【顔タイプ診断】クールカジュアルとは?似合う服の選び方を解説

【顔タイプ診断】クールカジュアルとは?似合う服の選び方を解説

クールカジュアルとは、顔タイプ診断の1つで、クールな印象が特徴です。

今回はクールカジュアルに焦点を当て、基本ポイントから似合う服の選び方まで、幅広く紹介します。

顔タイプ診断とは

顔タイプ診断とは

顔タイプ診断とは、自分にぴったりのテイストや髪型、メイクを分析できる診断方法です。

顔の特徴を細かく分析して、以下8種類のなかから最も近い顔タイプを導き出します。

  • キュート
  • アクティブキュート
  • フレッシュ
  • クール
  • クールカジュアル
  • フェミニン
  • エレガント
  • ソフトエレガント

顔タイプ診断は、セルフもしくは専門のプロに依頼する2つの方法が一般的です。

手軽に試すならセルフで十分ですが、細かく分析したい方は、専門のプロに依頼するといいでしょう。

【顔タイプ】クールカジュアルとは

【顔タイプ】クールカジュアルとは

クールカジュアルは、かっこいい印象が特徴の顔タイプです。

まずはクールカジュアルの特徴からお悩みまで、基本ポイントを紹介します。

  • 【顔タイプ】クールカジュアルの特徴
  • 【顔タイプ】クールカジュアルの印象
  • 【顔タイプ】クールカジュアルの悩み

【顔タイプ】クールカジュアルの特徴

クールカジュアルは、名前のとおり、クールな顔立ちです。

クールカジュアルの特徴について、以下のとおりまとめました。

【クールカジュアルの特徴】

  • 子供顔
  • 直線タイプ
  • 顔型はベース型や面長が多い
  • 顔の立体感はあまりない
  • 顔の輪郭やパーツは骨っぽい

クールカジュアルは、程よいボーイッシュさを感じさせる顔タイプです。

直線的でクールな印象がある反面、子供顔でキュートな特徴を持ち合わせています。

直線タイプであるため、顔の輪郭やパーツは、骨っぽい点が特徴です。

【顔タイプ】クールカジュアルの印象

クールカジュアルは、以下の印象があります。

【クールカジュアルの印象】

  • クール
  • かっこいい
  • 若々しい
  • 爽やか
  • 話しかけやすい

クールな印象が大きいものの、子供顔に分類されるため、若い印象に見える場合が多いでしょう。

クールにありがちなきつい印象はほとんどなく、爽やかな雰囲気で、話しかけやすいポジティブな印象が魅力です。

【顔タイプ】クールカジュアルの悩み

クールカジュアルは、以下のお悩みポイントがあります。

【クールカジュアルの悩み】

  • 実際の年齢より下に見える
  • キュートなテイストが似合わない

クールカジュアルは子供顔であるため、実年齢より下に見える場合が多いでしょう。

またクールな印象が強いため、キュートなテイストが似合わない悩みをかかえがちです。

大人っぽさや、女性らしい雰囲気をプラスするなら、ストレートシルエットを取り入れましょう。

身体のラインが目立つタイトスカートを選ぶと、大人っぽい印象を演出できます。

【顔タイプ】クールカジュアルの服選び

【顔タイプ】クールカジュアルの服選び

クールカジュアルは、顔の輪郭に合わせて、直線シルエットを意識することが大切です。

クールカジュアルに似合う服選びのコツを紹介します。

  • カジュアル・シンプルが似合う
  • 直線シルエットを意識
  • 甘いデザインは控えめに

カジュアル・シンプルが似合う

クールカジュアルは、カジュアルやシンプルのテイストが似合います。

トップスは無地のTシャツやパーカーを選ぶと、顔まわりがスッキリして見えるでしょう。

ボトムスも同様に、ストレートシルエットを選び、シンプルにまとめるのがおすすめです。

コーデに物足りなさを感じる場合は、デザイン性の高いアイテムや素材を取り入れましょう。

カジュアルに寄せるなら、コットンやデニムの素材がぴったりです。

シンプルにまとめる場合は、レザーやリネンの素材でまとめるといいでしょう。

直線シルエットを意識

クールカジュアルは、直線シルエットを意識することが大切です。

顔の輪郭やパーツに合わせて直線を選ぶと、より統一感のあるスタイルに仕上がります。

トップスは、Vネックやカシュクールネックを選び、デコルテを綺麗に見せるのがおすすめです。

ボトムスは直線デザインの柄物を選ぶと、簡単に垢抜けた印象が手に入るでしょう。

細いストライプや、ボーダーの柄を取り入れて、全身の縦ラインを強調するのがポイントです。

甘いデザインは控えめに

クールカジュアルは、甘いデザインが苦手であるため、控えた方がいいでしょう。

フリルやレースは甘いデザインが多いため、コットンやデニム素材でカジュアル感を作るのがおすすめです。

とはいえ、休日のお出かけやデートでは、女性らしい雰囲気にまとめたい方も多いでしょう。

女性らしい雰囲気を演出するなら、キュートやフェミニンより、エレガントなテイストが似合います。

ギャザーブラウスやリブニットを選ぶと、より綺麗なシルエットにまとまるでしょう。

ボトムスは、ストレートスカートでシンプルにまとめると、全身のスタイルが引き締まって見えます。

【顔タイプ】クールカジュアルに似合う服

【顔タイプ】クールカジュアルに似合う服

クールカジュアルは、シンプルやカジュアルを意識したコーデを作りましょう。

アイテム別に分けて、クールカジュアルに似合う洋服を紹介します。

  • アウター
  • トップス
  • ボトムス 

アウター

アウターは、カジュアルや大人っぽいデザインを選ぶのがポイントです。

デニムジャケット、トレンチコート
ライダースジャケット、MA-1
ダウンコート、キルティングコート

カジュアル感を出すなら、デニムジャケットやキルティングコートを選びましょう。

大人っぽい印象にまとめる場合は、パリッとしたトレンチコートが似合います。

直線シルエットを強調するなら、チェスターコートもおすすめです。

ノーカラーの曲線シルエットは避けて、襟のあるデザインを選ぶようにしましょう。

トップス

トップスは、シンプルなアイテムがぴったり似合います。

ロゴTシャツ、パーカー
タンクトップ、ビスチェ
スウェット、ストライプシャツ
Vネックニット、リブニット

トップスはぴったりサイズだけではなく、オーバーサイズもおすすめです。

キャミソールに、オーバーサイズシャツを合わせるだけで、今っぽいコーデが作れます。

他にも、パーカーやスウェットを選び、メンズライクな印象にまとめましょう。

大人っぽい雰囲気をプラスするなら、Vネックがぴったりです。

Vネックやリブトップスは、直線シルエットを強調できるため、スタイルアップも期待できます。

ボトムス

ボトムスは、デニム素材を積極的に取り入れるのがおすすめです。

スキニーパンツ、ストレートスカート
プリーツスカート、ワイドパンツ
センタープレスパンツ、コーデュロイスカート
タイトスカート、リブニットパンツ

ワイドからスキニータイプまで、デニム素材ならどのシルエットでも似合います。

ストレートのデニムスカートを選び、程よいカジュアル感にまとめてもいいでしょう。

また他のアイテムと同様に、ボトムスも直線シルエットを選ぶことが大切です。

ふんわり広がるフレアデザインは避けて、ボリュームの出ないシルエットを選びましょう。

まとめ

今回は、クールカジュアルに焦点を当て、基本ポイントから似合う服の選び方まで紹介しました。

垢抜けコーデを作るなら、直線シルエットを意識することが大切です。

今回紹介したアイテムを参考に、クールカジュアルにぴったりのコーデに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。