【パーソナルカラー】サマーとは?似合う色やおすすめコーデを紹介

【パーソナルカラー】サマーとは?似合う色やおすすめコーデを紹介

パーソナルカラーは、診断結果によって、似合う色が大きく異なります。

そのなかでも、サマーは、ブルーベースが似合う色タイプです。

今回は、サマーの似合う色や、おすすめコーデを紹介します。

【パーソナルカラー】サマーとは

【パーソナルカラー】サマーとは

サマーは、パーソナルカラーのブルベに分類されます。

青みを感じさせるブルベですが、サマーはどのような特徴があるのでしょうか。

サマーの特徴や、他のブルベタイプとの違いを紹介します。

  • サマーの特徴
  • ウィンターとの見分け方

サマーの特徴

サマーは、ブルベらしい透明感にプラスして、柔らかい印象のある色タイプです。

全体的に明るく、透け感のあるトーンで、おしとやかな雰囲気を与えます。

【サマーの特徴】

  • 肌は青白く透明感がある
  • 肌質はきめ細かい
  • 瞳は赤みブラウン
  • 白目と黒目のコントラストは弱い
  • 髪色は透け感のあるブラック

サマーは柔らかい色や、淡いトーンが特徴です。

肌は青白いものの、瞳や髪は、明るいブラウンが優しい印象を与えます。

また肌質はきめ細かく、髪質は柔らかい点が特徴です。

繊細な質感があるため、儚い印象や、上品な印象にも見えるでしょう。 

ウィンターとの見分け方

ブルベはサマーの他にも、ウィンターと呼ばれる色タイプがあります。

どちらもブルーベースの色タイプであるため、迷う方は多くいるでしょう。

ウィンターと見分ける場合は、以下の点に注目することが大切です。

【肌】

サマー:肌質はきめ細かい

ウィンター:肌質はハリ感がある

【瞳】

サマー:赤みブラウン

ウィンター:綺麗なブラック

【髪】

サマー:赤みブラウンや、透け感のあるブラック

ウィンター:綺麗なブラック

サマーと比較して、ウィンターは、はっきりとした色が特徴といえます。

サマーは柔らかいトーン、ウィンターは存在感のあるトーンだと、覚えるといいでしょう。

【パーソナルカラー】サマーに似合う色

【パーソナルカラー】サマーに似合う色

サマーは、顔の雰囲気に合わせて、優しい色を選ぶことが大切です。

ジャンル別に分けて、サマーに似合う色を紹介します。

  • ファッションカラー
  • ヘアカラー
  • メイクカラー

ファッションカラー

サマーのファッションカラーは、柔らかい色や、少しくすみのある色がおすすめです。

顔まわりは特に、優しいトーンの色を取り入れると、上品な雰囲気を演出できます。

またトップス・ボトムスに分けて、以下の色を選ぶといいでしょう。

【トップス】

  • オフホワイト
  • ココア
  • ベビーピンク
  • パウダーブルー
  • ブルーグリーン

【ボトムス】

  • ココアブラウン
  • ラズベリー
  • ラベンダーパープル
  • ソフトネイビー
  • ディープブルーグリーン
  • ライトブルーグレー

トップスは、オフホワイトや、パステルカラーが似合います。

ボトムスと同系色を合わせて、グラデーションコーデに仕上げてもいいでしょう。

ボトムスも同様に、ココアブラウンや、ソフトネイビーの柔らかい色がおすすめです。 

ヘアカラー

サマーといえば、赤みブラウンや、透け感のあるブラックが特徴です。

地毛をベースに選ぶと、垢抜けたヘアスタイルを作りやすいでしょう。

【ヘアカラー】

  • ココアブラウン
  • ローズブラウン
  • ピンクベージュ
  • アッシュグレー

赤みブラウンなら、ローズブラウンや、ピンクベージュが似合います。

ブラックの髪色は、アッシュ系カラーを選ぶと、より透け感のある印象を引き出せるでしょう。

アッシュ系カラーは、ピンクやパープル、ブルーもおすすめです。

明るすぎず、程よく透け感のあるトーンで、落ち着いた雰囲気にまとめましょう。 

メイクカラー

サマーのメイクカラーは、上品な印象にまとめるのがおすすめです。

アイテム別に以下の色を選ぶと、サマーにぴったりの雰囲気を演出できます。

【ファンデーション】

  • ピンクベージュ
  • ライトオークル

【アイシャドウ】

  • ローズブラウン
  • ベビーピンク
  • ラベンダー
  • ライトブルー

【チーク】

  • ローズベージュ
  • ローズピンク
  • ラベンダー

【リップ】

  • ローズピンク
  • ラズベリー
  • バーガンディ

ファンデーションは、肌のトーンに合わせて、ピンク系の色を選びましょう。

アイシャドウは赤みブラウンやピンク、ラベンダーが似合います。

気分を変えるなら、ミントグリーンや、ライトグレーがおすすめです。

チークやリップは、ピンクやラズベリー系の色を選ぶと、華やかな雰囲気に仕上がります。

【パーソナルカラー】サマーのコーデ例

【パーソナルカラー】サマーのコーデ例

サマーのコーデは、優しい色を選び、柔らかい雰囲気にまとめることが大切です。

アイテム別に分けて、サマーのおすすめコーデを紹介します。

  • サマー×パンツコーデ
  • サマー×スカートコーデ
  • サマー×ワンピースコーデ

サマー×パンツコーデ

サマーのパンツコーデは、シックな印象にまとめましょう。

ネイビーやグレーを選ぶと、落ち着いたコーデを作れます。

アウターノーカラーコート(ライトグレー)
トップスUネックニット(パウダーブルー)
ボトムスセンタープレスパンツ(ソフトネイビー)
小物パンプス(グレー)、ハンドバッグ(ブラウン)

アウターは、ライトグレーのノーカラーコートがおすすめです。

カジュアルだけではなく、オフィスコーデにも活躍できます。

トップスやボトムスは、ブルー系カラーを選び、シンプルにまとめましょう。

また小物は暗いトーンの色を合わせると、大人っぽい雰囲気に仕上がります。

サマー×スカートコーデ

サマーのスカートコーデは、淡い色を選び、柔らかい雰囲気にまとめましょう。

パステルカラーを選ぶと、女性らしいコーデに仕上がります。

アウターカーディガン(ベージュ)
トップスメロウトップス(ライトグレー)
ボトムスマーメイドスカート(ミントグリーン)
小物スニーカー(シルバー)、ファーバッグ(ベージュ)

アウターは、ベージュのカーディガンを選びましょう。

カラーは黄色が苦手ですが、ローズベージュなら、サマーの雰囲気に似合います。

またトップスはライトグレーを選び、顔まわりを明るい印象に見せましょう。

ボトムスは、ミントグリーンのマーメイドスカートがおすすめです。

パステル系の爽やかな色で、サマーの魅力をたっぷり活かせます。

サマー×ワンピースコーデ

サマーのワンピースコーデは、大人フェミニンな印象にまとめましょう。

色だけではなく、花柄やドット柄を取り入れると、より女性らしい雰囲気を演出できます。

アウターダウンジャケット(ネイビー)
トップス花柄ワンピース(ラベンダー)
小物ソックスブーツ(ブラック)、巾着バッグ(ブラック)

アウターは、フェミニンになりすぎないよう、ダウンジャケットを選びましょう。

ラベンダーの花柄ワンピースを合わせると、程よく大人っぽい雰囲気を演出できます。

花柄は可愛らしい印象があるため、小物はブラックでまとめるのがおすすめです。

まとめ

今回はサマーの似合う色や、おすすめコーデを紹介しました。

サマーは、おしとやかな印象があるため、柔らかい色が似合います。

今回紹介したポイントを参考に、サマーにぴったりのコーデを探してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。