顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブに似合うテイストは?コーデ例も

顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブに似合うテイストは?コーデ例も

垢抜けファッションを探すなら、顔タイプ診断や骨格診断がおすすめです。

似合うテイストを細かく分析できるため、自分の印象に対する理解度もより深まるでしょう。

今回は、顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブの服選びポイントや、コーデ例を紹介します。

顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブとは

顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブとは

理想のイメージを探す前に、顔タイプや骨格診断の基本を知ることが大切です。

まずは、顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブの特徴や印象を紹介します。

  • 【顔タイプ】フレッシュとは
  • 【骨格】ウェーブとは 

【顔タイプ】フレッシュとは

フレッシュは、顔タイプ診断における結果の1つです。

顔タイプフレッシュの特徴について、以下のとおりまとめました。

フレッシュの特徴
  • 子供顔
  • 直線と曲線が混じり合っている
  • 丸顔やベース型が多い
  • パーツは小さめから普通まで

顔タイプフレッシュは、子供顔に分類される点が大きな特徴です。

実年齢より若々しい印象や、爽やかな印象を与えます。

服選びでは、爽やかな雰囲気に合わせて、カジュアルテイストを選ぶといいでしょう。

フリルの装飾は避けて、シンプルにまとめると、垢抜けた印象に見えます。 

【骨格】ウェーブとは

骨格ウェーブは、骨格診断で導き出される結果の1つです。

骨格ウェーブの特徴について、以下のとおりまとめました。

骨格ウェーブの特徴
  • 上半身は細く見える
  • 上半身のパーツの位置は低め
  • 下半身に重心がある
  • 膝下からボリュームがある

骨格ウェーブは、下半身に重心のある体型です。

太ももはほっそりしているものの、膝下にかけてボリュームがあります。

服選びでは、膝下が見えにくい丈感のボトムスを選びましょう。

また上半身の華奢な印象をカバーすると、より全身が綺麗に見えます。

フレッシュ×骨格ウェーブの服選び

フレッシュ×骨格ウェーブの服選び

顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブは、シンプルやカジュアル寄りのテイストがおすすめです。

顔タイプフレッシュに似合うテイストを意識しつつ、骨格ウェーブの特徴を活かしましょう。

顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブの服選びポイントを紹介します。

  • ぴったりサイズを選ぶ
  • 上半身に重心を作る
  • 柔らかい素材が似合う

ぴったりサイズを選ぶ

トップスは、ぴったりサイズを選びましょう。

骨格ウェーブといえば、上半身が華奢に見える体型です。

ゆったりサイズを選ぶと、上半身が強調されて、だらしない印象を与えてしまいます。

肌にフィットするサイズを選び、華奢な体型を綺麗に見せましょう。

おすすめのトップス
  • パフスリーブTシャツ
  • オフショルダーブラウス
  • バルーンスリーブシャツ

トップスは、袖にボリュームのあるデザインを選ぶと、華奢な印象をカバーできます。

フリルは顔に馴染まないため、カジュアル寄りのテイストを選ぶといいでしょう。

上半身に重心を作る

ボトムスは、上半身に重心を作りやすいデザイン選びが大切です。

ワイドパンツや、マキシ丈スカートは、下半身が重く見えるため避けましょう。

おすすめのボトムス
  • フレアスカート
  • プリーツスカート
  • タックパンツ
  • デニムパンツ

ボトムスは、膝下の丈感を選ぶと、骨格ウェーブのボリュームをカバーできます。

あえて膝上のショート丈を選び、ほっそりとした太ももを見せるスタイルもおすすめです。

他にも、タイトスカートやマーメイドスカートを合わせると、女性らしい雰囲気にまとまります。 

柔らかい素材が似合う

顔まわりを垢抜けた印象にするなら、素材選びも大切です。

顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブは、柔らかい素材がぴったり似合います。

おすすめの素材
  • リネン
  • デニム
  • コットン
  • ウール
  • アンゴラ
  • コーデュロイ

ウールやアンゴラの柔らかい素材を選ぶと、大人っぽい雰囲気にまとまるでしょう。

また顔タイプフレッシュの場合は、カジュアル素材がぴったりです。

トップスにコットンや、リネンの素材を合わせると、顔まわりが明るく見えます。

フレッシュ×骨格ウェーブのコーデ

フレッシュ×骨格ウェーブのコーデ

顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブは、シンプルやカジュアルにまとめるのがおすすめです。

顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブに似合うコーデを紹介します。

  • オフィスコーデ
  • お出かけコーデ
  • デートコーデ

オフィスコーデ

オフィスコーデは、シンプルなパンツスタイルにまとめましょう。

柄物のジャケットを選ぶと、大人カジュアルな雰囲気を演出できます。

アウターチェックジャケット
トップスボリューム袖ブラウス
ボトムスタックパンツ
小物ハンドバッグ、ペタンコパンプス

トップスは、袖にボリュームがあるデザインで、華奢な体型をカバーしましょう。

Vネックは貧相な印象に見えるため、避けるのがおすすめです。

ボトムスは、タックパンツを選び、下半身のスタイルをスッキリ見せましょう。

クロップド丈パンツを合わせて、足首を細く見せるスタイルも似合います。

お出かけコーデ

お出かけコーデは、程よいカジュアルスタイルがおすすめです。

アウターはCPOジャケットを選び、シャツのようにさらりと羽織りましょう。

アウターCPOジャケット
トップスロゴTシャツ
ボトムスタイトスカート
小物ショルダーバッグ、ショートブーツ

なかはロゴTシャツを合わせて、シンプルな装いにまとめるのがポイントです。

ボトムスは、カジュアルに偏りすぎないよう、タイトスカートを選ぶといいでしょう。

足元も同様に、ショートブーツを選び、女性らしさをプラスすることが大切です。 

デートコーデ

デートコーデは、シンプルな大人アイテムを選ぶといいでしょう。

アウターダッフルコート
トップスウールニット
ボトムスプリーツスカート
小物ハンドバッグ、バレエシューズ

ダッフルコートを選ぶと、一気に大人カジュアルな雰囲気を演出できます。

トップスは、ラウンドネックや、スクエアネックのウールニットを選びましょう。

鎖骨や首まわりが綺麗に見えるため、骨格ウェーブの方にぴったりです。

ボトムスは、プリーツスカートを合わせて、大人っぽい雰囲気にまとめましょう。

縦ラインを強調するデザインで、下半身のスタイルがスッキリして見えます。

足元はバレエシューズを選び、女性らしい印象に仕上げましょう。

肌寒い冬は、バレエシューズの代わりに、ショートブーツを合わせるのがおすすめです。

まとめ

今回は、顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブの服選びポイントや、コーデ例を紹介しました。

今より垢抜けた印象に見せるなら、どちらの診断結果も程よく取り入れることが大切です。

今回紹介したスタイリングを参考に、顔タイプフレッシュ×骨格ウェーブに似合うコーデを探してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。