ブルベ夏に似合う色は?色の選び方やコーディネート例を紹介

ブルベ夏に似合う色は?色の選び方やコーディネート例を紹介

ブルベとは、パーソナルカラーで診断される色のことです。

ブルベのなかにも、夏と冬のジャンル分けがあり、困惑する方も多いのではないでしょうか。

今回はブルベ夏に焦点を当て、似合う色やおすすめコーディネートを紹介します。 

ブルベ夏とは

ブルベ夏とは

ブルベ夏とは、ブルーベースの肌色を持つ色タイプのことです。

ブルベ夏の特徴や、ブルベ冬との違いを紹介します。

  • ブルベ夏の特徴
  • ブルベ冬との違い 

ブルベ夏の特徴

ブルベ夏は、肌や瞳に透明感のある肌タイプです。

全体的に柔らかい色味であるため、上品な印象や、大人っぽい雰囲気を与えます。

【ブルベ夏の特徴】

肌:透明感のある青ベース。肌質はきめ細かい。日焼けで肌の赤みが増す。

瞳:赤みのあるブラウン系。優しい黒色の場合もある。コントラストは柔らかい。

髪の毛:髪の1本1本が細い。髪質は柔らかい。優しいブラウン系や黒色。

ブルベ夏は薄く、きめ細かい肌質が特徴です。

少し赤みはあるものの、透明感のある肌色を持っています。

瞳や髪の毛も同様に、透け感のあるブラウン系や、グレーに近い黒色が特徴です。

ブルベ冬との違い

ブルベ夏は、全体的に優しいトーンが特徴です。

反対に、ブルベ冬は、はっきりとした色が特徴といえます。

例えば、ブルベ冬の肌は透明感があり、瞳や髪の毛は、綺麗な黒色です。

ブルベ夏と比較して、色のコントラストが強いため、クールな印象を与えます。

ブルベ夏の優しい色に対し、ブルベ冬は、はっきりとした色が特徴と覚えておきましょう。

ブルベ夏に似合う色の選び方

ブルベ夏に似合う色の選び方

ブルベ夏は、肌や瞳、髪の毛に似合う色を選ぶことが大切です。

大きく3つに分けて、ブルベ夏の色の選び方を紹介します。

  • ブルーベースの色
  • 柔らかい色
  • イエローベースの色は苦手

ブルーベースの色

ブルベ夏は、青みを感じさせる肌タイプであるため、ブルーベースの色が似合います。

温かみのある色よりも、涼しさを感じる色を選びましょう。

【おすすめの色】

  • ローズピンク
  • オーキッド
  • モーブピンク
  • ラズベリー
  • パウダーブルー
  • スカイブルー
  • ラベンダー
  • ペパーミントグリーン
  • ブルーグリーン
  • ライトブルーグレー
  • グレイッシュブルー

スカイブルーや、ラベンダーは、ブルベ夏の上品な雰囲気にぴったりです。

寒色系が得意なブルべ夏ですが、他の色を選ぶ場合も、青みのある色を取り入れましょう。

赤系ならローズピンク、緑系はブルーグリーンが似合います。

柔らかい色

ブルベ夏は、鮮やかな色よりも、パステルカラーに近い色がおすすめです。

パウダーブルーや、ベビーピンク、パステルピンクの柔らかい色が似合います。

白系やブラウン系を取り入れる場合も同様に、以下の柔らかい色を選びましょう。

【おすすめの色】

  • オフホワイト
  • ローズベージュ
  • ココア
  • ローズブラウン

濃い色を選ぶ場合は、ソフトネイビーやバーガンディー、プラムがおすすめです。

はっきりとした色は避けて、なるべくコントラストを感じさせない色を選ぶといいでしょう。 

イエローベースの色は苦手

ブルベ夏は、イエローベースの色が苦手です。

温かみのある黄色や、オレンジは、顔の雰囲気に合わないため、避けた方がいいでしょう。

もしイエローベースの色を取り入れる場合は、顔の位置から遠いボトムスや、小物がおすすめです。

例えば、ワンポイントカラーとして、黄色のパンプスを足元に取り入れるといいでしょう。

またライトレモンイエローのように淡い色を選ぶと、垢抜けコーデが作りやすくなります。

ブルベ夏に似合う全身コーデ

ブルベ夏に似合う全身コーデ

ブルベ夏は、ブルーベースを元に、爽やかな色を選ぶことが大切です。

1年の季節を通して、ブルベ夏に似合う全身コーデを紹介します。

  • 春コーディネート
  • 夏コーディネート
  • 秋コーディネート
  • 冬コーディネート

春コーディネート

春のコーディネートは、ライトグレーでまとめて、爽やかな雰囲気に仕上げましょう。

落ち着いた印象に見えるため、オフィスコーデにもぴったりです。

アウタージャケット(ライトグレー)
トップスブラウス(パウダーブルー)
ボトムステーパードパンツ(ライトグレー)
小物パンプス(ライトレモンイエロー)、ハンドバッグ(グレー)

ジャケットやパンツは、ライトグレーを選び、統一感のあるコーデにまとめましょう。

ブラウスは、淡いブルーを取り入れると、爽やかな雰囲気を演出できます。

コーデ全体がぼやけた印象とならないよう、足元は、イエローカラーを選びましょう。

イエローベースが苦手なブルベ夏ですが、淡いレモンイエローなら似合います。

ワンポイントカラーとして取り入れて、コーデ全体を引き締めましょう。

夏コーディネート

夏のコーディネートは、爽やかな色を取り入れて、夏らしい印象にまとめましょう。

色だけではなく、夏らしい素材や柄物を選ぶと、より垢抜けた印象が手に入ります。

トップスTシャツ(オフホワイト)
ボトムスギャザースカート(ラベンダー)
小物スニーカー(オフホワイト)、ショルダーバッグ(ブラック)

トップスは、シンプルなオフホワイトのTシャツを選びましょう。

ボトムスが目立つ分、トップスはシンプルにまとめるのがおすすめです。

小物はトップスと同様に、オフホワイトのスニーカーを合わせて、統一感を作りましょう。

コーデ全体に締まりがなくなるため、鞄はブラックを選ぶことが大切です。

秋コーディネート

秋のコーディネートは、ベージュやブラウンを選ぶのがおすすめです。

他にも、バーガンディーや、ディープブルーグリーンの濃い色を選ぶといいでしょう。

アウターボアブルゾン(ベージュ)
トップスニット(ココア)
ボトムスニットスカート(ココア)
小物ショートブーツ(ブラック)、ハンドバッグ(ブラック)

アウターは、ベージュのボアブルゾンを選び、顔まわりを明るく見せることが大切です。

ココアのニットセットアップを合わせて、秋らしい装いに仕上げましょう。

小物や鞄は、ブラックでまとめると、大人っぽい雰囲気を演出できます。

冬コーディネート

冬のコーディネートは、ネイビーやグレー、シルバーの色でまとめるのがポイントです。

落ち着いた色を合わせて、冬の季節らしいコーデに仕上げましょう。

アウターノーカラーコート(ソフトネイビー)
トップスニット(ソフトグレー)
ボトムスチュールスカート(グレイッシュブルー)
小物パンプス(シルバー)、ショルダーバッグ(シルバー)

アウターは、ソフトネイビーのコートが似合います。

ブルーベースの色に幅広く似合うため、トップス選びに困らない点でもおすすめです。

トップスやボトムスは、グレー系でまとめると、統一感のあるコーデが簡単に作れます。

小物はシルバーでまとめて、落ち着いた印象に見せましょう。

まとめ

今回はブルベ夏に焦点を当て、似合う色やおすすめコーディネートを紹介しました。

ブルベ夏は、ブルーベースの色や、柔らかい色が似合います。

季節に似合う色を取り入れて、今よりおしゃれな雰囲気を手に入れてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。