骨格ウェーブは太ももが太い?下半身ダイエット方法&服選びのコツ

骨格ウェーブは太ももが太い?下半身ダイエット方法&服選びのコツ

骨格ウェーブは、太ももが太りやすい体型です。

太ももが太い悩みを解消するなら、下半身ダイエットを実践しましょう。

今回は太もも痩せしたい方のために、下半身ダイエットの方法を紹介します。

骨格ウェーブに似合う服選びのコツも紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

【骨格ウェーブ】太ももが太い原因

【骨格ウェーブ】太ももが太い原因

骨格ウェーブが太もも痩せするなら、まずは骨格の特徴を知ることが大切です。

大きく3つのポイントに分けて、骨格ウェーブの太ももが太い原因を紹介します。

  • 下半身が太りやすい
  • 脚がむくんでいる
  • 姿勢・骨盤にゆがみがある

下半身が太りやすい

骨格ウェーブは、下半身に脂肪がつきやすい体型です。

体重が増えると、お尻や太ももを中心に、脂肪がつきやすくなります。

反対に、上半身は、ほっそりとした体型が特徴です。

上半身と比較して、下半身にボリュームがあるため、より太って見えてしまいます。

太ももを細く見せるなら、上半身とのバランスが重要です。

上半身はバストを中心に鍛えて、下半身のふっくら感をカバーしましょう。 

脚がむくんでいる

太ももが太く見える原因は、脚のむくみも考えられます。

骨格ウェーブといえば、むくみやすい体質が特徴です。

むくみは身体の冷えから起こり、血の流れが悪くなります。

また老廃物が溜まりやすいため、痩せにくい身体となってしまうでしょう。

デスクワークの仕事や、運動不足の方は、脚がむくみやすいといわれています。

太もも痩せが目標なら、身体を冷やさないよう日頃から意識して、むくみを解消することが大切です。

姿勢・骨盤にゆがみがある

太ももが太い原因は、姿勢や骨盤に関係しているかもしれません。

姿勢や骨盤がゆがむと、下半身が太りやすくなります。

姿勢のゆがみは、デスクワークの方に多いでしょう。

長時間パソコンに集中するあまり、だんだん猫座になってしまうことが原因です。

正しい姿勢を常に心がけて、また1時間に1回は軽くストレッチしましょう。

骨盤のゆがみは、立ち仕事の方に多いといわれています。

片足に重心をかけるクセによって、骨盤がゆがんでしまいがちです。

骨盤のゆがみは、ヨガやストレッチをおこない、矯正するといいでしょう。 

【骨格ウェーブ】太もも痩せのコツ

【骨格ウェーブ】太もも痩せのコツ

太もも痩せするなら、骨格ウェーブの悩みを解消する必要があります。

また下半身の太りやすい部分を引き締めて、スラリと綺麗なスタイルを目指しましょう。

骨格ウェーブ向けに、太もも痩せのコツを紹介します。

  • 下半身に筋力をつける
  • 食生活を変える
  • 下半身を冷やさない
  • 下半身のむくみを取る

下半身に筋力をつける

骨格ウェーブは、下半身に筋力をつけることが大切です。

下半身に筋力をつけるなら、まずは下半身中心のトレーニングを取り入れましょう。

【おすすめのトレーニング方法】

  • ヒップリフト
  • ワイドスクワット
  • レッグレイズ
  • 足パカ

お尻を鍛える場合は、ヒップリフトがおすすめです。

お尻の位置がキュッと上にあがるため、脚長効果にもつながります。

太ももを鍛える場合は、レッグレイズや、足パカをおこないましょう。

下半身の筋肉量が増えたら、有酸素運動も合わせておこなうのがポイントです。

下半身全体が引き締まるため、バランスよく太もも痩せができます。

食生活を変える

骨格ウェーブが太もも痩せするなら、食生活を変えることが重要です。

骨格ウェーブは、筋肉がつきにくいため、たんぱく質を積極的に摂取しましょう。

【たんぱく質が多い食品】

  • 鶏ささみ
  • 納豆
  • 牛乳
  • チーズ

肉類を摂取する場合は、茹で料理や、蒸し料理がおすすめです。

油を使わない調理方法で、脂質を減らしましょう。

下半身を冷やさない

骨格ウェーブは、身体が冷えやすい体質です。

下半身が冷えると、脂肪がつきやすく、太りやすい体質につながります。

下半身を冷やさないためには、以下の行動を意識することが大切です。

【下半身を冷やさない方法】

  • カフェインを摂りすぎない
  • 湯たんぽやカイロを使う
  • 38〜40度の湯船に浸かる

カフェインは摂りすぎると、かえって身体を冷やす原因につながります。

1日のコーヒーは、5杯までに抑えると、身体の冷えをカバーできるでしょう。

冷たいジュースも同様に、控えるのがおすすめです。

また寒い季節は、湯たんぽやカイロを使うと、下半身の冷えを解消できます。

下半身のむくみを取る

骨格ウェーブは、下半身のむくみを取ることが大切です。

下半身がむくむと、血液の流れが悪くなり、太ももが太りやすくなります。

下半身のむくみを取るなら、半身浴やマッサージがおすすめです。

【半身浴のポイント】

  • 38〜40度のぬるま湯を入れる
  • お湯はみぞおちから腰までの位置
  • 20〜30分おこなう

半身浴はぬるま湯でおこなうと、血流がよくなります。

リラックス効果もあるため、睡眠の向上も期待できるでしょう。

入浴後は、太ももやふくらはぎを中心に、マッサージするのがおすすめです。

下半身の筋肉を揉みほぐして、むくみをしっかり取りましょう。

【骨格ウェーブ】太もも痩せの服選び

【骨格ウェーブ】太もも痩せの服選び

下半身の体型は、ボトムス選びによって、印象が大きく変わります。

太もも痩せするなら、骨格がスッキリ見えるデザインを選びましょう。

骨格ウェーブ向けに、おすすめのボトムスを紹介します。

  • 【サイズ・丈感】膝下を選ぶ
  • 【デザイン】シンプルが似合う
  • 【素材・柄】フェミニンな印象に

【サイズ・丈感】膝下を選ぶ

骨格ウェーブは、膝下の丈を選ぶことが大切です。

膝下からボリュームが出やすいため、膝が隠れる丈感を選び、下半身をスッキリ見せましょう。

反対に、膝丈のボトムスは、太って見える可能性があるため、あまりおすすめできません。

また骨格ウェーブは、ミニ丈も似合います。

太もものラインを思い切って出して、脚長の印象に見せましょう。

太ももが気になる場合は、台形スカートや、タック入りのショートパンツがおすすめです。

【デザイン】シンプルが似合う

骨格ウェーブは、シンプルなボトムスが似合います。

下半身はボリュームがあるため、スタイルが綺麗に見えるデザインを選びましょう。

骨格ウェーブは、以下のデザインがおすすめです。

【スカート】

  • タイトスカート
  • フレアスカート
  • チュールスカート

【パンツ】

  • タックパンツ
  • テーパードパンツ

フレアスカートなら、裾に向かって広がるデザインで、下半身のボリュームをカバーできます。

反対に、ワイドパンツは、下半身が重く見えるため、なるべく避けた方がいいでしょう。

【素材・柄】フェミニンな印象に

骨格ウェーブは、フェミニンな印象にまとめましょう。

ふんわり感のある素材や、柄を選ぶと、骨格ウェーブの雰囲気に似合います。

骨格ウェーブに似合う素材や柄は、以下のとおりです。

【素材】

  • シフォン
  • ベロア
  • モヘア

【柄】

  • ドット柄
  • 花柄
  • レオパード

シフォン素材はふんわり軽く、女性らしい雰囲気を演出できます。

他にも、柔らかい素材を選び、優しい印象にまとめましょう。

柄を取り入れる場合は、控えめのものがおすすめです。

なるべく小さめの柄を選び、主張しすぎないよう意識しましょう。

まとめ

今回は太もも痩せしたい方のために、下半身ダイエットの方法を紹介しました。

骨格ウェーブは、下半身に脂肪がつきやすいため、太ももが太く見えます。

骨格ウェーブに合うダイエット方法や、服を取り入れて、太もも痩せを目指してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。