骨格ウェーブに似合う靴の特徴は?選び方と例を紹介

骨格ウェーブに似合う靴の特徴は?選び方と例を紹介

骨格ウェーブさんは、上半身が華奢で下半身にボリュームがあることが特徴的です。

今回は、骨格ウェーブに似合う靴の特徴や、選び方についてご紹介します。

骨格ウェーブさんが靴選びで気をつけたいこと

骨格ウェーブさんが靴選びで気をつけたいこと

骨格ウェーブさんが靴選びで気をつけたいことは以下の3点です。

  • 足の特徴
  • 重心を低く見せない
  • ゴツい靴は避ける

骨格タイプによって、足の特徴が違います。

選び方に気をつけて自分に合う靴を見つけ、悩みを解消しましょう。

骨格ウェーブの足の特徴

骨格ウェーブさんの足は、以下の特徴があります。

  • 薄く平面的
  • 足首が細い
  • 足の幅が少し広め

下半身にボリュームがある骨格ウェーブさんは、華奢な印象はあるものの、中途半端な長さの靴は足を太く見せる可能性があります。

また甲が薄く少し幅が広いため、先端が尖っていると窮屈に感じる場合もあるでしょう。

フェミニンな印象がある骨格ウェーブさんの良さを出す靴を選ぶためには、まず足の特徴をしっかり意識することをおすすめします。

重心を低く見せない

上半身が華奢で下半身にボリュームがある骨格ウェーブさんの場合、重心が低く見えると足が太い印象になります。

そのため、できる限り重心を低く見せない靴選びが大切だといえます。

また、骨格ウェーブさんはウエスト位置が低めでくびれが目立ちやすいため、靴で重心を高くするとスレンダーな印象に。

重心を高く見せる靴を選び、スタイルアップしましょう。

ゴツい靴は避ける

骨格ウェーブさんは、全体的に華奢な印象が強いため、足元も同じように華奢な靴を選ぶとバランスが良いです。

太いヒールや厚底など、ゴツい靴は体型とマッチしないため避けましょう。

細めのヒール・ストラップがついた軽やかな靴を選ぶと、骨格ウェーブさんの体型とマッチします。

服選びの際は体型を意識する人がほとんどですが、靴の場合はついつい忘れがちです。

全体的なバランスを考えて、靴を選んでください。

骨格ウェーブに似合う靴の特徴

骨格ウェーブに似合う靴の特徴

上品でフェミニンさのある骨格ウェーブさんに似合う靴の特徴は以下の通り。

  • 装飾がついているデザイン
  • 丸みのあるシルエット
  • ヒールが高い靴
  • ストラップ付きの靴

骨格ウェーブの華奢な雰囲気をよりおしゃれに演出してくれるでしょう。

装飾がついているデザイン

エレガントな印象のある骨格ウェーブさんは、リボンやビジューなど華やかな装飾がついているデザインが似合います。

リボンモチーフの靴は、大人女性が履くと「違和感があるのでは…」と考える方もいるでしょう。

しかし、体型に柔らかさのある骨格ウェーブさんの場合は、甘くなりすぎずおしゃれのポイントになります。

華奢でシンプルなデザインも似合いますが、華やかな装飾がついている靴も履きこなせる点が骨格ウェーブの特徴です。

ただし軽やかさが大事になるため、ゴツい靴に装飾が施された靴は選ばないようにしましょう。

丸みのあるシルエット

骨格ウェーブさんは曲線的な体型をしているため、靴も丸みのあるシルエットが似合います。

雰囲気全体がフェミニンなため、ふんわりコーデに合わせやすい靴を選ぶとバランスをとりやすいです。

先端が鋭いタイプは、シャープな印象があり骨格ウェーブの雰囲気には合いません。

先端が丸く、柔らかい印象の靴を選びましょう。

ヒールが高い靴

ヒールが高い靴を履くと、身体全体の重点が上がります。
特に、ヒールが細く華奢なものを選ぶようにしましょう。

フラットシューズを履いてしまうと、重心が下半身に偏り、足が太く見える可能性があります。

もし細いヒールが苦手な場合は、淡いカラーの靴を選ぶと軽い印象になり、重心が上がりますよ。

ストラップ付きの靴

足の甲が薄い骨格ウェーブさんは、ストラップ付きの靴でも履きこなせる点が特徴です。

足首が細い傾向があるため、上記の靴が似合います。

ストラップは細めかつ、靴と同系色のものを選ぶと足長効果が期待できるでしょう。

ストラップ付きだと、ヒールが高くなくとも重心をアップできるためおすすめです。

骨格ウェーブに似合う靴の例

骨格ウェーブに似合う靴の例

骨格ウェーブさんに、似合う靴の例をご紹介します。

  • バレエシューズ
  • リボンやストラップ付きのパンプス
  • スクエアトゥロングブーツ
  • シンプルでキレイめなローファー

定番の靴から、骨格ウェーブだからこそ似合う靴の種類もあるため、気になるタイプを見つけてみましょう。

一度好きなタイプの靴が見つかれば、その後の靴選びも楽になりますよ。

バレエシューズ

バレエシューズを選ぶ際は、使用している素材とつま先に注目してください。

素材はキルティングやアニマル柄など、少し変わったものを選ぶと個性を出せます。

またつま先の形は、深く甲を覆うタイプではなく、広く開いたデザインがおすすめ。

軽やかさを演出できるため、重心が下半身に偏っている骨格ウェーブさんによく似合うでしょう。

リボンやストラップ付きのパンプス

王道のパンプスも、骨格ウェーブさんに似合います。

シンプルなパンプスも似合いますが、重心をアップさせて足長効果を期待するためにも、装飾やストラップが付いているものがおすすめです。

装飾はワンポイントで大きなリボンなどがついているタイプがおすすめ。
足元をすっきり見せつつ、カジュアルな印象を与えます。

また、細めのストラップが足首や甲についているパンプスも似合います。
足元をエレガントに見せてくれるでしょう。

スクエアトゥロングブーツ

スクエアトゥロングブーツは、エレガント感があり骨格ウェーブさんにおすすめです。

つま先がスクエアになっているため、シャープな印象はなく落ち着いた大人の雰囲気を演出できます。

また、ヒールが高くなくてもスタイルアップが期待できるでしょう。

シンプルでキレイめなローファー

キチンと感がありどんなファッションにも似合うローファー。

ヒールが低くても骨格ウェーブさんと相性の良い靴です。

ローファーは、重心が下がるのではと不安視されますが、装飾がついているタイプや足の形に沿ったシルエットのローファーを選ぶと重心は下がりにくいです。

ポインテッドトゥや、タッセルなどの装飾が付いているものを選びましょう。

またビット付きのローファーは、大人女性の洗練された雰囲気を演出できます。
仕事にも使いやすいでしょう。

まとめ

骨格ウェーブさんは、重心が下半身に偏ってはいるものの、全体的にスレンダーで繊細な印象が特徴的です。

足元のおしゃれも体つきやファッションのバランスを考慮して、自分に似合うデザインを見つけていきましょう。

華奢なデザインと丸みのあるシルエットは、骨格ウェーブさんが靴を選ぶ基本的なポイントとなるため、ぜひ意識してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。