パーソナルカラーがわからない?イエベ・ブルベを簡単に見分ける方法を紹介

パーソナルカラーがわからない?イエベ・ブルベを簡単に見分ける方法

パーソナルカラーは、自分の雰囲気にぴったりの色がわかる診断ツールです。

興味はあるものの、診断のやり方がわからない方は多くいるのではないでしょうか。

パーソナルカラーがわからない方のために、診断方法や見分け方を紹介します。 

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとは

そもそもパーソナルカラーとは、診断を通してどのようなことがわかるのでしょうか。

パーソナルカラーの特徴や種類、診断方法を詳しく紹介します。

  • パーソナルカラー診断とは
  • パーソナルカラーの種類
  • パーソナルカラーの診断方法

パーソナルカラー診断とは

パーソナルカラー診断とは、肌や目、髪の色を分析して、最も似合う色を導き出すことです。

1つ1つの色を照らし合わせながら、どの色が綺麗に見えるか分析します。

パーソナルカラー診断の結果は、メイクやヘアスタイル、ファッションまで幅広く活用できる点が魅力です。

今のテイストが顔にしっくり来ない方から、肌がくすんで見える方まで、色に関するお悩みを解消できます。

パーソナルカラー診断を通して、相性が合う色を選び、垢抜けた印象を手に入れましょう。

今まで知らなかった色の発見もあるため、新しい自分の印象を見つけるキッカケにもなります。 

パーソナルカラーの種類

パーソナルカラー診断では、以下の4つのカラータイプから、1つの結果を導き出します。

またイエローベースや、ブルーベースと呼ばれるグループがあり、それぞれ似合う色は大きく異なる点が特徴です。

【イエローベース】

  • パーソナルカラー春

特徴:黄色みのある肌色。アクティブな印象がある。

似合う色:明るい色や、鮮やかな色がおすすめ。ブライトイエローやライトオレンジなど。

  • パーソナルカラー秋

特徴:深みやマット感がある。大人っぽい印象。

似合う色:深みのある色や、くすみカラー。マスタードやカーキなど。

【ブルーベース】

  • パーソナルカラー夏

特徴:透明感のある肌色。上品な印象がある。

似合う色:パステルカラーがおすすめ。ローズピンクや、ラベンダーなど。

  • パーソナルカラー冬

特徴:はっきりとした肌質。スタイリッシュな印象がある。

似合う色:ビビッドカラーがおすすめ。ショッキングピンクやロイヤルブルーなど。

イエローベースは、名前の通り、黄色をベースとした色が似合います。

反対に、ブルーベースは、青みのある色が得意です。

パーソナルカラーの診断方法

パーソナルカラー診断は、以下2つの方法があります。

  • 専門のプロに依頼
  • セルフチェック

費用をかけたくないなら、セルフチェックがおすすめです。

インターネットや書籍の情報を参考に、パーソナルカラーを診断できます。

より正確に診断するなら、専門のプロに依頼するのがおすすめです。

パーソナルカラーの診断だけではなく、顔に似合うメイクやファッションの色も細かく診断してもらえます。

パーソナルカラーがわからない原因

パーソナルカラーがわからない原因

パーソナルカラーは今や、多くの女性の間で人気となっています。

しかし、診断を受けても、自分に似合う色がわからなかったという方もいるようです。

パーソナルカラーがわからない方や、似合う色が見つけにくい方の原因を解説します。

  • 肌や皮膚に厚みがある
  • 肌が中間タイプ

肌や皮膚に厚みがある

肌や皮膚に厚みがある方は、似合う色がわかりにくいといわれています。

肌に厚みがあるため、1つ1つの色を照らし合わせても、顔の雰囲気が変わりにくいことが理由です。

肌の色で判断できない場合は、目や髪の毛の色を通して分析しましょう。

肌の色を参考にしつつ、目や髪の毛の色素を細かく分析すると、自分のパーソナルカラーが判断しやすくなります。 

肌が中間タイプ

肌が中間タイプの方も同様に、似合う色が判断しにくいといわれています。

パーソナルカラー診断といえば、イエローベースもしくは、ブルーベースが一般的です。

しかし、中間タイプの方は、グリーンベースと呼ばれるグループに分類されます。

肌色がイエローとブルーの中間であるため、相性が合う色を探しにくいことが原因です。

肌が中間タイプの方は、イエローベースや、ブルーベースにこだわる必要はありません。

肌色はグリーンベースと判断して、目や髪の色を判断材料として診断するといいでしょう。

パーソナルカラーがわからない場合の対処法

パーソナルカラーがわからない場合の対処法

パーソナルカラーは、肌の色によって、判断が難しい場合があります。

正確に診断するためには、いくつかの判断材料を活用することが大切です。

パーソナルカラーがわからない場合の対処法について、判断に必要なポイントを解説します。

  • 肌や血管の色を確認
  • 髪や目の色を確認
  • アクセサリーを使って比較
  • プロに相談

肌や血管の色を確認

まずは、肌や血管の色を確認することが大切です。

イエローベースや、ブルーベースは、以下の特徴があります。

【イエローベース】

肌色:黄色みがある。オレンジやコーラル系の色。

血管の色:緑色

【ブルーベース】

肌色:青みがある。肌が白い。ピンク系の色。

血管の色:青色

イエローベースは黄色みがあり、ブルーベースは青みがあると覚えておきましょう。

また血管の色も参考にすると、自分のパーソナルカラーが診断しやすくなります。

髪や目の色を確認

髪や目の色も同様に、パーソナルカラーの判断材料となります。

以下の特徴を参考に、自分のパーソナルカラーを分析しましょう。

【イエローベース】

目の色:白目は黄色みがある。明るめから暗めのブラウン系。

髪の色:ブラウン系。繊細で柔らかい髪質や、マット感のある髪質が多い。

【ブルーベース】

目の色:綺麗な黒目。ローズブラウンや、赤みブラウンの方も多い。

髪の色:暗めのブラウン系。綺麗な黒髪の場合もある。柔らかい髪質や、ハリのある髪質が多い。

セルフチェックの場合は、鏡を使いながら診断するのがおすすめです。

自分では判断できない場合があるため、家族や友人と一緒におこなうといいでしょう。

他の方と比較すると、より自分の色の特徴が判断しやすくなります。

アクセサリーを使って比較

肌や目、髪の色で分析できない場合は、アクセサリーの色を参考にするといいでしょう。

イエローベースや、ブルーベースの方は、以下の色が似合います。

【イエローベース】

  • ゴールド

【ブルーベース】

  • シルバー

実際にアクセサリーをつけて、どちらが肌に馴染むか比較しましょう。

ゴールドが似合うならイエローベース、シルバーが似合うならブルーベースの可能性があります。

プロに相談

どうしてもパーソナルカラーが判断できない場合は、プロに相談する方法も1つの手です。

セルフチェックは手軽さが魅力ですが、素人目線でしか判断できないため、正確ではありません。

正確な診断を求めるなら、専門性のあるプロのアドバイスが1番おすすめです。

プロに相談する場合は、インターネットでサロンを検索して、予約する必要があります。

サロンによって、メイクのアドバイスをしてもらえる場合もあるため、似合う色をより詳しく知りたい方にもぴったりです。

まとめ

今回は、パーソナルカラーがわからない方のために、診断方法や見分け方を紹介しました。

パーソナルカラーを正確に分析するなら、肌や目、髪の色まで確認することが大切です。

またアクセサリーの色を照らし合わせながら、自分のパーソナルカラーを分析してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。