ブルベ夏に似合わない色とは?コーデに組み合わせるコツも紹介

ブルベ夏に似合わない色とは?コーデに組み合わせるコツも紹介

ブルベ夏は、パーソナルカラー診断を通して、自分に似合う色を探せます。

より垢抜けた印象を手に入れるなら、ブルベ夏が苦手な色もあわせて知ることが必要です。

今回はブルベ夏に似合わない色や、コーデに組み合わせるコツを紹介します。

ブルベ夏とは

ブルベ夏とは

パーソナルカラー診断は、ブルベの他にも、イエベと呼ばれる色タイプがあります。

黄色みのあるイエベと異なり、ブルべ夏は、青みがかった色が得意です。

特徴や似合う色を含め、ブルべ夏の基本ポイントを紹介します。

  • ブルベ夏の特徴
  • ブルベ夏に似合う色

ブルベ夏の特徴

ブルベ夏は全体的に明るく、ソフトなトーンが特徴です。

柔らかい色であるため、大人っぽい印象や、落ち着いた雰囲気に見えます。

【ブルベ夏の特徴】

肌:明るいトーン。少し赤みがある。

瞳:優しいブラウン。白目と黒目のコントラストがあまりない。

髪の毛:グレー寄りのブラック。

ブルベ夏の肌色は、明るいトーンで、マットな質感が特徴です。

瞳や髪の毛も同様に、明るさを感じる色ですが、柔らかい印象があります。 

ブルベ夏に似合う色

ブルベ夏は、柔らかい雰囲気に似合う色を選ぶことが大切です。

ブルーベースを中心に、明るい色や、パステルカラーの優しい色を選ぶといいでしょう。

【おすすめの色】

  • オフホワイト
  • ココア
  • ローズピンク
  • モーブピンク
  • バーガンディ
  • ラベンダー
  • スカイブルー
  • グレイッシュブルー
  • ライトグレー

明るい色を選ぶなら、オフホワイトやラベンダー、スカイブルーがおすすめです。

パステルカラーも取り入れて、上品な雰囲気を演出しましょう。

またブルベ夏は、少しくすみのある色も似合います。

モーブピンクや、ブルーグリーンといった、青みのある色を選ぶと、こなれ感を簡単に作れるでしょう。

【ブルベ夏】似合わない色

【ブルベ夏】似合わない色

ブルべ夏は、似合わない色を選ぶと、肌色が悪く見えてしまいます。

垢抜けた印象を作るなら、ブルベ夏に似合う色を知ることが大切です。

大きく3つに分けて、ブルベ夏に似合わない色を紹介します。

  • 黄みのある色
  • 鮮やかな色
  • 温かみのある色

黄みのある色

ブルベ夏は、ブルーベースの色タイプであるため、イエローベースが苦手です。

黄みのある色を選ぶと、肌色がくすんで見えてしまいます。

以下の色はなるべく避けて、ブルーベースの色を選びましょう。

【黄みのある色】

  • ブライトイエロー
  • オレンジ
  • ターコイズ
  • アップルグリーン
  • ブライトイエローグリーン
  • ベージュグリーン

イエローやオレンジは特に、黄みの印象が強いため、避けることが大切です。

もしイエローを取り入れるなら、ライトレモンイエローのように、淡い色を選びましょう。

またブルーやグリーンの場合も、黄みのある色は似合いません。

例えば、ターコイズや、アップルグリーンは、黄色っぽさがあるため、避けた方がいいでしょう。

鮮やかな色

ブルベ夏は、鮮やかな色が苦手です。

鮮やかな色を選ぶと、ブルベ夏の柔らかい雰囲気が崩れてしまいます。

また顔が浮いて見える可能性もあるため、なるべく避けた方がいいでしょう。

【鮮やかな色】

  • チェリーピンク
  • ブライトレッド
  • トゥルーブルー
  • ロイヤルブルー
  • ロイヤルパープル
  • ライトグリーン

ブルベ夏は、青みがかった色が得意ですが、トゥルーブルーや、ロイヤルパープルはあまり似合いません。

どちらもはっきりとした色であるため、ブルベ夏の柔らかい雰囲気が崩れてしまいます。

またブラックも同様に、強い印象に見えてしまうため避けましょう。

温かみのある色

ブルベ夏は、イエローやオレンジといった、温かみのある色が苦手です。

温かみのある色を選ぶと、肌色が悪く見えてしまうため避けましょう。

また秋の季節のように、こっくりとした色もあまり似合いません。

【温かみのある色】

  • ゴールデンイエロー
  • オレンジレッド
  • ディープピーチ
  • サーモン
  • トマトレッド

ピンクやレッドを取り入れる場合は、涼しげのある色を選ぶことが大切です。

ベビーピンクや、ローズレッドは、青みがあるため、ブルベ夏にぴったり似合います。

【ブルベ夏】似合わない色の着こなし方

【ブルベ夏】似合わない色の着こなし方

似合わない色を着こなすなら、ブルベ夏の雰囲気を崩さないことが大切です。

3つのポイントに分けて、似合わない色を着こなす方法を紹介します。

  • トップスは柔らかい色を
  • 似合わない色はアクセントに
  • 小物は暗い色で引き締める

トップスは柔らかい色を

ブルベ夏のトップスは、似合う色を選ぶことが大切です。

トップスに似合わない色を選ぶと、ブルベ夏の印象が崩れてしまいます。

トップスは柔らかい色を組み合わせて、顔まわりを明るい印象に見せましょう。

以下の色を選ぶと、ブルベ夏らしい上品な雰囲気を演出できます。

【トップスにおすすめの色】

  • オフホワイト
  • ローズベージュ
  • ローズピンク
  • パウダーブルー
  • ラベンダー
  • ブルーグリーン

春夏はローズピンクや、ラベンダーの華やかな色がおすすめです。

秋冬は、オフホワイトやパウダーブルーを選ぶと、寒い季節にぴったりの透明感を作れます。 

似合わない色はアクセントに

ブルベ夏の似合わない色は、アクセントとして取り入れることが大切です。

顔まわりは影響を受けやすいため、ボトムスや小物に取り入れるといいでしょう。

例えば、ブルベ夏はイエローベースの色が苦手ですが、小物なら程よいアクセントになります。

バッグやシューズにさりげなく取り入れて、色のバランスを調整しましょう。

またブルーや、グレーのワントーンコーデと組み合わせると、よりこなれ感を演出できます。

小物は暗い色で引き締める

ブルベ夏の小物は、暗い色を選ぶことが大切です。

ブルベ夏は柔らかい色が得意ですが、コーデに取り入れすぎると、引き締まって見えない可能性があります。

コーデ全体のまとまりを作るなら、以下の色を選びましょう。

【マフラー・ストール】

  • ココア
  • モーブピンク
  • ソフトネイビー
  • グレイッシュブルー

【バッグ】

  • ワインレッド
  • マラカイトグリーン
  • ライトグレー

【シューズ】

  • キャメル
  • アーミーグリーン
  • ブラック

マフラーやストールは、顔の位置に近いため、ブルべ夏に似合う色がおすすめです。

ココアやソフトネイビーの落ち着いた色なら、どのコーデにも組み合わせやすいでしょう。

バッグやシューズは、暗い色で引き締めると、こなれた雰囲気に仕上がります。

グレーやブラックの色を選び、全身のスタイルを綺麗に見せましょう。

まとめ

今回はブルベ夏に似合わない色や、コーデに組み合わせるコツを紹介しました。

ブルベ夏は、暖色系の色や、はっきりとした色があまり似合いません。

しかし、似合わない色はアクセントとして、コーデに活用できます。

ボトムスや小物に取り入れて、今よりコーディネートの幅を広げてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。