骨格ストレート向けのダイエット方法!着痩せする方法も紹介

骨格ストレート向けのダイエット方法!着痩せする方法も紹介

骨格ストレートは、メリハリのある体型ゆえ、ふっくらした印象に見えがちです。

今よりスタイルアップするなら、骨格に合うダイエットを取り入れましょう。

今回は、骨格ストレート向けのダイエット方法や、着痩せする方法を紹介します。

骨格ストレートの特徴

骨格ストレートの特徴

骨格ストレートは、骨格診断によって、3つの骨格タイプから導き出します。

骨格ストレート向けのダイエットを実践するなら、骨格の特徴を知ることが大切です。

骨格ストレートの体型や、悩みポイントを紹介します。

  • 骨格ストレートの体型
  • 骨格ストレートの悩み

骨格ストレートの体型

骨格ストレートは、他の骨格タイプと比較して、女性らしい曲線ラインが特徴です。

上半身に厚みがあるため、メリハリのある体型に見えます。

【骨格ストレートの体型】

  • 上半身がふっくらしている
  • 上半身に重心がある
  • 鎖骨は出にくい
  • 膝下はほっそりしている
  • 筋肉や脂肪がつきやすい

骨格ストレートは、デコルテがふっくらしているものの、下半身はほっそりしている点が特徴です。

また腰やお尻の位置が高いため、脚がスラリと長く見えます。 

骨格ストレートの悩み

骨格ストレートは、以下の悩みを抱えがちです。

【骨格ストレートの悩み】

  • 上半身のボリュームが気になる
  • ウエストに脂肪がつきやすい
  • 太ると体型が変わりやすい

全体的に厚みがあるため、体重が増えると、体型の変化が出やすいといえます。

また脂肪がつきやすく、二の腕やウエストがふっくらして見える場合もあるでしょう。

ダイエットに挑戦するなら、上半身を中心に引き締めることが大切です。

筋肉をつけすぎないよう意識しつつ、ハリ感のあるスタイルに仕上げましょう。

下半身を鍛える場合は、太ももを中心にトレーニングするのがおすすめです。

骨格ストレートのダイエット方法

骨格ストレートのダイエット方法

骨格ストレートは、脂肪がつきやすい二の腕や、ウエストを絞ることが大切です。

骨格ストレート向けのダイエット方法を紹介します。

  • ウォーキング
  • 上半身中心の筋トレ
  • 姿勢の矯正
  • 食事管理 

ウォーキング

骨格ストレートは、ウォーキングがおすすめです。

運動が苦手な方でも、1日に歩く時間を少し増やすだけで、スタイルアップに繋がります。

例えば、駅までの道のりを歩いたり、積極的に階段を使ったり、日常生活での運動を意識しましょう。

ウォーキングは有酸素運動の1つであり、健康にもよいとされています。

有酸素運動で脂肪を燃焼しつつ、全身の筋肉を程よくつけましょう。

ウォーキングの他にも、ランニングや水泳も有酸素運動に含まれます。

自分が好きな有酸素運動を取り入れて、長く継続できるようにすることが大切です。

上半身中心の筋トレ

骨格ストレートは、体重が増えると、上半身の厚みが目立ちやすくなります。

上半身をスッキリ見せるなら、二の腕やウエスト中心の筋トレがおすすめです。

上半身の筋トレは、以下の方法を取り入れるといいでしょう。

【骨格ストレートにおすすめの筋トレ】

  • 腕立て伏せ
  • ドローイン
  • プランク
  • ツイストクランチ

二の腕を引き締めるなら、腕立て伏せや、ダンベルを使用するトレーニングがおすすめです。

ウエストを鍛える場合は、ドローインやプランクを実践しましょう。

上半身の気になる部分を引き締めて、メリハリのあるスタイルに仕上げることが大切です。

姿勢の矯正

骨格ストレートは、姿勢を真っ直ぐに矯正することが大切です。

姿勢が悪いと、全身のスタイルが崩れてしまう原因に繋がります。

スタイルの悪さだけではなく、自信がなさそうに見えてしまうため、注意しましょう。

正しい姿勢は、腹筋や背筋を使うことがポイントです。

綺麗な姿勢を意識するだけで、全身のスタイルが綺麗に見えます。

  

正しい姿勢を作る場合は、肩を後ろの方向に落としつつ、首は垂直の状態を作りましょう。

またお腹に力を入れて、骨盤が前後に揺れないよう意識すると、綺麗な姿勢を保てます。 

食事管理

骨格ストレートは、運動だけではなく、食事管理も重要です。

しかし、過度な食事制限は、かえってリバウンドの原因に繋がってしまいます。

ダイエットでは、規則正しい食生活を意識することが大切です。

食べ過ぎに注意しつつ、1日に必要な栄養バランスを摂取しましょう。

骨格ストレートは、筋肉や脂肪がつきやすい体型です。

食事ではタンパク質や、食物繊維を積極的に摂るといいでしょう。

タンパク質は卵類や鶏ささみ、食物繊維は豆類から摂取できます。

また1日ごとにカロリー計算表をつけると、食事管理がしやすいためおすすめです。

骨格ストレートの着痩せポイント

骨格ストレートの着痩せポイント

骨格ストレートは、ダイエットだけではなく、骨格に似合う洋服選びが大切です。

骨格ストレートにぴったりの素材や形を選ぶだけでも、スタイルアップできるでしょう。

骨格ストレートの着痩せアイテムや、コーディネートのポイントを紹介します。

  • 【トップス】デコルテを見せる
  • 【ボトムス】縦ラインを意識

【トップス】デコルテを見せる

トップスは、デコルテを見せることが大切です。

上半身に厚みがあるため、スッキリとした印象に見せましょう。

【トップス】

  • シンプルシャツ
  • カシュクールブラウス
  • Vネックニット

【素材】

  • 綿
  • シルク
  • ウール
  • カシミヤ
  • コーデュロイ

Vネックニットは、骨格ストレートにぴったりのトップスです。

デコルテが程よく見えるため、上半身のスタイルが綺麗に見えます。

またカシュクールや、スクエアネックもおすすめです。

反対に、タートルネックは、首が詰まって見えるため、あまりおすすめできません。

他にも、フリルの華やかな装飾は避けて、トップスはベーシックなデザインを選びましょう。

トップスの素材は、高級感やハリのあるものが似合います。

春夏は綿やシルク、秋冬はカシミヤやウールを選ぶといいでしょう。

【ボトムス】縦ラインを意識

ボトムスは、縦ラインを意識するといいでしょう。

トップスと同様に、シンプルなアイテムが似合います。

【スカート】

  • ストレートスカート
  • マーメイドスカート
  • レーススカート

【パンツ】

  • フレアパンツ
  • テーパードパンツ
  • センタープレスパンツ

スカートスタイルは、膝下の丈を選び、ほっそりとした印象に見せましょう。

ふんわり広がるデザインは避けて、ストレートや、タイトスカートを選ぶのがおすすめです。

Iラインシルエットを意識して、ストンと下に落ちるスタイルにまとめましょう。

パンツスタイルも同様に、縦ラインを作ることが大切です。

センタープレスパンツや、テーパードパンツを選ぶと、下半身がスッキリして見えます。

まとめ

今回は、骨格ストレート向けのダイエット方法や、着痩せする方法を紹介しました。

骨格ストレートは上半身に厚みがあるため、二の腕やウエストを鍛えることが大切です。

今回紹介したダイエット方法を参考に、今よりさらに綺麗なスタイルを目指してはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。