骨格ウェーブは下半身が太く見える?おしりや脚痩せの方法を紹介

骨格ウェーブは下半身が太く見える?おしりや脚痩せの方法を紹介

骨格ウェーブは、下半身が太く見えやすい体型です。

上半身より、下半身痩せを意識すると、綺麗なスタイルが手に入るでしょう。

今回は骨格ウェーブ向けに、おしりや脚痩せの方法を紹介します。 

骨格ウェーブの体型

骨格ウェーブの体型

骨格ウェーブとは、骨格診断の結果として分析される骨格タイプのこと。

骨格タイプは全部で3つあり、骨格ウェーブは、女性らしい体型が特徴です。

上半身と下半身に分けて、骨格ウェーブの特徴を紹介します。

  • 上半身の特徴
  • 下半身の特徴

上半身の特徴

骨格ウェーブの上半身は、ほっそりとした体型が特徴です。

首から肩までなだらかな曲線で、女性らしい雰囲気があります。

【上半身の特徴】

  • ほっそりしている
  • なだらかな曲線ライン
  • バストからウエストの位置が低い
  • ウエストはくびれがある

しかし、筋肉や脂肪がつきにくいため、華奢な印象に見えやすいでしょう。

またトップスのデザインによっては、上半身が貧相に見えてしまう可能性があります。

上半身を綺麗に見せるなら、厚みを作ることが大切です。

バストの位置が低いため、バストアップのトレーニングで、筋肉量を増やしましょう。

下半身の特徴

骨格ウェーブの下半身は、女性らしい厚みがあります。

上半身が華奢である分、ボリュームが目立ちやすい点が特徴です。

【下半身の特徴】

  • おしりは厚みがある
  • 太ももは細い
  • 膝下はふっくらしている

ウエストはキュッと細く、おしりは厚みがあるため、綺麗なスタイルに見えます。

しかし、おしりや太ももに脂肪がつきやすいため、注意が必要です。

下半身を綺麗に見せるなら、重心を上に見せましょう。

骨格ウェーブは、下半身に厚みがあるため、下に重心が向きがちです。

おしりまわりを鍛えて、おしりをキュッと高い位置に見せると、下半身が綺麗に見えるでしょう。

骨格ウェーブの下半身痩せ方法

骨格ウェーブの下半身痩せ方法

骨格ウェーブは、下半身を引き締めると、ほっそりして見えます。

おしりや太ももを中心に、トレーニングをおこないましょう。

骨格ウェーブ向けに、下半身痩せの方法を紹介します。

  • ヒップリフト
  • レッグランジ
  • 足パカ

ヒップリフト

おしりを引き締めるなら、ヒップリフトがおすすめです。

ヒップリフトは、仰向けに寝転びながらおこないます。

以下の手順を意識しながらおこなうと、おしりまわりがより引き締まるでしょう。

【ヒップリフトのやり方】

  1. 仰向けに寝転び、膝を立てる
  2. おしりをゆっくり持ち上げる
  3. 肩から膝まで真っ直ぐな姿勢をキープ
  4. おしりをゆっくり下げる
  5. 20回を2〜3セットおこなう

ヒップリフトは、おしりをキュッと引き締めながらおこなうことが大切です。

またかかとに力を入れて、両脚が浮かないよう意識しましょう。

ヒップリフトは、おしりのたるみを引き締める効果や、ヒップアップ効果を期待できます。

ヒップリフトに慣れてきたら、片脚をあげておこなうと、より下半身痩せができるでしょう。 

レッグランジ

レッグランジは、太ももを引き締めたい方におすすめです。

おしりを引き締める効果もあるため、下半身痩せできます。

レッグランジは、以下の手順を参考におこないましょう。

【レッグランジのやり方】

  1. 両脚は肩幅と同じ程度に開く
  2. 片脚を前に出して、身体をゆっくり落とす
  3. 膝がつま先より前に出ないよう意識
  4. 身体を元の状態にゆっくり戻す
  5. 反対の脚もおこなう
  6. 20回を2〜3セットおこなう

レッグランジをおこなう場合、正しい姿勢を意識するのがポイントです。

顔は前を向いた状態で、背筋をしっかり伸ばしながらおこないましょう。

より下半身に負荷をかけるなら、ダンベルや器具を使うのがおすすめです。

器具なしのトレーニングより、筋肉がつきやすいため、より下半身痩せを期待できます。

足パカ

足パカは、簡単な方法にもかかわらず、下半身痩せできます。

名前のとおり、脚を横に開く運動で、誰でも気軽に実践できる点が魅力です。

足パカをおこなう際は、以下の手順を参考にしましょう。

【足パカのやり方】

  1. 仰向けに寝転び、両手は自然な場所に置く
  2. 両脚は閉じたまま、真っ直ぐ上に伸ばす
  3. 両脚を横に大きくゆっくり開く
  4. 両脚を開き切ったら、ゆっくり閉じる
  5. 10回を3〜5セットおこなう

両脚は上に向かって、垂直に伸ばすと、より下半身が引き締まります。

真っ直ぐ伸ばすのが辛い方は、少し曲げても問題ありません。

簡単なトレーニング方法であるため、テレビやスマホを見ながら気軽にできます。

骨格ウェーブの下半身痩せアイテム

骨格ウェーブの下半身痩せアイテム

骨格ウェーブは、コーデを変えるだけで、下半身痩せできます。

骨格ウェーブの特徴を元に、ボトムスを選びましょう。

骨格ウェーブ向けに、下半身痩せのアイテムを紹介します。

  • スキニーパンツ
  • クロップド丈パンツ
  • マーメイドスカート
  • チュールスカート 

スキニーパンツ

骨格ウェーブは、スキニーパンツとの相性がバツグンです。

ぴったりシルエットで、下半身がほっそりとした印象に見えます。

しかし、スキニーパンツを履く際は、おしりまわりが気になりがちです。

トップスに以下のアイテムを選ぶと、気になる下半身の部分をカバーできます。

【トップス】

  • ベルト付きブラウス
  • フリルチュニックブラウス

トップスは、丈が長めのブラウスや、チュニックがおすすめです。

おしりが隠れる長さを選び、下半身をスッキリとした印象に見せましょう。

またベルト付きのブラウスを選ぶと、ウエストが高い位置に見えるため、脚長効果を期待できます。

クロップド丈パンツ

クロップド丈パンツは、足首をチラ見せできるアイテムです。

6〜8分丈を選ぶと、足首が細く見えて、美脚効果を期待できます。

また重心が上に見えるため、スタイルアップにもつながるでしょう。

クロップド丈パンツは、以下のトップスと合わせるのがおすすめです。

【トップス】

  • ボウタイブラウス
  • タートルネックニット

トップスはきれいめのデザインを選び、大人っぽい雰囲気にまとめましょう。

またクロップド丈パンツは、タック入りを選ぶと、より下半身痩せして見えます。 

マーメイドスカート

マーメイドスカートは、女性らしいシルエットが魅力です。

太ももは骨格ウェーブの特徴を活かしつつ、ふくらはぎはキュッと細いスタイルに仕上がります。

マーメイドスカートを取り入れるなら、トップスは以下がおすすめです。

【トップス】

  • ドット柄ブラウス
  • シャギーニット

トップスは華やかなデザインを選び、大人フェミニンな印象にまとめましょう。

他にも、フリルやレースを合わせると、骨格ウェーブにぴったりの雰囲気を演出できます。

チュールスカート

チュールスカートは、ふんわり軽いデザインで、下半身をボリュームをカバーできます。

チュール素材は程よい透け感があるため、女性らしく見せたい方にもおすすめです。

チュールスカートを取り入れるなら、以下のトップスを選びましょう。

【トップス】

  • パフスリーブTシャツ
  • ボリューム袖ブラウス

トップスは、袖にボリュームのあるデザインが似合います。

上半身はしっかり厚みを作り、キュートな印象にまとめましょう。

まとめ

今回は骨格ウェーブ向けに、おしりや脚痩せの方法を紹介しました。

骨格ウェーブは、おしりや太ももを引き締めると、下半身痩せできます。

今回紹介したトレーニングを参考に、美脚を目指してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。