骨格ウェーブにおすすめの痩せ方は?ダイエットの注意点も紹介

骨格ウェーブにおすすめの痩せ方は?ダイエットの注意点も紹介

ダイエットでは、脂肪がつきやすい部分を引き締めることが大切です。

骨格ウェーブの特徴を元に、痩せる方法を決めましょう。

今回は骨格ウェーブ向けに、おすすめの痩せ方を紹介します。

ダイエットの注意点も紹介しているため、ぜひ参考にしてください。 

骨格ウェーブとは

骨格ウェーブは、骨格や肌質を元に分析する「骨格タイプ」の1つです。

骨格ウェーブの痩せ方を知る前に、まずは骨格ウェーブの基本を覚えましょう。

骨格ウェーブの特徴や、太りやすい部分を紹介します。

  • 骨格ウェーブの特徴
  • 骨格ウェーブが太りやすい部分

骨格ウェーブの特徴

骨格ウェーブは、なだらかな曲線の骨格タイプです。

他の骨格タイプと比較して、女性らしい柔らかさがあります。

【骨格ウェーブの特徴】

  • 上半身は華奢で細い
  • ウエストはくびれている
  • ウエストや腰の位置が低い
  • 下半身に重心がある
  • 膝下がふっくらしている

上半身は、身体のパーツ1つ1つが薄く、ほっそりとしている点が特徴です。

下半身は太ももまで細く、膝下からボリュームがあります。

綺麗な曲線ラインであるため、ダイエットを通して、女性らしいスタイルを作りやすいでしょう。 

骨格ウェーブが太りやすい部分

骨格ウェーブは、下半身にボリュームが出やすい体型です。

ダイエットするなら、以下の太りやすい部分を意識しましょう。

【太りやすい部分】

  • 下腹
  • お尻
  • 太もも

お尻や、太ももを中心に引き締めると、見た目の印象が大きく変わります。

反対に、上半身が太ったとしても、それほど目立ちません。

しかし、下腹に脂肪がつきやすいため、ウエストまわりをしっかり引き締めることが大切です。

骨格ウェーブの痩せ方

骨格ウェーブが綺麗に痩せるなら、骨格に合うダイエット方法がおすすめです。

骨格ウェーブ向けに、おすすめの痩せ方を紹介します。

  • 上半身はバランス重視
  • 下半身はお尻まわりを鍛える
  • 有酸素運動も効果的

上半身はバランス重視

骨格ウェーブの上半身は、バランス重視で考えることが大切です。

上半身は華奢であるため、脂肪を落としすぎると、貧相な印象を与えてしまいます。

ダイエットの際は、上半身に厚みを作るトレーニングが重要です。

バストの筋トレを中心に、上半身に筋肉をつけると、綺麗なスタイルを作れます。

またバストトップの位置が低いため、筋トレを通して、バストアップを目指しましょう。

バストの筋トレは、以下のトレーニングがぴったりです。

【上半身のトレーニング】

  • 腕立て伏せ
  • ダンベルプレス

本格的にバストアップを目指すなら、ダンベルのトレーニングをおこないましょう。

ジムだと費用がかかるため、自分に合う重さのダンベルを購入して、自宅でおこなう方法もおすすめです。

 

下半身はお尻まわりを鍛える

骨格ウェーブの下半身は、お尻まわりを鍛えることが大切です。

お尻まわりを引き締めると、下半身がスッキリとした印象に見えます。

またお尻の位置がキュッとあがるため、脚長効果も期待できるでしょう。

お尻まわりを鍛える際は、以下のトレーニングがおすすめです。

【下半身のトレーニング】

  • スクワット
  • ヒップレイズ
  • 足パカ

どのトレーニングも、自宅でテレビを見ながら、簡単に実践できます。

特にヒップレイズは、お尻だけではなく、気になる下腹も引き締まる点が魅力です。

また太ももが気になる方は、スクワットをおこない、下半身をしっかり引き締めましょう 

有酸素運動も効果的

骨格ウェーブが痩せるなら、有酸素運動もおすすめです。

有酸素運動は全身を使うエクササイズで、脂肪をしっかり燃焼できます。

骨格ウェーブが取り入れる場合は、下半身を引き締めるエクササイズをおこないましょう。

【有酸素運動】

  • ジョギング
  • サイクリング
  • 踏み台昇降

ジョギングは、下半身全体を引き締めたい方にぴったりです。

1日20〜30分を目安におこなうと、下半身が引き締まります。

ジョギングが辛い方は、まずはウォーキングから始めるといいでしょう。

サイクリングや、踏み台昇降も同様に、下半身痩せにおすすめです。

骨格ウェーブのダイエット注意点

骨格ウェーブは、骨格の特徴や、太りやすい部分を意識することが大切です。

骨格ウェーブ向けに、ダイエットの注意点を紹介します。

  • 全身のバランスを意識
  • 身体のむくみに注意
  • 骨格に合う服を選ぶ

全身のバランスを意識

骨格ウェーブは、全身のバランスを意識しましょう。

骨格ウェーブといえば、上半身と下半身の印象が大きく異なる体型です。

上半身は脂肪感がないため、あまり引き締めすぎると、全身のバランスが崩れてしまいます。

バランスを調整するなら、下半身トレーニングを中心に、上半身は少し引き締める程度がおすすめです。

下半身はお尻や太ももを重点的に、上半身はバストに厚みを作るといいでしょう。

また全身痩せトレーニングは、上半身だけ脂肪が落ちやすいため、やりすぎには注意が必要です。

下半身トレーニングの割合を多めに、全身痩せは控えめにするといいでしょう。

身体のむくみに注意

骨格ウェーブは、身体のむくみに注意しましょう。

身体がむくむと、身体が冷えやすい体質となり、血液の流れが悪くなります。

また下半身が太る原因にもなるため、むくみを解消することが大切です。

むくみを解消するなら、以下の方法を実践するといいでしょう。

【身体のむくみを解消する方法】

  • 食生活
  • 半身浴
  • ストレッチ

食生活を見直すだけでも、身体のむくみを予防できます。

身体を冷やしやすい食品は避けて、しょうが入りのスープを飲み、身体を温めましょう。

また半身浴や、ストレッチもおすすめです。

半身浴はぬるま湯を準備して、20〜30分ほど浸かるといいでしょう。

入浴後は下半身を中心にストレッチすると、むくみをしっかり取れます。

骨格に合う服を選ぶ

骨格ウェーブは、骨格に合う服を選ぶことが大切です。

いつものコーデを変えるだけで、簡単に着痩せできます。

着痩せコーデを作るなら、以下のアイテムがおすすめです。

【トップス】

  • ボウタイブラウス
  • シフォンブラウス
  • フリルニット

【ボトムス】

  • 台形ミニスカート
  • チュールスカート
  • スキニーパンツ

トップスは、フリルやレースを選び、ボリュームを作りましょう。

華やかなデザインを取り入れて、上半身に厚みを作るのがポイントです。

ボトムスは、スカートスタイルが似合います。

ボリュームは少し抑えめにして、ふんわり感のあるデザインを選びましょう。

パンツスタイルは、スキニータイプを選び、脚長に見せるのがおすすめです。

まとめ

今回は骨格ウェーブ向けに、おすすめの痩せ方を紹介しました。

骨格ウェーブは、下半身のふっくら感が目立ちやすい体型です。

気になる下半身をしっかり鍛えて、綺麗なスタイルを手に入れてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。