イエベ秋に似合わない色とは?相性が悪い色の着こなし方を紹介

イエベ秋に似合わない色とは?相性が悪い色の着こなし方を紹介

イエベ秋と診断された方は、パーソナルカラー診断を通して、似合う色を診断できます。

イエベ秋の雰囲気に合わせるなら、似合わない色もあわせて知ることが大切です。

今回はイエベ秋の特徴や、似合わない色を紹介します。

似合わない色の着こなし方も紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

イエベ秋の特徴

イエベ秋の特徴

イエベ秋は、パーソナルカラー診断で使用される色タイプの1つです。

イエローベースの色タイプですが、イエベ秋には、どのような特徴があるのでしょうか。

まずはイエベ秋の特徴や、似合う色を紹介します。

  • イエベ秋の特徴
  • イエベ秋に似合う色

イエベ秋の特徴

イエベ秋は、パーソナルカラー診断のなかでも、イエベタイプに分類されます。

ブルベタイプと比較して、黄色みのある肌が特徴です。

また肌や瞳、髪の毛はそれぞれ、以下の特徴があります。

【イエベ秋の特徴】

肌:イエローベース。オークル系。肌質はマット。

瞳:深いブラウン。白目とのコントラストはあまりない。

髪の毛:暗いブラウン。黒色の場合もある。髪質はハリがある。

イエベ秋は、全体的に深みのある色タイプです。

肌はマットのオークルタイプで、落ち着いた印象があります。

瞳や髪の毛も同様に、深みを感じさせるブラウンの色が特徴です。

秋の季節のように、こっくりとした色があり、大人っぽい雰囲気に見えます。 

イエベ秋に似合う色

イエベ秋は、顔まわりの色に合わせて、深みのある色を選ぶことが大切です。

イエローベースを元に、秋の季節を感じるような色を選びましょう。

【おすすめの色】

  • バニラホワイト
  • ベージュ
  • コーヒーブラウン
  • サーモン
  • オレンジ
  • ゴールド
  • ターコイズ
  • マリンネイビー
  • モスグリーン
  • ベージュグリーン

イエベ秋は、深みのある色以外にも、くすんだ色が似合います。

黄色みのあるマスタードや、ベージュグリーンを選ぶと、よりイエベ秋の雰囲気に似合うでしょう。

明るい色を選ぶ場合は、バニラホワイトや、キャメルの温かい色がおすすめです。

【イエベ秋】似合わない色

【イエベ秋】似合わない色

イエベ秋は、似合わない色を選んでしまうと、顔まわりの雰囲気が悪く見えてしまいます。

垢抜けた印象に見せるなら、似合う色だけではなく、似合わない色を知ることが大切です。

大きく3つに分けて、イエベ秋に似合わない色を紹介します。

  • 青みのある色
  • 柔らかい色
  • 鮮やかな色

青みのある色

イエベ秋は、青みのある色や、冷たさを感じる色があまり似合いません。

イエベ秋といえば、黄色みがあり、血色感の少ない肌が特徴です。

青みのある色は、イエベ秋の温かい印象を崩してしまいます。

また肌の赤みが目立ちにくいため、青みのある色の魅力を活かせず、チグハグな雰囲気となってしまうでしょう。

以下のような色はなるべく避けて、黄色みのある色を選ぶことが大切です。

【青みのある色】

  • ベビーピンク
  • ローズピンク
  • ブルーレッド
  • ブルーグリーン
  • マラカイトグリーン

もし青みのある色を選ぶ場合は、落ち着いたトーンを選ぶといいでしょう。

ティールブルーや、マリンネイビーを選ぶと、イエベ秋の落ち着いた雰囲気を演出できます。

柔らかい色

イエベ秋は、パステルカラーのように、柔らかい色が苦手です。

肌色がはっきりしているため、柔らかい色を選ぶと、顔の雰囲気に負けてしまいます。

また全体の印象がぼやけてしまい、イエベ秋の雰囲気が崩れてしまうでしょう。

柔らかい色や、淡い色は避けて、全体の印象を引き締めるような色を選ぶことが大切です。

【柔らかい色】

  • アイシーピンク
  • パステルピンク
  • アイシーブルー
  • パウダーブルー
  • ペパーミントグリーン

イエベ秋は、柔らかい色より、温かみのある色が似合います。

パステルカラーの代わりに、バニラホワイトや、ベージュを選び、柔らかい雰囲気にまとめましょう。

鮮やかな色

イエベ秋は、鮮やかな色や、はっきりとした色が似合いません。

イエベ秋の雰囲気に合わないため、顔色が浮いて見えてしまいます。

以下の鮮やかな色は、なるべく避けるようにしましょう。

【鮮やかな色】

  • ブライトイエロ
  • マゼンダ
  • ブライトレッド
  • トゥルーレッド
  • ライトグリーン

イエベ秋は、鮮やかな色より、深みのある色を選ぶことが大切です。

もし鮮やかな色を選ぶなら、明るいサーモンやトマトレッド、ゴールデンオレンジを選ぶといいでしょう。

【イエベ秋】似合わない色の着こなし方

【イエベ秋】似合わない色の着こなし方

イエベ秋に似合わない色は、色の組み合わせや、着こなし方を工夫することが大切です。

イエベ秋に似合わない色を選ぶ場合、着こなしポイントを紹介します。

  • イエローベースを意識
  • 似合わない色はボトムスに
  • 小物は温かみのある色を

イエローベースを意識

イエベ秋は、イエローベースの色を意識することが大切です。

顔まわりは特に、合わせる色によって、雰囲気が大きく変わります。

トップスは、なるべくイエベ秋に似合うイエローベースの色を選びましょう。

また季節に合う色を選ぶと、より垢抜けた印象に仕上がります。

【春夏】

  • バニラホワイト
  • オレンジ
  • ターコイズ
  • マリンネイビー
  • ブライトイエローグリーン

【秋冬】

  • コーヒーブラウン
  • マスタード
  • レッドパープル
  • モスグリーン
  • アーミーグリーン

春夏はフルーツカラー、秋冬はくすみカラーがおすすめです。

またくすんだ色を程よく取り入れて、イエベ秋にぴったりの雰囲気を演出しましょう。 

似合わない色はボトムスに

イエベ秋は、青みのある色や、鮮やかな色があまり似合いません。

似合わない色を選ぶ場合、なるべく顔まわりは避けることが大切です。

顔の雰囲気と合わないため、肌色がくすんで見えたり、顔色が悪く見えたりする原因となります。

似合わない色は、なるべくボトムスに取り入れて、顔から遠ざけるようにしましょう。

イエベ秋は深い色が得意であるため、グレーやブラックの引き締めカラーがおすすめです。

カジュアルにまとめるなら、ブルーデニムを組み合わせるといいでしょう。

小物は温かみのある色を

イエベ秋の小物は、温かみのある色を選びましょう。

アイテム別に分けて、以下の色を選ぶと、垢抜けコーデが作れます。

【マフラー・ストール】

  • バニラホワイト
  • キャメル
  • モスグリーン

【バッグ】

  • ベージュ
  • マホガニー
  • マスタード
  • オレンジレッド

【シューズ】

  • バニラホワイト
  • コーヒーブラウン
  • レッドパープル

洋服はブラウン系でまとめて、小物は、オレンジやグリーンの差し色を選ぶのがおすすめです。

コーデに物足りなさを感じる場合、チェックの柄物や、ファーの素材を組み合わせましょう。

まとめ

今回はイエベ秋の特徴や、似合わない色を紹介しました。

イエベ秋は、イエローベースの肌タイプであるため、青みのある色があまり似合いません。

もし似合わない色を取り入れるなら、顔から遠いボトムスや小物がおすすめです。

色の組み合わせ方を工夫して、自分の好きな色のコーデを楽しんではいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。