骨格ウェーブが痩せるには?おすすめダイエット&華奢見え方法を紹介

骨格ウェーブが痩せるには?おすすめダイエット&華奢見え方法を紹介

骨格ウェーブは、下半身が目立ちやすいタイプです。

ダイエットするなら、骨格ウェーブの特徴を踏まえたエクササイズを取り入れましょう。

今回は、骨格ウェーブのおすすめダイエット方法や、華奢見えする方法を紹介します。 

骨格ウェーブの特徴

骨格ウェーブの特徴

骨格ウェーブとは、骨格診断を通して分析できる骨格タイプの1つです。

骨格ウェーブの他にも、骨格ストレートや、骨格ナチュラルの骨格タイプがあります。

綺麗なスタイルを手に入れるなら、骨格ごとの特徴を知ることが大切です。

骨格ウェーブの体型や、悩みポイントを紹介します。

  • 骨格ウェーブの体型
  • 骨格ウェーブの悩み

骨格ウェーブの体型

骨格ウェーブは上半身が薄く、下半身にボリュームのある体型です。

上半身は華奢であるため、ほっそりとした印象に見えます。

【骨格ウェーブの体型】

  • 鎖骨がはっきり出やすい
  • ウエストはくびれがある
  • 腰の位置が低い
  • 太ももはほっそりしている
  • 膝下からボリュームがある

上半身はほっそりしているものの、下半身は膝下からふっくらしている点が特徴です。

目線が下に集中しやすいため、重心を上に見せると、スタイルアップして見えます。

骨格ウェーブの悩み

骨格ウェーブは、以下の悩みポイントがあります。

【骨格ウェーブの悩み】

  • 上半身が貧相に見える
  • 下半身のボリュームが気になる
  • 身体のバランスが悪く見える

骨格ウェーブは上半身が薄く、貧相に見えてしまいがちです。

また膝下のボリュームが目立ちやすいため、下半身が気になる方もいるでしょう。

ダイエットに挑戦するなら、上半身に厚みを作り、下半身は引き締めることが大切です。

上半身はバストまわりを鍛えるだけでも、全身のバランスが綺麗に見えます。

骨格ウェーブのダイエット方法

骨格ウェーブのダイエット方法

骨格ウェーブは、下半身を中心としたダイエットがおすすめです。

骨格ウェーブにおすすめのダイエット方法を紹介します。

  • 有酸素運動
  • 下半身トレーニング
  • 半身浴
  • 規則正しい食生活

有酸素運動

骨格ウェーブのダイエットは、有酸素運動を取り入れましょう。

全身をバランスよく引き締めできるため、骨格ウェーブにおすすめです。

有酸素運動は、ウォーキングやランニング、サイクリングがあります。

通勤時に1駅分ウォーキングするだけでも、有酸素運動の効果はバツグンです。

ジムに通うなら、ランニングマシンやエアロバイク、水泳もおすすめできます。

自分のライフスタイルに合う方法を選び、習慣付けるといいでしょう。

下半身トレーニング

骨格ウェーブは、下半身のボリュームが目立ちやすい体型です。

下半身を引き締めるなら、お尻まわりや、太ももを中心としたトレーニングを実践しましょう。

特にお尻まわりを鍛えると、重心が上に見えるため、下半身がスッキリして見えます。

下半身トレーニングは、以下がおすすめです。

【下半身トレーニング】

  • スクワット
  • ヒップリフト
  • レッグレイズ
  • 足パカの運動

どのトレーニングも器具は必要ないため、自宅で簡単に実践できます。

そのなかでも、足パカの運動は、簡単なトレーニングとしておすすめです。

【足パカの運動】

  1. 仰向けに寝転ぶ。両手は頭の後ろに回すもしくは、自然な状態にする。
  2. 両足を天井に向かって伸ばす。両足は閉じた状態を維持する。
  3. 両足を大きく横に広げる。1秒ほど開いた状態を維持して、再び閉じる。
  4. 3の運動を繰り返し20〜30回おこなう。

足パカの運動は、下半身痩せだけではなく、ウエストを鍛える効果もあります。

初めは無理のない範囲で、徐々に回数を増やしていくことが大切です。

また入浴前や就寝前といったように、トレーニングする時間を決めておくと、長続きしやすいでしょう。

半身浴

運動以外の方法を取り入れるなら、半身浴をおこないましょう。

骨格ウェーブは全身がむくみやすく、下半身がふっくらして見えます。

半身浴なら、全身のむくみを解消できるためおすすめです。

半身浴をおこなう際は、以下のポイントを意識することが大切です。

【半身浴のポイント】

  • お湯の温度は40℃がおすすめ
  • お湯は腰の位置まで浸かる
  • 20分から30分おこなう

半身浴はむくみが取れるだけではなく、脚痩せも期待できます。

寒い季節は特に、ゆったりとお湯に浸かり、下半身のむくみを解消しましょう。

半身浴中は音楽を聴いたり、ストレッチをしたりすると、よりリラックスできます。

規則正しい食生活

ダイエットでは、規則正しい食生活が重要です。

骨格ウェーブは身体が冷えやすく、またむくみやすい体質があります。

食事の際は、温かいスープや、鍋料理を取り入れるのがおすすめです。

野菜を中心に取り入れて、1日に必要な栄養素を摂取しましょう。

また料理の味付けは、レモンやハーブがおすすめです。

塩分を多めに入れると、身体に水分が溜まり、むくみやすくなります。

塩分は控えめに、酸味やスパイスの味付けで仕上げることが大切です。

骨格ウェーブの着痩せポイント

骨格ウェーブの着痩せポイント

骨格ウェーブは、ダイエット以外にも、スタイルアップできる方法があります。

骨格に合う洋服選びで、簡単に細見えできるためおすすめです。

トップスとボトムスに分けて、骨格ウェーブの着痩せポイントを紹介します。

  • 【トップス】華やかなデザイン
  • 【ボトムス】シンプルさを意識

【トップス】華やかなデザイン

骨格ウェーブは、上半身に厚みを作るのがポイントです。

フリルやレースの装飾といった、華やかなデザインを選びましょう。

骨格ウェーブにおすすめのトップスは、以下のとおりです。

【トップス】

  • パフスリーブTシャツ
  • フリルブラウス
  • ボウタイブラウス
  • リブニット
  • レース切替ニット

またモヘアやアンゴラ、シフォンの柔らかい素材も似合います。

上半身はボリュームを作り、重心を上に見せることが大切です。

ウエストベルト付きのトップスを選ぶと、よりスタイルアップして見えるでしょう。

【ボトムス】シンプルさを意識

ボトムスは、シンプルにまとめることが大切です。

トップスが華やかなデザインであるため、ボトムスは控えめなデザインを選びましょう。

【スカートスタイル】

  • 台形ミニスカート
  • フレアスカート
  • プリーツスカート
  • チュールスカート
  • マーメイドスカート

【パンツスタイル】

  • ショートパンツ
  • スキニーパンツ
  • テーパードパンツ
  • クロップド丈パンツ

スカートスタイルは、フレアスカートや、チュールスカートが似合います。

柔らかい素材のアイテムを選び、大人フェミニンな印象にまとめましょう。

スキニーパンツは、骨格ウェーブにぴったりのアイテムです。

ほっそり見えるデザインで、膝下のボリュームが目立ちにくくなります。

またハイウエストのデザインを選ぶと、脚長効果を期待できるでしょう。

まとめ

今回は骨格ウェーブのおすすめダイエット方法や、華奢見えする方法を紹介しました。

骨格ウェーブは、下半身が目立ちやすいため、お尻まわりや太もも中心のダイエットがおすすめです。

今回紹介したダイエット方法を参考に、理想のスタイルを目指してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。