イエベ春に似合わない色は?コーデに取り入れる注意点を紹介

イエベ春に似合わない色は?コーデに取り入れる注意点を紹介

「イエベ春」を含め、パーソナルカラーは、セルフチェックで簡単に診断できます。

しかし、似合う色は見つかりやすい反面、似合わない色の判断は難しいでしょう。

今回はイエベ春に焦点を当て、似合わない色や、コーデに取り入れる際の注意点を紹介します。

イエベ春の特徴

イエベ春の特徴

パーソナルカラーは、イエベ・ブルベの色タイプに分けて診断します。

イエベ春は名前のとおり、イエベに分類される色タイプです。

まずは、イエベ春の特徴や、似合う色を紹介します。

  • イエベ春の特徴
  • イエベ春に似合う色

イエベ春の特徴

イエベ春は、イエローベースの肌を持つ色タイプです。

透け感のある色で、明るくキュートな印象に見えます。

【イエベ春の特徴】

肌:黄色みがある。トーンは明るめ。透明感がある。

瞳:明るいブラウン。白目と黒目の境がくっきりしている。

髪の毛:明るいブラウン。髪質は細くツヤがある。

イエベ春は、イエローベースの肌ですが、明るいトーンが特徴です。

また透明感があるため、白い肌のように明るく見えます。

瞳や髪の毛も同様に、明るいブラウンが特徴です。

髪質はツヤ感があり、若々しい印象を与えます。

イエベ春に似合う色

イエベ春は、イエローベースの色が似合います。

肌の色に合わせて、明るくポップな色を選ぶといいでしょう。

【おすすめの色】

  • アイボリー
  • ライトキャメル
  • ブライトイエロー
  • ライトオレンジ
  • ピーチピンク
  • ブライトレッド
  • ライトターコイズ
  • ライトネイビー
  • アップルグリーン
  • ローズグレー

イエベ春は、明るいイエローやオレンジ、グリーンが似合います。

春の季節を感じさせる色を選ぶと、よりイエベ春のイメージにぴったり似合うでしょう。

【イエベ春】似合わない色

【イエベ春】似合わない色

イエベ春は、春に咲く花を感じさせるような、明るい色が似合います。

では反対に、イエベ春に似合わない色はあるのでしょうか。

大きく3つに分けて、イエベ春が苦手な色を紹介します。

  • 寒色系の色
  • 暗い色
  • くすんでいる色

寒色系の色

イエベ春は、イエローやオレンジといった、暖色系が特徴です。

寒色系とは反対であるため、イエベ春にはあまり似合いません。

色選びの際は、以下のように青みが入っている色や、冷たさを感じる色は避けた方がいいでしょう。

【青みカラー】

  • カメリアピンク
  • モーブピンク
  • ブルーレッド

【寒色系カラー】

  • チャイニーズブルー
  • ブルーグリーン
  • グレイッシュブルー

寒色系を選ぶなら、明るい色や、クリアな色がおすすめです。

ライトターコイズや、ライトネイビーを選び、明るい印象を崩さないよう意識しましょう 

暗い色

イエベ春は、明るい肌が特徴であるため、暗い色が苦手です。

暗い色や、濃い色を選ぶと、顔の印象にまで影響してしまいます。

イエベ春の魅力が消えてしまうため、以下の色はあまりおすすめできません。

【暗い色】

  • ワインレッド
  • ダークネイビー
  • ロイヤルパープル
  • カーキ
  • グレー
  • ブラック

暗い色を選ぶ場合は、ローズグレーや、ライトネイビーがおすすめです。

他にも、ゴールデンブラウンのように、温かみのある色を選ぶといいでしょう。

くすんでいる色

イエベ春は、透明感があるため、くすんでいる色が苦手です。

くすんでいる色を選ぶと、肌色が悪く見えてしまいます。

【くすんでいる色】

  • マスタード
  • ディープゴールデンオレンジ
  • ベージュグリーン
  • モスグリーン

くすんでいる色より、なるべくクリアな色を選ぶようにしましょう。

ライトオレンジや、アップルグリーンを選ぶと、顔まわりが一気に明るく見えます。

【イエベ春】似合わない色のコーデ術

【イエベ春】似合わない色のコーデ術

イエベ春は、寒色系やくすんだ色があまり似合いません。

もし似合わない色を選ぶなら、色の組み合わせを工夫することが大切です。

イエベ春の似合わない色のコーデ術を紹介します。

  • 顔まわりは明るい色を
  • 似合わない色は控えめに
  • 柄物や素材で華やかさを

顔まわりは明るい色を

イエベ春は、ポップな印象の明るい色が得意です。

似合わない色を組み合わせるなら、顔まわりは明るい色で固めましょう。

トップスやイヤリング、ネックレスは、顔の雰囲気に大きく影響します。

顔の近くは明るい色でまとめて、イエベ春の魅力を最大限まで引き出しましょう。

トップスは、アイボリーやコーラルピンク、ライトターコイズがおすすめです。

アクセサリーを組み合わせる場合、ゴールドを選ぶと、顔色にしっくりなじみます。

似合わない色は控えめに

似合わない色は、顔まわりから遠い位置に取り入れることが大切です。

トップスは顔の雰囲気に影響するため、ボトムスや小物に取り入れましょう。

トップス以外の箇所なら、顔まわりの雰囲気はそれほど大きく変わりません。

ボトムスに取り入れる場合は、カーキやブラックがおすすめです。

暗い色や、濃い色を選ぶと、下半身がスタイルアップして見えます。

小物も同様に、程よく暗い色を取り入れて、コーデ全体を引き締めましょう。

柄物や素材で華やかさを

イエベ春は、華やかな柄や、ふんわり軽い素材が似合います。

色だけではなく、柄や素材も工夫すると、より華やかな印象を演出できるでしょう。

柄物を取り入れる場合は、以下の柄がおすすめです。

【おすすめの柄】

  • 花柄
  • ドット
  • チェック
  • ギンガムチェック

ハニーイエローや、スプリンググリーンの明るい色に合わせると、よりイエベ春に似合います。

またチェック柄を取り入れる場合は、イエローベースの色を選びましょう。

アイボリーやライトキャメルといった、ベージュからブラウン系までの色がおすすめです。

素材を取り入れる場合は、シフォンやレース、シースルーを選びましょう。

ふんわり透け感のある素材を選ぶと、イエベ春らしい雰囲気を演出できます。

まとめ

今回はイエベ春に焦点を当て、似合わない色や、コーデに取り入れる際の注意点を紹介しました。

イエベ春は、透明感のある色タイプで、明るい色が似合います。

反対に、暗い色や、くすんでいる色は、肌色が悪く見えてしまうため注意しましょう。

似合わない色を選ぶ際は、色の組み合わせ方を工夫することが大切です。

今回紹介したコーデ術を参考に、イエベ春で幅広いコーデに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。