骨格ストレートとは?似合う着こなし方やおすすめコーデを紹介

骨格ストレートとは?似合う着こなし方やおすすめコーデを紹介

骨格ストレートは、垢抜けファッションに欠かせない単語です。

しかし、名前に聞き覚えはあるものの、骨格ストレートの特徴を知らない方は多いのではないでしょうか。

今回は、骨格ストレートの特徴や着こなし方、おすすめのコーデまで幅広く紹介します。

骨格ストレートとは

骨格ストレートとは

骨格ストレートとは、骨格診断で使用される骨格タイプの1つです。

骨格診断の名前のとおり、診断では、自分の骨格に最も近いタイプを探せます。

服が体型に合わないと悩む方や、着痩せしたい方におすすめの診断方法です。

全部で3種類ある骨格のなかから、骨格ストレートの特徴を紹介します。

  • 骨格ストレートの特徴
  • シンプルテイストが似合う

骨格ストレートの特徴

骨格ストレートは、他の骨格と比較して、メリハリのある体型です。

骨格ストレートの主な特徴について、以下のとおりまとめました。

【骨格ストレートの特徴】

  • 鎖骨や骨感は目立たない
  • 上半身に厚みがある
  • バストやヒップの位置が高い
  • 膝上にボリュームがある
  • 膝下はほっそりしている

全体的に厚みがあり、バストやヒップの女性らしい曲線が特徴といえます。

また骨感や関節が目立たない代わりに、筋肉がつきやすい体型です。

上半身にボリュームがあるため、服のデザインによっては、着太りしてしまう可能性があります。

シンプルテイストが似合う

骨格ストレートは、シンプルテイストが似合います。

上半身にボリュームがあるため、派手な装飾は避けましょう。

フリルやギャザーの装飾を取り入れると、かえって太って見える原因となってしまいます。

シンプルなTシャツやニットを合わせて、スッキリとした印象に見せましょう。

またメリハリのある体型を活かすなら、ジャストサイズの服がおすすめです。

ハリのある肌質に合わせて、レザーやサテンの素材を選ぶと、より垢抜けた印象にまとまります。

【骨格ストレート】着こなしポイント

【骨格ストレート】着こなしポイント

骨格ストレートは、女性らしい曲線ラインを活かすことが大切です。

骨格ストレートに似合う着こなしポイントを紹介します。

  • トップスはスッキリ見せる
  • ボトムスは縦ラインを意識
  • 柄物は存在感のあるものを

トップスはスッキリ見せる

骨格ストレートのトップスは、シンプルをベースに、首まわりをスッキリ見せることが大切です。

Vネックやスクエアネックを選ぶと、気になる上半身の厚みをしっかりカバーできます。

反対に、首元が隠れるタートルネックは、着太りする可能性があるため控えましょう。

【おすすめのトップス】

  • UネックTシャツ
  • カシュクールブラウス
  • Vネックニット

カシュクールやVネックは、首まわりだけではなく、デコルテまで綺麗に見せたい方におすすめです。

また袖部分も同様に、シンプルなデザインを選ぶと、上半身がスッキリして見えます。 

ボトムスは縦ラインを意識

骨格ストレートのボトムスは、縦ラインを意識しましょう。

シンプルなストレートシルエットを選ぶと、下半身のスタイルが綺麗に見えます。

反対に、裾が広がるフレアデザインは、スタイルが崩れてしまうため避けましょう。

【おすすめのボトムス】

  • センタープレスパンツ
  • テーパードパンツ
  • マーメイドスカート
  • デニムスカート

パンツスタイルは、縦ラインを強調しやすいデザインが似合います。

スカートスタイルも同様に、ストレートシルエットデザインを選びましょう。

膝下がほっそりしているため、膝上丈のスカートもおすすめです。

またデニムやウールの厚い素材を合わせると、下半身のボリュームをカバーできます。 

柄物は存在感のあるものを

骨格ストレートは、存在感のある柄物を取り入れることが大切です。

シンプルなアイテムばかりだと、コーデ全体が寂しい印象となってしまいます。

以下の柄物を選び、コーデ全体を華やかな印象にまとめましょう。

【おすすめの柄】

  • 花柄
  • ドット
  • チェック
  • ストライプ

柄を選ぶ際は、大きめのデザインや、はっきりとした色味がおすすめです。

骨格ストレートのメリハリ体型に負けないよう、目立ちやすい柄を選びましょう。

【骨格ストレート】おすすめコーデ

【骨格ストレート】おすすめコーデ

骨格ストレートは、ボリュームのある体型を活かせるコーデを選びましょう。

シンプルをベースに、直線のIラインシルエットを意識することが大切です。

アイテム別に分けて、骨格ストレートのおすすめコーデを紹介します。

  • 骨格ストレート×パンツ
  • 骨格ストレート×スカート
  • 骨格ストレート×ワンピース

骨格ストレート×パンツ

骨格ストレートのパンツコーデは、直線シルエットを意識することが大切です。

アウターにチェックジャケットを選ぶだけでも、直線要素をプラスできます。

アウターチェックジャケット
トップスUネックTシャツ
ボトムステーパードパンツ
小物パンプス、キャスケット、ショルダーバッグ

トップスは、UネックTシャツを合わせて、シンプルにまとめましょう。

ボトムスはテーパードパンツを選ぶと、直線のIラインシルエットを作りやすくなります。

チェックジャケットに合わせて、小物はキャスケットを選び、トラッド風スタイルに仕上げましょう。

骨格ストレート×スカート

骨格ストレートのスカートコーデは、ハリのある素材を取り入れましょう。

レザーやデニム、サテンを選ぶと、全身がより綺麗に見えます。

アウターチェスターコート
トップスシンプルシャツ
ボトムスレザープリーツスカート
小物ローファー、エコファーバッグ

アウターは、チェスターコートを選び、首まわりをスッキリとした印象に仕上げましょう。

トップスはシンプルシャツを合わせて、首まわりが詰まらないよう意識します。

ボトムスは、ハリのあるレザースカートで、大人っぽい雰囲気を演出しましょう。

かちっとした印象のアイテムが似合うため、女性らしさをプラスできます。

小物は、エコファーバッグを取り入れて、程よく柔らかい雰囲気にまとめましょう。

骨格ストレート×ワンピース

骨格ストレートのワンピースコーデは、甘辛ミックスに挑戦するのがおすすめです。

アウターはライダースジャケットを選び、大人っぽい雰囲気を演出しましょう。

アウターライダースジャケット
トップス花柄ワンピース
小物レースアップシューズ、ハンドバッグ

ワンピースの花柄は、大きめのデザインや、コントラストの強い色味を選ぶことが大切です。

またVネックや、ウエスト切り替えのデザインを選ぶと、よりスタイルアップできます。

小物は、ブラックのレースアップシューズを合わせて、足元を引き締めましょう。

まとめ

今回は、骨格ストレートの特徴や着こなし方、おすすめのコーデまで幅広く紹介しました。

骨格ストレートの方が着痩せするなら、メリハリのある体型を活かすことが大切です。

今回紹介した着こなしポイントを参考に、骨格ストレートに似合うコーデを探してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。