骨格別におすすめのダイエットは?着痩せコーディネートも紹介

骨格別におすすめのダイエットは?着痩せコーディネートも紹介

ダイエットは、引き締める部分によって、見え方が変わります。

綺麗なスタイルを手に入れるなら、骨格の特徴を活かすことが大切です。

骨格タイプ別に分けて、おすすめのダイエットを紹介します。

着痩せコーディネートも紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

骨格タイプとは

骨格タイプとは

骨格タイプは、骨格や肌質を参考に、最も近いタイプに当てはめます。

骨格タイプは全部で3つあり、どれもスタイルが大きく異なる点が特徴です。

  • 骨格ストレート
  • 骨格ナチュラル
  • 骨格ウェーブ

また骨格タイプは、骨格診断と呼ばれる方法で分析できます。

骨格診断を通して、自分に似合う洋服の形や、素材を参考にできる点が魅力です。

【骨格別】特徴・体型の見え方

【骨格別】特徴・体型の見え方

3つの骨格タイプは、スタイルの見た目から大きく異なります。

ダイエットに挑戦するなら、まずは自分の骨格タイプを知ることが大切です。

3つの骨格タイプに分けて、特徴や体型の見え方を紹介します。

  • 骨格ストレート
  • 骨格ナチュラル
  • 骨格ウェーブ

骨格ストレート

骨格ストレートは、メリハリのあるスタイルが特徴です。

上半身の位置が高く、バストやヒップに厚みがあります。

【骨格ストレートの特徴】

  • 上半身に重心がある
  • 身体のパーツに厚みがある
  • 立体的なスタイル
  • くびれはあまりない
  • 筋肉や脂肪がつきやすい
  • 肌質はハリ感がある

骨格ストレートは、全体的に厚みがあるため、立体的なスタイルに見えます。

また曲線を描くようなスタイルで、女性らしい印象を与えやすいでしょう。

洋服選びでは、デコルテを程よく見せると、よりスタイルが綺麗に見えます。

骨格ナチュラル

骨格ナチュラルは、全身の骨格が目立ちやすいタイプです。

肩まわりも同様に、フレーム感があるため、がっしりとした印象を与える場合があります。

【骨格ナチュラルの特徴】

  • 全身の関節がしっかりしている
  • 鎖骨が目立ちやすい
  • 筋肉や脂肪はつきにくい
  • 膝の皿が大きい

骨格ナチュラルは、筋肉や脂肪がつきにくく、ほっそりした体型の方が多いといえます。

しかし、骨格がはっきりしているため、骨っぽく見える場合があるでしょう。

綺麗なスタイルを目指すなら、骨格をカバーして、目立たせないことが大切です。

骨格ウェーブ

骨格ウェーブは、上半身に厚みがなく、ほっそりとした体型が特徴です。

下半身に重心があるため、おしりから下にかけてボリュームが出やすいでしょう。

骨格ウェーブは、他にも以下の特徴があります。

【骨格ウェーブの特徴】

  • 上半身はほっそりしている
  • くびれが作りやすい
  • 身体のパーツの位置は低め
  • 太ももは細い
  • 膝から下はボリュームがある
  • 肌質はやわらかい

骨格ウェーブは、上半身と下半身に違いのあるスタイルです。

上半身は華奢に見える一方で、下半身は膝から下にボリュームがあります。

綺麗なスタイルに見せるなら、上半身にボリュームをプラスして、バランスを調整することが必要です。

詳しくは、骨格診断タイプごとの太り方や体型カバー方法を解説している記事をご確認ください。

【骨格別】ダイエットのポイント

【骨格別】ダイエットのポイント

3つの骨格タイプは、骨格の特徴や体型が大きく異なります。

今より綺麗なスタイルを目指すなら、骨格を活かせるダイエット方法を取り入れましょう。

骨格別に分けて、ダイエットのポイントや、骨格に合うエクササイズを紹介します。

  • 【骨格ストレート】全身痩せを意識
  • 【骨格ナチュラル】くびれを作る
  • 【骨格ウェーブ】下半身を鍛える

【骨格ストレート】全身痩せを意識

骨格ストレートは、全身痩せを意識しましょう。

骨格ストレートといえば、上半身に重心のある体型です。

体重が増えるにつれ、上半身に脂肪がつきやすく、ウエストがふっくらして見えます。

他にも、上半身の二の腕や、下半身の太ももに脂肪がつきやすいでしょう。

脂肪が目立ちやすい体型であるため、ダイエットでは、身体全体を引き締める必要があります。

全身痩せを目指すなら、以下のダイエット方法を取り入れましょう。

【骨格ストレートのダイエット方法】

  • ウォーキング
  • ランニング
  • 水泳
  • サイクリング

骨格ストレートは、ウォーキングや、ランニングの有酸素運動がおすすめです。

筋肉がつきやすい体型であるため、体重を落としても、女性らしいスタイルを維持できます。

最初は気軽なウォーキングから始めて、メリハリのあるスタイルを作りましょう。

【骨格ナチュラル】くびれを作る

骨格ナチュラルは、くびれ作りを意識しましょう。

骨格ナチュラルといえば、関節や骨感が目立ちやすい体型です。

脂肪感はあまりないものの、体重が増えると、がっしりとした印象に見えてしまいます。

女性らしいスタイルを作るためには、まずウエストにくびれを作ることが大切です。

綺麗なくびれを作るなら、以下のダイエット方法を取り入れましょう。

【骨格ナチュラルのダイエット方法】

  • プランク
  • ツイストクランチ
  • ロシアンツイスト

ツイストクランチや、ロシアンツイストは、自宅でも簡単にできるトレーニングです。

ウエストを引き締める効果があるため、くびれ作りにおすすめできます。

また他にも、ヒップアップ効果のあるトレーニングを取り入れると、より綺麗なスタイルに仕上がるでしょう。

【骨格ウェーブ】下半身を鍛える

骨格ウェーブは、下半身を鍛えることが大切です。

骨格ウェーブは上半身が薄いため、太ると、下半身のボリュームが目立ちやすくなります。

上半身はバストを鍛えつつ、下半身を中心にダイエットをおこなうといいでしょう。

骨格ウェーブは、以下のダイエット方法がおすすめです。

【骨格ウェーブのダイエット方法】

  • 腕立て伏せ
  • スクワット
  • ヒップリフト

バストを鍛えるなら、腕立て伏せや、ダンベルを使用したトレーニングに挑戦しましょう。

バストまわりの筋肉を鍛えると、今より厚みのある上半身を作れます。

ヒップアップは、スクワットや、ヒップリフトがおすすめです。

お尻まわりを鍛えると、身体の重心が上に見えて、スタイルアップできます。

【骨格別】着痩せコーディネート

【骨格別】着痩せコーディネート

骨格別のダイエットに興味はあるものの、今すぐスタイルアップしたい方は多いでしょう。

簡単にスタイルアップするなら、骨格に合う洋服を選ぶことが大切です。

骨格別に分けて、着痩せコーディネートを紹介します。

  • 【骨格ストレート】Iラインを意識
  • 【骨格ナチュラル】骨格をカバー
  • 【骨格ウェーブ】ハイウエストがおすすめ

【骨格ストレート】Iラインを意識

骨格ストレートは、Iラインシルエットを意識することが大切です。

ストンと下に落ちるシルエットで、骨格ウェーブのボリュームをカバーできます。

立体感のあるスタイルを活かして、女性らしいコーデを作りましょう。

アウターチェスターコート
トップスVネックリブニット
ボトムスタイトスカート
小物パンプス、ハンドバッグ

Vネックのトップスは、デコルテが綺麗に見えるため、骨格ストレートにおすすめです。

タイトスカートと合わせて、シンプルな大人コーデにまとめましょう。

パンツスタイルの場合は、フレアパンツや、センタープレスパンツが似合います。

ベーシックなアイテムをなるべく選び、きれいめコーデを作るのがポイントです。 

【骨格ナチュラル】骨格をカバー

骨格ナチュラルは、骨格をカバーすることが大切です。

ゆったりサイズの洋服を選ぶと、骨格が目立ちにくくなります。

アウターCPOジャケット
トップスノーカラーシャツ
ボトムスワイドパンツ
小物スニーカー、キャンバス地トートバッグ

アウターは、CPOジャケットを選び、肩まわりの骨格をカバーしましょう。

ボトムスも同様に、ワイドパンツを選ぶと、スタイルアップして見えます。

スカートスタイルの場合は、膝下丈のストレートがおすすめです。

【骨格ウェーブ】ハイウエストがおすすめ

骨格ウェーブは、ハイウエストを選び、上半身に重心を作りましょう。

またトップスは華やかな装飾を取り入れると、ボリュームを作りやすくなります。

アウターエコファージャケット
トップスブラウス
ボトムスベルト付きフレアスカート
小物バレエシューズ、ショルダーバッグ

アウターは、エコファーの柔らかい素材を選び、華やかに見せましょう。

トップスはブラウスの他にも、アンゴラや、モヘアのニット素材が似合います。

ボトムスは、ベルト付きのスカートで、ハイウエストに見せましょう。

パンツスタイルの場合は、タック入りのパンツがおすすめです。

まとめ

今回は、骨格タイプ別に分けて、おすすめのダイエットを紹介しました。

簡単にスタイルアップするなら、骨格に合うダイエット方法がおすすめです。

今回紹介したポイントを参考に、自分に合うエクササイズを見つけてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。