく取り入れて、華やかさをプラスする方法もおすすめです。

柄物はクールにまとめる

柄物はキュートより、クールなデザインが似合います。

柄物に挑戦するなら、以下のデザインを選びましょう。

【柄物】

  • ストライプ
  • ボーダー
  • ゼブラ
  • グレンチェック

クールの顔に合わせて、柄物も直線シルエットを意識することが大切です。

とはいえ、花柄のキュートな柄物を取り入れたい場合もあるでしょう。

花柄を取り入れるなら、はっきりとしたデザインを選ぶのがおすすめです。

寒色系の落ち着いた色を選ぶと、よりクールに似合います。

【顔タイプ】クールに似合う服

【顔タイプ】クールに似合う服

クールの顔タイプは、直線シルエットを意識したコーデがおすすめです。

アイテム別に分けて、クールに似合う服を紹介します。

  • アウター 
  • トップス
  • ボトムス

アウター

アウターは、かっちり感のあるデザインや、直線シルエットが似合います。

トレンチコート、ロングカーディガン
ライダースジャケット、チェックジャケット
チェスターコート、ウールロングコート

柄物はグレンチェックを選び、大人っぽい雰囲気にまとめましょう。

大人っぽいクールですが、カジュアルアイテムは、子供っぽく見えてしまいます。

カジュアル感の強いデニムや、ボア素材は避けて、シンプルなデザインを選ぶのがポイントです。

トップス

クールは、シンプルなデザインが似合うため、Tシャツやパーカーを選ぶのがおすすめです。

直線シルエットのリブトップスを選ぶと、より垢抜けた印象にまとまります。

リブトップス、ストライプシャツ
ロゴTシャツ、カシュクールブラウス
コットンシャツ、シンプルパーカー
Vネックニット、タートルネックニット

春夏はストライプの柄物を取り入れて、爽やかなコーデを作りましょう。

秋冬はVネックニットを選ぶと、女性らしい印象に仕上がります。

ボトムス

ボトムスは、ストレートシルエットを取り入れて、シンプルな印象にまとめるのがおすすめです。

タイトスカートや、ストレートパンツを選ぶと、全身がスッキリとした印象に見えます。

センタープレスパンツ、リブスカート
ストレートパンツ、マーメイドスカート
スキニーパンツ、コーデュロイスカート
タイトスカート、ラップスカート

またボトムスは、トップスのボリューム感に合わせて、調整するのがポイントです。

シンプルなトップスなら、マーメイドスカートやコーデュロイスカートを合わせましょう。

トップスとボトムス、どちらかにボリュームを作ると、より垢抜けた印象にまとまります。

まとめ

今回は、クールの特徴や印象、似合う服のテイストを詳しく解説しました。

クールは顔の特徴に合わせて、直線シルエットにまとめることが大切です。

今回紹介したスタイリングを参考に、大人っぽい雰囲気で垢抜けた印象を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。