骨格ストレートの脚痩せ方法!おすすめの筋トレやダイエットを紹介

骨格ストレートの脚痩せ方法!おすすめの筋トレやダイエットを紹介

骨格ストレートは、お尻まわりや、太ももが気になりやすい体型です。

ダイエットするなら、脚痩せを意識するといいでしょう。

今回は、骨格ストレートの脚痩せ方法を紹介します。

おすすめのダイエット方法も紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

骨格ストレートの体型

骨格ストレートの体型

骨格ストレートには、なだらかな曲線があります。

全体的に厚みがあるため、女性らしい体型が特徴です。

上半身と下半身に分けて、骨格ストレートの体型を紹介します。

  • 上半身の特徴
  • 下半身の特徴

上半身の特徴

骨格ストレートの上半身は、デコルテや、腰まわりの厚みが特徴です。

厚みだけではなく、引き締まっている部分もあるため、メリハリのある体型に見えます。

【上半身の特徴】

  • 上半身に重心がある
  • バストから腰までの位置が高い
  • くびれはあまりない
  • 肌質にハリがある

またバストから腰までの位置が高く、上半身に重心がある点が特徴です。

しかし、腰まわりが短いため、くびれがあまり目立ちません。

上半身を綺麗に見せるなら、ウエストを中心に引き締めることが大切です。

筋肉がつきすぎないよう注意しつつ、くびれを作ると、よりスタイルが綺麗に見えます。

下半身の特徴

骨格ストレートの下半身は、太ももが気になりがちです。

太ももにボリュームがあり、膝下はほっそりして見えます。

【下半身の特徴】

  • お尻は厚みがある
  • 脚は直線ライン
  • 太ももはボリュームがある
  • 膝下はほっそりしている

またお尻に厚みがあるため、上半身と同様に、メリハリを感じさせる点が特徴です。

下半身を綺麗に見せるなら、太ももを引き締めましょう。

お尻の筋トレもあわせて実践すると、よりメリハリのあるスタイルを作れます。

骨格ストレートの脚痩せ方法

骨格ストレートの脚痩せ方法

骨格ストレートは、筋肉や脂肪がつきやすい体型です。

脚痩せするなら、下半身中心のトレーニングを実践して、筋肉量を増やしましょう。

骨格ストレートにおすすめの脚痩せ方法を紹介します。

  • 縄跳び
  • スクワット
  • レッグレイズ

縄跳び

骨格ストレートの脚痩せは、縄跳びがおすすめです。

縄跳びは有酸素運動であるため、程よく下半身の引き締めができます。

筋トレよりも軽い負荷で、筋肉をつけすぎてしまう心配はありません。

また縄跳びは、100円ショップでも手に入ります。

費用がかからないため、ジムに通うよりも、気軽に脚痩せができる点が魅力です。

脚痩せするなら、以下の点を意識しながらおこないましょう。

【縄跳びのポイント】

  • 呼吸をしっかり安定させる
  • 5分間を6セットおこなう
  • 途中で休憩を必ず挟む
  • つま先の力を使って跳ぶ

はじめは、基本の両足跳びから始めるのがおすすめです。

つま先の力を使って跳ぶと、太ももの引き締めに繋がります。

縄跳びに慣れてきたら、片足跳びや、二重跳びにも挑戦するといいでしょう。

スクワット

脚痩せの筋トレは、スクワットがぴったりです。

全身の体幹を鍛えつつ、下半身が引き締まります。

スクワットは、以下のポイントを意識しておこないましょう。

【スクワットのポイント】

  • 両足は肩幅と同じ広さを意識
  • 腰は無理のない範囲まで落とす
  • お尻を突き出すように腰を落とす
  • 呼吸を安定させる
  • 1セット15回を何回かおこなう

スクワットする際、膝が出ないよう腰を落とすことが大切です。

お尻を後ろに突き出すようにおこなうと、スクワットの形が綺麗に見えます。

また身体を痛めないよう、無理のない範囲で腰を落としましょう。

スクワットしている間も、安定した呼吸を意識すると、筋肉がつきやすくなります。

息を吸いながら腰を落とし、立ち上がるときに息を吐くといいでしょう。

レッグレイズ

脚痩せするなら、レッグレイズの筋トレもおすすめです。

レッグレイズは、床に寝転びながら気軽にできます。

足を上げ下げするだけで、簡単に脚痩せができる筋トレ方法です。

レッグレイズは、以下のポイントを意識しておこないましょう。

【レッグレイズのポイント】

  • 両足を下ろしているときは少し浮かせる
  • 両足は天井に向かって真っ直ぐ伸ばす
  • 両足の上げ下げは10回程度おこなう

レッグレイズは仰向けに寝転び、両足を上下に運動させます。

両足は揃えた状態で、天井に向かって真っ直ぐ伸ばしましょう。

また両足を下ろすときは、床から少し浮かせた状態にすると、より脚痩せできます。

1セット10回程度を参考に、無理のない範囲でおこないましょう。

骨格ストレートの脚痩せ注意点

骨格ストレートの脚痩せ注意点

骨格ストレートは、太ももを中心とした脚痩せをおこないましょう。

しかし、筋肉がつきやすいため、ダイエットの際はいくつか注意が必要です。

骨格ストレートが脚痩せする場合、注意する点を紹介します。

  • 有酸素運動を中心に
  • 運動のあとはストレッチ
  • 正しい食生活を意識
  • 骨格に似合うボトムスを選ぶ

有酸素運動を中心に

骨格ストレートは、有酸素運動を中心におこなうのがおすすめです。

筋肉がつきやすいため、筋トレを中心におこなうと、体型が崩れてしまう可能性があります。

有酸素運動は7割、筋トレは3割を意識するといいでしょう。

また有酸素運動は、脚痩せだけではなく、全身の脂肪を燃焼できます。

全身が引き締まるため、バランスよくダイエットできる点が魅力です。

有酸素運動は、縄跳び以外にも、以下の方法があります。

【有酸素運動】

  • ウォーキング
  • ランニング
  • サイクリング

自分が好きな方法を選び、長期間継続することが大切です。

室内の有酸素運動なら、水泳や自転車型トレーニング器具での運動もおすすめできます。

運動のあとはストレッチ

運動のあとは、必ずストレッチをおこないましょう。

ストレッチを怠ると、筋肉がほぐれないため、痩せにくくなってしまいます。

筋トレをしたあとは特に、負荷を加えた部分をしっかり揉みほぐしましょう。

またストレッチは、むくみを改善する効果があります。

下半身は太ももやふくらはぎを中心にストレッチすると、むくみが取れて、脚痩せができるでしょう。 

正しい食生活を意識

身体を引き締めるためには、正しい食生活が欠かせません。

筋トレや有酸素運動と合わせて、筋肉を作りやすい食生活を意識しましょう。

たんぱく質を積極的に摂ると、効率的に筋肉量を増やせます。

たんぱく質は、鶏モモ肉や卵、乳製品から摂取するといいでしょう。

【たんぱく質が多い食品】

  • 鶏もも肉
  • レバー
  • かつお
  • まぐろ
  • 納豆
  • 牛乳

またたんぱく質は、プロテインから摂る方法もおすすめです。

チョコや抹茶の味付きを選ぶと、おやつ感覚で気軽に摂取できます。 

骨格に似合うボトムスを選ぶ

ダイエット以外にも、洋服選びを意識するだけで、脚痩せできます。

脚をスタイルアップするなら、骨格に似合うボトムスを選びましょう。

骨格ストレートは、以下のボトムスが似合います。

【スカートスタイル】

  • タイトスカート
  • マーメイドスカート

【パンツスタイル】

  • テーパードパンツ
  • センタープレスパンツ

太ももがふっくらしているため、膝下の丈を選ぶのがおすすめです。

またシンプルなデザインを選ぶと、脚がほっそりして見えます。

まとめ

今回は、骨格ストレートの脚痩せ方法を紹介しました。

骨格ストレートは筋肉がつきやすいため、有酸素運動を多めにおこなうことが大切です。

また気になる部分は筋トレで鍛えると、より脚痩せスタイルが手に入るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。